あばたもえくぼ

 
 午後少しの間陽が射しましたが、ほぼ一日雨模様、雨量は極々わずかですが、風が強かったので雨粒が横殴りでした。


 一昨日のことです。
 
 
モンキチョウ(交尾 左:♂・右:♀ シロチョウ科モンキチョウ亜科
2013/6/9撮影以下同じ)
モンキチョウ交尾
 裏の畑の通路に落ちていました。
 モンキチョウの交尾は初見です。
 
(上:♂・下:♀)
モンキチョウ交尾飛翔
 地面に寝そべって撮影しようとしていると、翔ばれました。
 交尾飛翔形式は←♂+♀で、♀は翅を閉じたままです。
 ただ、次に翔ばれた際は←♀+♂だったので、危険を感じた場合などは♂♀にかかわらず飛翔を主導するようです。
 
モンキチョウ交尾
モンキチョウ交尾
 ハルジオンにとまりました。

 ♀はピカピカのようですが、♂はヨレヨレです。このような場合、強い子孫を残すため♀は交尾を拒否するものと聞いていますが、羽化直後の年端もいかない個体を甘言で釣ったのでしょうか。(^^ゞ
 
(手乗り 上:♂・下:♀)
モンキチョウ交尾手乗り
 交尾中は乗せやすいという我が理論を実践してみました。^O^
 
 
ムラサキシジミ(シジミチョウ科ミドリシジミ亜科)
ムラサキシジミ
ムラサキシジミ
 ジャノメ・ポイントで真っ黒なチョウを見かけました。ムラサキシジミとは思えませんでした。
 後翅は、左右とも前縁がひどくたくれたようになっています。羽化不全かも知れませんが、異常に黒っぽいことから火傷したのでしょうか。
 開翅しなかったので、♂♀は不明です。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: シロチョウ科  交尾  手乗り  ムラサキシジミ  羽化不全 

Comment

No:4979|手乗り
ここでも手乗り、うらやましい限りですが
現在ホタルと遊び中のため蝶は休眠にしています。
だから人様は人様のかってとシラン振りします。
それにしてもも素晴らしい先生にお会いできたことは
我が蝶史に残る1ページです。
今日もホタルと環境の講演の話が飛んできていますが
もう目がちかちかして飛びものはいやになりそうです。
No:4981|
カーラジオで聞いた話ですが、昆虫(チョウ)の交尾を研究している大学の准教授の話によると、チョウは交尾するとオスはメスの入口を塞ぐ成分を出すそうです。
そんなことから、競争から落ちこぼれたオスチョウは羽化直後のメスチョウを狙って交尾をすると言うような話をしていました。
私も菜園場のブロッコリーの葉で産卵するチョウを見ましたが綺麗な翅姿ばかりだったので納得しましたよ。

また、トンボかチョウどちらだったか聞き逃しましたが交尾したメスの体内にある精包から精子を掻き出し、再び我の子孫を残すのもいるという話でしたよ。
偶然ですが、以前スジグロシロチョウを撮った時、メスの交尾嚢内にオスと思われるチョウが口吻を入れている行動の写真が撮れていました。(拡大写真にして分かったものですがその行動がもしかして・・・。)
いろんなことを観察研究している人がいるものですね。
探究心の強いuke-enさんもどうですか。
No:4986|自然を尋ねる人さん
>シラン振りします
シランは咲き終わりましたが、ホタルはまだまだ盛り、大変ですねぇ。^O^

>素晴らしい先生
生まれてこの方28年(ちょっと鯖読み過ぎ?)、そんな言葉を言われたことがありません。
先生と言われるほどの・・・という言葉が浮かんできます。(^^ゞ
下手の横好きのクチでしょうか。

それからすると事務局長さんのホタルは、保全活動も伴っていて、芯が通ってますね。
No:4987|hitori-shizuka さん
>チョウは交尾するとオスはメスの入口を塞ぐ成分を出すそうです。
ギフチョウなんかは典型的で、交尾した♀は2度と交尾できないようになるそうですね。浮気は絶対許さないというところでしょうか。^O^

>羽化直後のメスチョウを狙って
キタキチョウの蛹の周りに♂が何頭もとまっているシーンを見たことがあります。その時は知識がなくて、何のことやら分かりませんでしたが、羽化を待ち構えているということでした。
蛹でも♂♀が判断でき、まもなく羽化だと分かるのがスゴイ。もしかすると誤認や待ちぼうけも辞さない?

>精子を掻き出し、再び我の子孫を残す
トンボでそういうことをするのがいるとは聞いていますが、チョウはどうでしたか。また調べておきますね。

>探究心の強いuke-enさん
誤解されてる方が多いようですが、物好きなだけですよ。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する