秋晴れが待ち遠しい

 
 朝方は9℃、空には雲が多く晴れたり曇ったりでした。午後には陽が射さず、最高気温は何とか20℃になりました。


 それでも、
 
ウラナミシジミ(♂ シジミチョウ科ヒメシジミ亜科 08:31)
ウラナミシジミ ♂
 鉢植えのアマリリスの葉上で日向ぼっこしています。
 12℃にしかなっていない朝早くで、傷みのほとんど見えない新鮮個体でしたから、今朝羽化したのかも知れませんね。



 で、秋晴れだった28日の積み残しです。
 
ウラギンシジミ(♂ シジミチョウ科ウラギンシジミ亜科
2013/10/28撮影以下同じ)
ウラギンシジミ ♂
 こんな空でした。
 東の畑のツバキの葉上で胸を張っていました。
 
ウラギンシジミ ♂
ウラギンシジミ ♂
ウラギンシジミ ♂
 一旦逃げてもすぐ戻ってきて、その都度異なる葉にとまり、ほぼ北西方向を向いていました。午前11時を過ぎていて体は温まっているハズなので、縄張りを監視していると思ったのですが、太陽は南東側にあり日向ぼっこ兼用かも知れません。
 
 
テングチョウ(♂ タテハチョウ科テングチョウ亜科)
テングチョウ
テングチョウ
 ほとんど終わったヒヨドリバナに執着していて、咲き始めたセイタカアワダチソウでは滅多に見かけません。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: シジミチョウ科  ウラギンシジミ  タテハチョウ科 

Comment

No:5451|
↓の記事の「ひさしを貸して」は、その様な環境が殆ど見かけないもんで、ちょっと…でしたよ。
で、今回のウラギンシジミの写真には参りました。
済みきった空を背景に、クッキリとした姿…しかも、色んな角度からの撮影・・・私とは、月とスッポンで、私の写真なんかは見られたもんではありません。
今回も、愕然のショック状態ですよ。

No:5452|
こんばんは。
ウラギンシジミの写真、どれも素敵〜♪
表翅のオレンジ色が、透けて見えるところなんかもいいですねぇ〜

色々悩んだ結果、ウラギンシジミの1枚目の写真に1票です。
これ、4枚の写真で人気投票する企画でしょう(^_-)-☆

先日高い木の枝に止まったテングチョウを撮ったのですが、
「顔が尖ってる蝶」としか映らず、ボツでした・・・
こんな風に撮れたらいいなぁ〜
No:5453|
ウラナミシジミやテングチョウ開翅は傷みもなく標本写真に持って来いですね。

28日はこのチョウの他、ウラギンシジミ、ヤマトシジミ、ヒメアカタテハ、ツマグロ等6種のチョウに出会えたのは、もしかして瓜坊?の「ウン」がついたお陰だったのでは。(^○^)
No:5455|kucchan さん
↓の状態は、都会では余り見られないのでしょうね。イノシシやサルなんかが出てくると、大騒ぎですからね。
ただ、チョウはこういうものが結構好きで、モノが見えないほどたかることがあるそうですよ。

ウラギンシジミはたまたま低いツバキにいて、それ程敏感な状態ではなく、下から近づいてもじっとしてくれました。
こんないい天気だと、私でも空ヌケを青く写せます。^^;
No:5456|みさとさん
私の1票は、あらかじめ投票済みです。クリックいただくと、気に入ったものを一回り大きくしていますよ。^O^

青い空を青くが一つの撮影テーマですので、何とかなってるかな~~と。チョウから離れると逆光で暗くなるので、その辺が難しいですね。
No:5457|hitori-shizuka さん
テングチョウは、もう少し地色が濃いものを期待しますが、この時期になるとこれ以上望めないのでしょうね。
ウラナミシジミの方は、これから増えてくるのではないかと思ってますよ。

幸ウン、不ウンそれとも悪ウン、そこが問題ですね。(^^ゞ

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する