なんでそうなるの?(解決編)

 
 朝方は7℃、やはり霧でした。日中は22℃に達し、力仕事には暑いくらいでした。


 出題編の答えです。
 
ヤマトシジミ(シジミチョウ科ヒメシジミ亜科 2012/10/21撮影以下同じ)
ヤマトシジミ
 逆光で撮影しようと、反対側に回りました。
 フム、フム、ン??
 
ヤマトシジミ
 アチャー!!
 
 
ヤマトシジミ
 でも、元の側に戻ると、やっぱり交尾中のように見えますよね。

 翅の重なりが深いことについては現場でも疑問に思ったのですが、寒いのだからそんなものかなでした。交尾していないことが分かった段階で、前のチョウの翅が後ろのチョウの翅に影を落としていることに気づきました。
 反対側に回るまでは、両個体の複眼双方にピントを合わせることに腐心して、交尾していない可能性などは考えもしませんでした。(^^ゞ


 この解決編には、激しい非難が飛んで来るのではないかとおびえ気味です。^^;

 念のため申し上げておきますが、出題編では現場でそう思ったと書いてあるだけで、交尾していたとは書いていません。
 お友達の皆々様は、真っ直ぐで素直な方々だと改めて感心しました。(^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: シジミチョウ科  水滴コロコロ 

Comment

No:4143|そういうことでしたか
見事にはまりましたね(笑)
uke-enさんの(^-^)を想像しております。
朝一の天気をご存じないはずはないので、
設問には違和感を感じておりました。
No:4144|
まんまとuke-enさんのトラップにかかってしまいましたよ。!*O*!
チョウの翅が交差していない点は判っていたのですが、右のチョウの尾部が・・。
と言うよりも、出題と今まで何度か似たような写真と、特に数日前の交尾飛翔等で洗脳?された状態でしたね。(^○^)
全く疑うことなく、「その他」については全く考える余地がなかったですね。
この出題で、素直な性格?がバレてしまいましたよ。ビクッ∑(*゚ェ゚*)
No:4146|grassmonblue さん
>uke-enさんの(^-^)を想像しております。
(o^-^o) このくらいでしょうか。(^^ゞ

閑話休題、当地はかなり離れているようでも木津川畔、早朝は晴れ渡っていても、下から霧が上がってきて30分もしないうちに乳白色の景色になります。
ですから、交尾中と思っていた段階では、勤勉な♂が朝一からがんばってアレレ!となったものと思っていました。昨夕から説は、そんなバカなという感覚でした。
ホントに交尾中でしたら、解決編は藪の中でした。^O^
No:4147|hitori-shizuka さん
>まんまとuke-enさんのトラップにかかってしまいましたよ。
私はチョウにまんまと騙された当の本人なのですから、ほかの方はどうかなと検証してみました。(^^ゞ

当然ながら、交尾していなかったとは分からないよう、出題編の記事作成には細心の注意を払いました。^O^

>この出題で、素直な性格?がバレてしまいましたよ。
オレオレ詐欺とかいろいろ物騒な世の中ですので、くれぐれもお気をつけくださいね。
No:4149|蝶しにのって
9月、10月蝶よ花よと調子にのって
ラジオ4本、新聞5本と
聞かれるまま、言われるままに動きました。
その結果自分の仕事は大幅に遅れています。
それに今度は自分が記者の真似までするように
なってしまい、はまっている蝶の姿も追いかけていません。
でも25日 テングチョウを10数頭見かけました。
今までこんなにいるとは思っていませんでしたが
教えていただき、気をつけて見るようになったからわかったことだと思います。
ありがとうございました。
No:4153|自然を尋ねる人さん
ご活躍の様子を見せていただくと感心するばかりですが、くれぐれも健康にはご留意くださいね。体調を崩すと、隊長も続けられませんし、対蝶も指をくわえているだけになりますよ。アカン!ダジャレ病がうつってしまいました。(^-^)v

>テングチョウを10数頭見かけました。
あぁ、それはうらやましいですね。テングチョウは大集団になるそうで、ブロ友さんで50頭以上をご覧になった方がおられます。私は2桁を見たこともありません。

自然を尋ねる人さんには今更ですが、そんなことがと思うことが、自然にはたくさん転がっていますね。もっともっと注意深く観察しなければといつも思わされます。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する