雨対策

 
 朝方は一時的に陽射しもありましたが、午前10時頃から降り始め、一日雨でした。梅雨らしくしとしとと降っていましたが、夜になって雨足が強くなりました。
 この先1週間はお日さまマークが見えない日が続く予報ですが、さていつ頃になればいい加減にしてほしいと思うようになるのでしょうか。(^^ゞ
 
 
オオチャバネセセリ(セセリチョウ科セセリチョウ亜科)
オオチャバネセセリ
オオチャバネセセリ
 庭のロウバイの葉上にとまっています。どこにみ傷みの見えない新鮮そうな個体です。
 葉上に雨粒が見えますが、ちょうど雨が降り始めた出した時で、どうしようかととまどっているようでした。
 じっくり撮影しようと構えていると大粒の雨で、私の方が軒下に避難しました。雨粒が小さくなったのでもう一度探しましたが、流石に見当たりませんでした。
 新生蝶今季35番手で、昨季6/10、一昨季6/14がお初です。
 
 
キアゲハ(齢幼虫 アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
キアゲハ 3齢幼虫
キアゲハ 3齢幼虫
 薹立ちのパセリで5頭見つけました。フェンネルでは見当たりません。
 大小いましたが、大きいもので10mm前後ですから2齢だろうと思います

 本日確認すると4齢になっていたので、改めて確認すると、オレンジ色の凸部があるものは3齢のようです。(2013/6/21追記)

 6/96/10の産卵でもうここまでなるのかと、その成長スピードに驚かされます。
 ただ、本日まで見つけられなかったのは2~3cmの大きさものを探していたからで、私が見つけられないような小さな卵から一気にそんな大きさになるなら化け物ですよね。(^^ゞ
 
キアゲハ 3齢幼虫+ナナホシテントウ
 2ショットを狙ったら、ナナホシテントウ(テントウムシ科)がトコトコ逃げ出したので、慌てて撮影しました。
 我が家が傾いている訳ではありません。(^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: セセリチョウ科  アゲハチョウ科  幼虫  甲虫 

Comment

No:5008|観察
観察の仕方も色々のようですが
こちらの記憶力と統計を使ったものは
プロ並みのもので素晴らしいです。
当方その場限りで綺麗であればそれでいいの
考え方ですから差は開くばかり!
綺麗を追いかけてもGFは出来ません。
No:5012|
こちらも、雨で…いい加減にしてくれや…ですよ。
オオチャバネセセリ・・・私は、未だにセセリチョウの区別ができません・・・とにかく難しいですね。
それに、キアゲハの幼虫…見慣れてない為か、何だかキモイ感じがして(アゲハは見慣れてるもんで)たまりません。
No:5013|
ハマボウフウでキアゲハの幼虫を見て、最初から青虫じゃなく幼齢時は毒毛虫のような色合いをしてるのを知りましたよ。(関心の無さ~後でアゲハも同じだったと気付く(^▽^;) )
それにしてもこの時期の卵から幼虫、繰り返す幼虫の脱皮、蛹、羽化の期間は早そうですね。
大きな青虫、蛹、羽化の観察楽しみにしています。
この雨の影響も心配ですね。

こちらも昨日昼頃から降り続いていますが、心配なのは断続的に強い雨が降ったりしており、また台風の影響も加わって災害が起きないことを願っていますよ。
水不足が多いこちらの地方でも集中した雨量は心配ですよ。
No:5014|自然を尋ねる人さん
>こちらの記憶力と統計を使ったもの
記憶力は確実に衰えてきてますし、単なる心覚えで始めました。それも春先の新生蝶でヤマトシジミを見かけるまでナンバリングしてたのですが、もっとやれとおっしゃってくれる方がいらっしゃったので、1年を通じて番号を振ってみようと思っています。

データを集めても、事務局長さんのように発表するでなし、活用法が分かりませんが、自分なりに気づくことも多々ありますね。
観察の仕方は人それぞれ、その上で自然の素晴らしさを感じられたらいいのではないかと考えています。

>綺麗を追いかけてもGFは出来ません。
トライしないと手乗りができないのと一緒ですね。(^-^)v
No:5015|kucchan さん
>未だにセセリチョウの区別ができません
そんなの一緒ですよ。始めた頃のブログを見返すのも恥ずかしいですよ。(^^ゞ
ネットで調べられるとは言うものの、手元にガイドブック1冊があると確実にワンランクアップですよ。(個人の感想)

>キアゲハの幼虫…見慣れてない為か、何だかキモイ感じがして
アゲハでも小さい時は鳥の糞ですよ。終齢近い幼虫を可愛いとおっしゃるkucchan さんですから、キアゲハはどうでしょうね。^O^
No:5016|hitori-shizuka さん
以前はモンシロチョウの幼虫くらいしか知らなかったので、チョウの幼虫はみんな緑色と思ってました。毒々しいのはガ、分かりやすいですね。(^^ゞ
タテハチョウの仲間では、どう見ても毛虫というのが珍しくありませんね。

羽化まで観察を続けたいですが、天候、天敵など障害も多いですが、蛹になるための逃亡先さえ発見できれば、逮捕も夢ではありませんね。

今日も一日雨のようですが、いくら雨乞いしたからっていっても、これまでの不足分を一挙に返済してくれなくてもと天を恨めしく見上げています。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する