縦列駐車(ウラギンシジミ越冬 その5)

 
 氷のない0℃、霧の濃かった朝でした。
 霧が消えてからは一日陽射しがあり、最高気温は14℃どまりにしては比較的過ごしやすく感じました。


 日中、裏の畑をパトロールしても、ヤマトシジミ数頭、ベニシジミ2頭くらいしか見かけませんでした。


 ウラギンシジミの様子を見に行くと、アラカシの#5が見当たりません。慌てて#4を確認すると・・・
 
ウラギンシジミ(シジミチョウ科ウラギンシジミ亜科 13:20)
ウラギンシジミ
 #4の君はいてくれたんだね、などと思いながらも、少し奥に移動していることに気づきました。
 この時点では、写真左上隅の白いものに気づいていません。
 
#4(♀)
ウラギンシジミ
 左上の個体が#4で、以前の場所と変わっていません。
 
左:#4・右:#5(♂)
ウラギンシジミ
 こんな位置関係です。どちらも頭部をほぼ真東に向けています。

 個体識別は困難ですが、右側の個体は、前翅翅頂にデボチンが見えないところから♂のようで、#5と同様後翅後縁に小さな傷があることから、#5と考えて間違いないようです。
 奥まった場所の葉裏にいて、風で周囲の葉が動くなどして叩かれたため、避難したのではないかと推測しています。


 ツバキの#1及び#3には、特に変化はありません。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: ウラギンシジミ  蝶(越冬) 

Comment

No:5563|
>慌てて#4を確認すると・・・
最初の写真「あれ2頭居るのに?」しかし、最初に記載がないので光線の具合かな等と思ったりしましたよ。
uke-enさんの苦労を知った♯5が♯4と同じ場所で観察出来るように計ってくれたのでしょうかね。\(^o^)/
素人考えの私ですが、キタキチョウのような越冬体制に比べ、ウラギンシジミは小春日和のポカポカする日等には飛んだりするような気がしてなりません。
越冬ですから♯4のように動かず耐えるのでしょうね。
今後の観察が楽しみですよ。
No:5564|小春日和
昨日のうららかな日だまり
白と黄色と小さいシジミ、ヒョウモンらしき
蝶を見つけました。
なかなか止まってくれません。
急ぎ旅故ハイそれまでよ。
写っているかまだ確認できていません。
No:5565|
越冬ウラギンシジミの縦列駐車とは驚きましたよ。
我が地域では、一頭の越冬姿さえ発見出来ないのに、
縦列駐車とは…まさに、蝶天国ですね。
私なりに、近所のお宅や公園の藪(木木)を注意しながら
観察してますが、全く、見かけることができません。
何処かに、越冬場所は有ると思うのですが・・・。
No:5566|hitori-shizuka さん
>「あれ2頭居るのに?」
一旦奥の個体が眼に入ると、#4は残っていると安心してしまい、手前の個体が見えませんでした。#4が単に移動しただけで、まさか#5が近寄ってきたなんて思いもしませんでした。
PCに落としてみて、ここにも写ってたんだぁ、てなもんです。(^^ゞ

>ウラギンシジミは小春日和のポカポカする日等には
>飛んだりするような気がしてなりません。
それはどうでしょうか。

キタキチョウは、葉縁(特に鋸歯の間)や葉脈に爪を引っ掛けているだけなので、移動は比較的簡単だと思えます。これまで見かけた個体9頭では、当初の位置から動いていないものは皆無です。

一方、ウラギンシジミは、葉に爪を立てているので、何度も抜き差しするのは困難ではないかと思っています。見つけた5頭のうち3頭は全く移動していないところからもそのように考えられそうです。
No:5567|自然を尋ねる人さん
成虫で越冬し(でき)ないチョウは、この時期かなり敏感で、なかなかクローズアップなんかには応じてくれませんね。どさくさに紛れて?産卵してるものもいて、ちょこまかと移動するものもありそうです。

そちらでも個体数が極端に少なくなっていると思いますが、見かけてとりあえず撮影しておかないと、いつまで見ることができたのか自分自身でも忘れますよ。(^^ゞ
No:5568|kucchan さん
#5が#4の後に同じ方向を向いて並んだのを見て、縦列駐車しか思い浮かびませんでした。これだけ間があれば別でしょうけれど、日常よほど駐車に気を使っているのでしょうか。(^^ゞ
大抵外側の枝先の葉にぶら下がっているのに、#5は奥の方が好きなのでしょうか。逆に見つかりやすいような気がするのですが。

ウラギンシジミを見つけるには、腰をかがめて葉を真横から見られるようにしてグルッと回るのが一番だと思います。よかれと思って株元に入って座ると、逆光になって見にくくて困りました。
No:5569|やはり少し移動するのかな?
ウラギンシジミは、越冬中でもやはり少し移動
しているようですね!
継続観察していて、いなくなると悲しくなるの
で、とにかく見つかって良かったです。
No:5570|
キタキチョウにウラギンシジミ…と続いて、
まさかuke-enさんまで越冬態勢に入られたのではないでしょうね。
お元気ですか?
しばらく更新されないから、ちょっと心配で・・・
寒い日が続いています。ご自愛くださいね♪
No:5571|
蝶の越冬シーズン突入でuke-enさんも越冬に
突入されましたか?。
私は、越冬に突入寸前で、陽射しに邪魔され
直ぐに目覚めてしまう…てな状態ですよ。
ツマグロヒョウモンの幼虫も、この寒さの中、
動き回ってますし、uke-enさんも“そろそろ”目覚め
ですかね。
No:5572|戸をたたく
外は木枯らし寒い夜
窓をたたいて呼んでみた。
それでも答えぬ君は
もしかしてもしかして病の床かと心配しています。
No:5573|明けましておめでとうございます。
明けましておめでとうございます。
探究心旺盛な姿はすばらしいですね!
今年もよろしくお願いいたします。
No:5574|皆さま
明けましておめでとうございます

ご心配をおかけしていますが、大病を患った訳では
ありません。
ぼつぼつ進めていきますので、本年もよろしくお願
いいたします。
No:5575|
明けましておめでとうございます。

uke-enさんからのご挨拶を拝見することができて、
本当に嬉しく思っております。
大病を患った訳では ないとのことで、一応ホッとしました。
それでも寒い季節ですから、お体に気をつけてお過ごしくださいね。

本年もよろしくお願いいたします。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する