やっぱりアゲハ(新生蝶六番手)

 
 霜注意報が出されていましたが、朝方は6℃でした。
 霜注意報が出されると霜に弱い鉢は屋内に取り込みますが、空振りでも続けなくては九仞の功を一簣に欠くことになりかねません。
 日中は、陽射しが柔らかで風もさわやか、春らしい陽気になりました。


 午後に出かける予定があったので、午前中に昨日のリベンジです。蝶道付近で待ち伏せました。
 
 
アゲハ(春型 ♂ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
アゲハ ♂
 さてどこに?^O^
 ↓の写真を見ないで探してくださいね。
 
(↑のトリミング)
アゲハ ♂
 蝶道は七曲りなのか前後左右に翔び回り、置きピンもあまり効果がありません。
 昨日も書いたとおり、アゲハは昨季4/17、一昨季4/10がお初ですので、これもずい分早いです。
 
(トリミング)
アゲハ ♂
 ↑の続きの写真です。
 
 
(左:春型 ♀・右 春型 ♂)
アゲハ 求愛飛翔
 
(↑のトリミング)
アゲハ 求愛飛翔
 蝶道何往復の効用か、♀を見つけ追いかけています。結末は知りません。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: アゲハチョウ科  蝶道 

Comment

No:4701|舞うアゲハ
飛翔するアゲハ良いですね!
今年はまだアゲハチョウを見てもいません(涙)
No:4702|ヒメオオさん
コツバメより三回り程大きいのに、こんなにピン甘では仕方ありませんね。この時は足元まで近寄ってくれたのに、さっぱりフレームに入りません。
それでも何とか♂♀が判別できる程度に撮影できて、一安心です。

我が家周りでアゲハは、過去2年ばかりヤマトシジミやツバメシジミより遅く出現していたのですが、今季は早いです。もしかすると、昨季以前も蝶道を翔びかっていたのかも知れません。
No:4703|
この時期にアゲハとは、驚きました。
で、最初の「↓の写真を見ないで探してくださいね」…
わはははは・・・簡単でしたよ・・・
私の性格より、先ずは、中央部より、続いて左上から右上へと時計回り方向で探しますから・・・
普通ならば、被写体は中央なんですが…まさか、左上に有るとは…uke-enさんもこの様な写真を撮るのかと安心しましたよ・・・えへへへへ。
新生蝶六番手がアゲハとは、まさに、天の恵みですね。
No:4704|kucchan さん
花でおっしゃていたのと同じように、チョウも昨季より2週間ほど早く出現しているようですね。

>普通ならば、被写体は中央なんですが…まさか、左上に有るとは
連写しても、100mmレンズのフレームには、左右の端にやっと2コマしか入りません。蝶道を翔ぶときは♀を探しているので、庭のようにヒラヒラとは翔んでくれませんね。^^;

何とか判別できるほどの写真になったことが、天の恵みです。(^^ゞ
No:4707|恋の行く末
管理人さん
そこまでしたのですからもうすこし、
見守ってやってくださいな!
蝶のかってもありますが
丁度良いところでは終わりません。
No:4709|
こんばんは。
今回のアゲハウォーリーは、楽勝ですね♪
わたしもすぐに見つけましたよ(^_-)-☆
まぁ、探し物が大きいってこともありましたけどね!

アゲハの写真、オール飛翔だなんてすごいですねぇ〜
最後の写真は、逃げる♀と追いかける♂の飛翔姿が素晴らしい♪
なんというタイミングの良さでしょう!
偶然だとしても、ここまでくれば神業としか思えない・・・

(↓)ルリシジミのブルーの翅が、とってもきれいですねぇ~
こんな姿は、なかなか見せては貰えません・・・
No:4712|自然を尋ねる人さん
見損なっていただいては困ります。^O^
ずい分離れていましたが、ソレッで追いかけました。四方八方を見渡し、高い空まで見上げましたが、残念無念見つけられませんでしたよ。
No:4714|みさとさん
>今回のアゲハウォーリーは、楽勝ですね♪
トリミングしたものだけを載せた2枚目にするとよかったでしょうか。原図も一度ゴミ箱に行きました。(^^ゞ

アゲハの仲間は、蝶道を行きかいしても、ほとんどとまってくれません。一度、ミヤマカラスアゲハを撮影できただけですね。

>偶然だとしても、ここまでくれば神業としか思えない。
見つけてパシャパシャ、2回しかシャッターを切れませんでしたが、うち1枚は♂しか入っていません。
狙ったので偶然ではないですが、僥倖です。(^^ゞ

>ルリシジミ・・・こんな姿は、なかなか見せては貰えません
チョウの先輩諸氏のブログにも、ルリシジミの開翅写真がよく掲載されます。チョウの少ない時期であることと、開翅は比較的珍しいことによるのでしょうね。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する