ツマキチョウ産卵

 
 朝方は5℃、最高気温は15℃どまり、曇り空の一日でした。


 一応パトロールしましたが、ヤマトシジミ1頭を見かけただけでした。


 さて、昨日のことです。

 ツマキチョウが翔び回って、チャの根元あたりに潜り込もうとするような不審な動きをしています。
 
ツマキチョウ(産卵 シロチョウ科シロチョウ亜科 2014/4/12撮影)
ツマキチョウ 産卵
 食草のタネツケバナ(アブラナ科)の蕾に産卵しています。
 ツマキチョウの産卵シーンは初見です。
 
ツマキチョウ 産卵
 今度はチャの畝の間、どちらの畝も台刈りしていて少し開けています。
 こちらのタネツケバナは、花が開きかけています。
 
ツマキチョウ 産卵
 翔び上がりました。
 タネツケバナの花をピクセル等倍まで拡大しても、白い卵は見当たりません。

 この後も追いかけたので、どの花だったかは後の祭りです。本日もそれらしいタネツケバナの花を撮影したのですが、見つけられませんでした。
 今後のパトロールでは、手首にミサンガをしておきますね。(^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: シロチョウ科  産卵  野草 

Comment

No:5844|神頼み
見失った代償から次は失敗しないと決めて
手首に付けた神頼み!
実際は御存じでしょう。
ただ、こんな美味しい場面
普通なら独り占めです。
当方昨日は雨、ホタルの幼虫の上陸大幅に増えました。
21時には雨も上がった事のあり
撮影環境グッド、確認数約60匹
No:5845|自然を尋ねる人さん
>手首に付けた神頼み!
そう受け取られましたか。神も仏もないヒトですから、仏閣、仏像、社殿は好きですが、最近は賽銭も出さず、拍手や手も合わせません。帽子を脱いで会釈する程度ですよ。家内と一緒がほとんどで、家内は一とおりのことをしています。
こんな時、その茎なりにミサンガをかけ、後で確認するわけで、静電防止か肩こり関係でもよかったのですが、あまちゃんの影響が残っていてミサンガと書きました。それまでは、名称も知りませんでしたよ。(^^ゞ

ホタルが豊漁の様子、今夜以降もどんどん上陸してもらって、久しぶりににぎやかな光の乱舞が見られるといいですね。
目指せ427匹?
No:5846|
ツマキチョウもuke-enさんのブログで知り、去年初めて確認できましたよ。
もう飛んでるですね。
早速本日、昨年見かけた屋島に行ったのですが・・・残念
タネツケバナが食草なら自宅付近でも沢山あるんですが、平地ではあまり見られない蝶なんでしょうかね。
ミサンガで願い事を成就させる意味と思っていましたよ。
場所の目印として手に巻いてたミサンガを外したりしたら全く効能が無くなるのでは(o^∇^o)ノ
すぐ判るだろうと思って軽い気持ちでその場所を離れた時など後で何処だっただろうと探しまいすること私もよくありますよ。
やはり目印のミサンガが必要ですね。
No:5847|hitori-shizuka さん
ツマキチョウは、どちらかというと河原の原っぱなどに多いようですよ。少し時期が遅いですが、GW 鴨川の岸辺でたくさん見かけました。

食草はアブラナ科全般で、都市部ではアブラナそのものを食草にして生息数が回復しつつあるそうです。

>すぐ判るだろうと思って軽い気持ちでその場所を離れた時
>など後で何処だっただろうと探しまいすること
ハハ、upしてから、その懸念に思い至りましたよ。10個くらい用意して、点々と落としておきましょうか。(^^ゞ

「探しまいする」なんて、実家のあたりでは「まい」は命令形?でそんな風には使ってなかったように記憶していますが、ふるさとの香りがする言葉ですね。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する