ジャノメ・ポイント

 
 雨の予報が一転曇りのち晴れに変わったのに、午後3時ころから雨模様になりました。


 裏の畑の尾根に空溝があり、その付近ではサトキマダラヒカゲ、ジャノメチョウ、ヒメジャノメ、クロコノマチョウなどジャノメチョウの仲間が多くいます。
 羽化を見かけたことがないので発生ポイントは分かりませんが、樹液酒場も近くにあり、時期になるとパトロールの対象にしています。
 
 
ヒメジャノメ(♂ タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)
ヒメジャノメ ♂
ヒメジャノメ ♂
 ワラビの葉上で翅を開いたり閉じたりしていました。
 新生蝶今季25番手で、昨季も一昨季も6/6がお初です。
 この個体は明瞭ではありませんが、後翅裏の青で囲んだ部分にナイキのロゴのような盛り上がったものがあります。これが♂の性標で、よく似たコジャノメの性標は窪んでいます。
 
 
樹液酒場
樹液酒場
 昨季の樹液酒場は今季も健在で、まだ大丈夫と思っていたのにもう主のコガタスズメバチ?が居座っています。1頭のサトキマダラヒカゲがコガタスズメバチ追い出そうと周りを翔び回っていましたが、一向に動じた様子がありません。
 暗い場所なのでシャッター速度が稼げず、無理無理表翅を撮影しました。表翅もヤマキマダラヒカゲとそっくりですが、裏翅ほど判別は難しくなさそうです。
 
サトキマダラヒカゲ(♂ タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)
サトキマダラヒカゲ ♂
 樹液酒場の付近で見かけたもので、樹液酒場に近づいて↑のサトキマダラヒカゲに追い回された個体がありましたが、その個体かも知れません。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: 樹液酒場  ジャノメチョウ亜科  ハチ 

Comment

No:4929|
サトキマダラヒカゲの表翅が何気に写しておられますが
この暗がりの中で、さすがでございます。(^-^)//"""

コガタスズメバチはキイロスズメバチなんかより凶暴でないと聞きますが
でもやはりスズメバチには違いないので、ご用心~ご用心~ (-人-;)
と言いながら、今年はどこに営巣するのかな?と探してるけどみつかりません。 
No:4930|
いろんな種類のジャノメの登場ですね。
昨年は我が地域でも見かけたのですが、今季は、ダメです。
と、言うのは、昨年に見かけてた樹液酒場が酒切れになっており(乾いてる)、他の蝶を含めて全く見かけることがありませんよ…今日も出掛けてみましたがダメでした。
新たな場所を探さなくてはと思ってますが、土地柄、その様な場所がなくて・・・ショックを受けてますよ。
No:4932|Matsu さん
ss優先 1/320ですから、ここまで撮れればもうけものです。フラッシュを使うと1/200が天になるし、灯光器は電源が届かないし、何かいい方法はないですかねぇ。

スズメバチも分かりやすい場所に営巣してくれればいいのに、いつも飛んでるからといって近くにないので、避ける場所が多くなりますね。
No:4933|kucchan さん
これからがジャノメチョウのシーズン、我が家で見られない種類を探しに行く予定です。
そちらでも、適切な場所を探せばいろいろ見ることができるのじゃないでしょうか。
No:4936|
uke-enさん、お久しぶりです。精力的に撮影されていらっしゃるのですね。
横浜でもミドリシジミが発生し始めました。
以前、ご一緒させていただいたポイントはいかがでしょうか?あのハンノキ林ならば乱舞していてもおかしくないと思います。また遊びに来ます!
No:4938|加藤さん
お元気でいらっしゃることと存じます。
R1200がさっぱり更新されないと思ってたら、Facebook で活躍されてるのですね。といっても、アカウントを持っていませんが・・・(^^ゞ

例の場所は、今季まだ行ってません。ご存じよりが何人も田植えなどをされているので、顔がさすのです。そろそろ閑散としてくるので、近いうちに出かけるつもりにしています。

当地をご訪問される場合は、ご連絡くださいね。
No:4940|黄禍論
はずかしながら難しい漢字の言葉は知りません。
というより覚えていないが正解でしょうか。
外国産が想像以上にはびこっています。
アメリカ花ミズキというきがありますが
木の価格はまだかなり高根で取引します。
その木が最近庭のいたるところで芽を出してきています。
それを見て友が日本の庭に外国産を植えと指摘しました。
ヤマボウシならOKだがアメリカがつくだけにダメと。
本日はつかれている故無茶苦茶なコメントになったので失礼します。

No:4945|自然を尋ねる人さん
失礼しました。黄禍論の頃にはもう物心がおつきになっている頃かと勘違いしていました。それなら、断トツで世界最高齢ですよね。(^^ゞ
何でそんなことをふと思いつくほど頭に残ってるのかと考えても、そのいわれはさっぱり思い出せません。中学の倫理社会か世界史の教師がどちらも変わっていて、漫談をされたのかも知れません。

>アメリカ花ミズキ
そのように言われる方も多いのですが、ハナミズキにアメリカはつきません。アメリカヤマボウシなら○です。ワシントン ポトマック湖畔の桜を送った際、アメリカから返礼に送られたからそう思われるのでしょうか。

特定外来生物が問題なのは、既存の種を駆逐して生態系を乱すからで、植物などは既存の種で外来のものがくさるほどあり、固有種を探すのが難しいほどです。
ヤマボウシは朝鮮半島、中国にもあり、大昔に渡来したものかも知れませんよ。その意味では、ハナミズキはほとんど問題がありませんね。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する