雨上がり

 
 朝方は16℃と暖かい雨の日でした。


 雨も上がって午後3時前には少し明るくなってきたので、裏の畑をパトロールしました。
 
 
ヤマトシジミ(♀ シジミチョウ科ヒメシジミ亜科)
ヤマトシジミ ♀
 朝霧の中では水玉ドレスのヤマトシジミも、雨では一滴の水玉も見えません。そのことは知っていたのですが、実証した記事を載せた記憶がないので、パトロールに出た訳です。時間も時間でしたので、朝ほど広範囲に回らなかったのですが、それでもヤマトシジミは数頭見かけました。
 この写真の主役は、景色を閉じ込めた雨の宝石かも知れませんね。何カラットになるのでしょうか。(^^ゞ
 
 
ベニシジミ(シジミチョウ科ベニシジミ亜科)
ベニシジミ
 まだ絶対数が少ないためか、朝霧の中では滅多に会えません。この写真1枚で翔び立ってしまいました。
 ベニシジミやヤマトシジミは、前翅を後翅に格納したおねむ状態でなく、朝と同じと安心してると当てが外れました。
 
 
ウラナミシジミ(♀ シジミチョウ科ヒメシジミ亜科)
ウラナミシジミ ♀
ウラナミシジミ ♀
ウラナミシジミ ♀
ウラナミシジミ ♀
 1頭だけが、崖の途中の目立つところにいました。畑の側からも撮影はできたのですが、草が雨に濡れていても足場があるところでしたので、中途まで降り、少し見上げる感じです。
 全く逃げる様子がなく、角度、絞りや背景を変えながらじっくり撮影したので捨てがたく、4枚も載せてしまいました。エンジ色は赤まんま(イヌタデ)、白っぽいのは空です。
 皆さんのお好みはどれでしょうか。

 100mmマクロのクローズアップでは、とても赤まんまとは見えませんね。こんな写真のため広角系のレンズが欲しいと思い続けているのですが、いろいろ事情がありまして・・・^^;
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: シジミチョウ科 

Comment

No:4161|
今の、この時期…我が地域では、居るのはヤマトシジミが主流ですよ~しかも、ヒラヒラと飛び回り、なかなか停車してくれません。
なのに、uke-enさんちでは、「ヤマト」に「ベニ」に「ウラナミ」と、沢山のシジミさんが居ますね。
この内、ウラナミにはまだ逢った記憶がないもんで、一度は会いたいと願うばかりですよ。
で、このウラナミのどれが良いか・・・
私には、どれもですよ・・・。
どうでしてもならば、一番最初ですね~理由は背景とのバランスです。
No:4162|
今日は近畿地方に木枯らし1号が吹いたとのニュースを聞きました。
風が強く肌寒かったのでは。
アサギマダラの最後のあいさつ?等と書いたりして、言い当ててしまったではないかと。 ビクッ∑(*゚ェ゚*)

ウラナミシジミの1、2枚目の色合いが好きですが、チョウの鮮明さからですと1枚目ですね。
しかし、草のたわみや雫の状態からは2と4枚目ですね。
結局、目移りがして迷ったあげく決めれませんでしたよ。(^_^;

ウラナミシジミもいいですが、茶の新芽にマッチしたベニシジミも素敵ですね。
No:4163|kucchan さん
>「ヤマト」に「ベニ」に「ウラナミ」と、沢山のシジミさんが居ますね。
皆ありふれたチョウですが、ウラナミシジミは秋しか見かけませんし、南方系のチョウで他のチョウとは生態も異なり、かつ、格段に少ないですね。

>ウラナミにはまだ逢った記憶がないもんで
はぁ?これは何でしょう。
http://kucchankucchan111.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-13e4.html

>どうでしてもならば、一番最初ですね~理由は背景とのバランスです。
私の好みもこれなのですが、コンテストにどうかということですから・・・^O^
No:4164|hitori-shizuka さん
>近畿地方に木枯らし1号が吹いたとのニュース
流石に、こういうニュースには敏感ですね。入れ違いで載せた本日の記事中に書きましたよ。^O^
過ごしやすい日で、こぼれ種でたくさん咲いたアサガオをやっと整理しました。

>目移りがして迷ったあげく決めれませんでしたよ。
2と同じような色合いで赤まんまの配置のいいのがあったのですが、まずピント、次に構図、3が色合いくらいになるのでしょうか。

>茶の新芽にマッチしたベニシジミも素敵ですね。
私も好きです。もう少しじっとしてくれていたら、ピントバッチリも撮影できたのですが・・・^^;
No:4165|
おはようございます。
小さな雫の中には、広い景色も閉じ込めてしまうのですねぇ〜
わたしも、雫の中にお花を閉じ込めたことがありますが、
神秘的で素敵な世界です・・・
可愛らしいヤマトシジミも、今日は脇役になっちゃっいましたねぇ〜

さて、ウラナミシジミさん・・・
この頃我が家の庭からは姿を消してしまったけれど、
そのうちにまたやってくるのかしら?

しなやかな草の上に、水玉と蝶のコラボということで、
やっぱりわたしは、二枚目に1票かなぁ。
No:4167|
ウラナミシジミ~いやー参りましたね。
丁度、壱年前に出会ってたとは・・・すっかり忘れてました。
それにしても、uke-enさんの記憶力には驚きましたよ・・・今までも、そう思ってましたが、今回で、更にビックリですよ。
No:4170|みさとさん
花色のバラエティが見られる時季なら、雫だけを撮影しても絵になるのでしょうけれど、この時期では私ではどうにもなりません。しかもチョウが主役のはずなので、双方とも美しくはできかねます。^^;

>ウラナミシジミさん・。・・そのうちにまたやってくるのかしら?
秋に北上して寒さで死滅する生活サイクルですが、当地では例年11月が盛りです。今季は10月に見かける機会がエライ多くて不思議です。

>二枚目に1票かなぁ。
背景の赤まんまがかぶっていなければと、ないものねだりです。(^^ゞ
No:4172|kucchan さん
>ウラナミシジミ・・・壱年前に出会ってたとは
>uke-enさんの記憶力には驚きましたよ
いついっか、ウラナミシジミの記事が載ったかなんかは覚えていませんよ。確かご覧になっているはずだというぼんやりした記憶があって、そちらで検索するだけです。
ヒットすれば、鬼の首です。(v^ー゜)

念のため申し上げておきますが、他の方が記憶にないとおっしゃられたらそのまま信じますよ。^O^

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する