春遠からじ?

 
 気温は上がりませんが、風の冷たさも少し和らぎ、陽射しにも幾分かは春めいたものを感じました。寒いのは一緒ですが・・・
 
 
フクジュソウ(キンポウゲ科)
フクジュソウ
 地植えのフクジュソウが芽を出していました。一昨日は見えなかったのに、三日見ぬまのですね。撮影時には4芽しか見えませんでしたが5芽ありました。咲くのにはもう少し時間がかかりそうです。
 
 
ウメ(バラ科)
メジロ
 蕾はまだまだ固そうです。
 
 
キタキチョウ #8(8:56)
キタキチョウ #8
 匍匐スタイルで撮影してみました。風に吹かれて倒れそうになったりしていました。
 このヒトの春は、ずい分遠いのでしょうね。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: 自然・季節  シロチョウ科  蝶(越冬)  草花  花木 

Comment

No:4532|
フクズソウの芽ぶきが4芽とは…羨ましいですね。
我が家は、たったの2芽ですよ…開花の速さで我慢ですよ。
梅の蕾~確かに我が家の方が膨らみが早いですね。
やはり、気温の差みたいですね・・・。
で、キタキチョウ…ちゃんと、ど真ん中配置の撮影ですね。
こんな環境ならば、風・雨・雪などの影響も少なそうですね。
この様な場所を選んでるキタキチョウの本能には驚きますよ。
No:4533|春は来る
確かに1日が長くなり、陽の入りも遅くなりました。
吹く風の寒さは以前よりも寒く感じられますが。
今は雨でして、
一雨、梅一輪が春を呼んでいるのかと思うと
この雨良い雨だと思えます。
蝶、暖かい日には飛ぶのでしょうね。
昨日も飛んだのを一瞬ですが見ました。
No:4534|
植物は気候に惑わされることなく、ちゃんと姿を見せてくれますね。
向かって左から2番目の芽はもう福寿草の葉姿まで見えているので1番咲きでしょうね。
しかし、我が家の鉢植えの福寿草は管理が悪いと抵抗してか、まだ顔を出してくれません。もしかして消滅か?
管理の悪さを反省しなくては。ヾ(_ _*)ハンセイ・・・

梅は種類により咲く時期が異なりますが、膨らみの先端部分が白くなれば咲き始めるのも早いですよ。
ウグイスの初鳴きももう直ぐですね。

キタキチョウの越冬場所、実際に観察しているuke-enさんには不安定な場所らしいですが、写真では「いい場所を選んだな」という感じを受けますよ。(無責任なコメント)
No:4535|
こんにちは。
長いことご無沙汰しておりましたが、ようやくネットの世界に戻ってくることができました。

こちら昨夜の雪で、外は一面の銀世界・・・信州のほんとうの春はまだまだ遠い!
福寿草が芽を出すのは、まだまだずっと先のようです。

あれっ? 今回の記事は早春の『花』がテーマ?
ん?・・・キタキチョウも登場してますねぇ〜
…なのに、記事にメジロという単語がな〜い! 何故?
まぁね、タイトルからすればメジロはお呼びではなかったのかもしれない。
それに、二桁単位で見られるというんだもの、メジロなんて野鳥の普通種?
わたしにとっては、一度でいいから会いたかった野鳥なのに・・・
念願叶って初めて出会い、ハイテンションで記事にしたというのに・・・
それなのに、こちらでは一言も触れられてないなんて・・・
(みなさんのコメントにも、なぜかメジロのことが書かれてないし…)

あっ、もしかして二枚目の写真は無言の『なんとやら…』かな?
きっとそうですね! だって、メジロがセンター張ってるもの!
(AKBの世界だって、センターとるのは並大抵のことではないんですから…)
それに、『ウメ』という画像タイトルの割には、
メジロにピントがバッチリ合ってるのを、わたしは見逃しませんよぉー!
メジロさん、かわいいですねぇ〜

何はともあれ、キタキチョウさんの頑張りと匍匐スタイル撮影の根性に、
拍手をおくりたいです・・・
No:4536|kucchan さん
>芽ぶきが4芽とは
もしもし、kucchan さんちにコメントした時は、写真を見ていなかったのでそう申し上げましたが、上の文章をよく読んでいただくと5芽と書いてありますよ。^O^
まだ隠れた芽がありそうで、2桁期待です。

>この様な場所を選んでるキタキチョウの本能
ここには風で飛ばされたと思っています。雨風は大丈夫のようですが、大雪が心配です。本日も寒い日で、暖かい日を待っているのは私だけじゃなさそうです。
No:4537|自然を尋ねる人さん
今日も冷たい風が強く吹いていましたが、確かに春の香りはしませんね。陽射しは春の光めいているのですが、なかなか気温が上がりません。風花も飛んでいました。

こちらではチョウが翔ぶほどの気温にならず、成虫で越冬しているハズのキタテハやアカタテハもまだ見かけません。久留米では、モンシロチョウ、モンキチョウ、ベニシジミが出てきたようで、春の到来の隔たりを感じます。
No:4538|hitori-shizuka さん
>左から2番目の芽はもう福寿草の葉姿まで見えているので1番咲きでしょうね。
右端が一番大きいと思ってましたが、そのようにおっしゃられるので確認すると、大きさはいい勝負のようです。ただ、葉が開き気味なのはそのとおりで、一番花になりそうです。

>我が家の鉢植えの福寿草は管理が悪いと抵抗してか、まだ顔を出してくれません。
時間の問題でしょう。ただ、フクジュソウは、やはり鉢植えのものだと思います。地植えにすると、花だけで咲く時期が短く、すぐに葉が展開してらしくなくなりますね。

>キタキチョウの越冬場所、写真では「いい場所を選んだな」という感じ
そうですか。問題は大雪で、チャの枝が持ちこたえられるかどうかが一番の心配ごとです。
No:4540|みさとさん
昨日(2/14)の記事のとおり、何か気ぜわしくて、返事も滞りがちです。やはりいつものメンバーが欠けると、さみしいですね。
今日は当地も雪ですが、早朝には雨だったので、ソレッという気持ちにはなりにくい感じです。お昼前の今はまだ2℃、寒々しく春はどこにという有様です。

>メジロはお呼びではなかったのかもしれない。
そんなことはありませんよ。MACのみさとさんにはご覧になれませんが、写真のキャプションはメジロになっています。真ん中で大きな顔をしていても、背景の緑に溶け込んでいて、気づかれなかった方もいそうです。^O^
メジロ一つがいくらいは年中見かけますが、この時期はビワの蕾にたくさん寄ってきます。ただ近づくと後側に潜り込んだり、ちょこまか動き回るので、満足な撮影は難しいですね。
ズームレンズのピントがくるってるみたいで、鳥の撮影意欲が減退気味です。

キタキチョウは、案外にがんばっています。拍手です。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する