庭の住人(トンボ編)

 
 1週間のご無沙汰でした(by 玉置 宏)並みのペースだったのに、何と!本日2コマ目です。(^^ゞ


 庭の付近に水辺が見当たらなくても、トンボは結構いるものですね。
 
 
ウスバキトンボ(♀ トンボ科ハネビロトンボ亜科)
ウスバキトンボ ♀
ウスバキトンボ ♀
 色づきかけたワレモコウにつかまっていました。体長は5cm前後だそうですが、同じくらいの大きさのシオカラトンボより一回り大きく感じました。とまり方の違いでそう見えるのでしょうか。
 調べてもなかなか分からず、名前も聞いたことがなかったので、珍しいトンボかと思ったら、夏から秋にかけて全国で見られるそうです。(^^ゞ
 最近金色のトンボによく出会うのですが、皆これなのでしょうね。余りとまらないので、確認できませんでした。

 上側の写真は全くの図鑑用ですが、F4で隅々までこれだけクッキリ撮れるとは、被写界深度を深くするばかりが能じゃないと、改めて認識させられました。^^;
 
 
シオカラトンボ(♀? トンボ科トンボ亜科 トリミング 2012/8/30撮影)
シオカラトンボ ♀
 以前交尾を撮影したことがあったので、これがシオカラトンボの♀だろうと推測がつきましたが、それがなければお手上げでした。
 若い♂も塩を吹くまではよく似ているそうですが、大丈夫ですよね。(誰に言ってるの?)(^^ゞ
 
シオカラトンボ(♂)
シオカラトンボ ♂
 ♀を撮影したのでいくらでもいるハズとシャカリキに探しましたが、マーフィーの法則は有効であることを再確認しました。^^;


 そして真打登場です。
 
オニヤンマ(♀ オニヤンマ科)
オニヤンマ ♀
 5日ぶりの再会です。かなり近づかせてくれました。
 
オニヤンマ ♀
オニヤンマ ♀
 上がF8、下がF11ですが、背景のササやワレモコウが近過ぎるのを割り引いても、F4の写真には及びませんね。
 
オニヤンマ ♀
 原図です。このアゴで噛まれると、痛そうですね。出血することもあるそうですが、ナルホドです。
 開いたり閉じたりしていましたが、何か食べているように見えました。
 
オニヤンマ ♀
 これも原図です。この茶色のものは下アゴでしょうか。ハチの巣のかけらでも食べているように思えました。
 
オニヤンマ ♀
 ホバリングは1回、それも少しの間だったので、ササにとまりにくるのを無暗にトライしてみました。写したというより、写ったと言うべきでしょうか。^^;
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: トンボ 

Comment

No:3864|
ウスバキトンボ…よく見かけてる一種に見えますが、初めて聞く名前ですね~勉強になりましたよ。
そして、黄金のトンボとは?…是非、みたいですね~何とか撮影して紹介して下さいね。
それにしても、オニヤンマの顔…正に、「鬼」てな感じですね。特に、下アゴ?…見るだけでも怖い感じですね~これに噛まれたらと思うとゾッとしますよ。
No:3867|kucchan さん
>黄金のトンボとは?
このウスバキトンボが飛んでると、そんな風に思えませんか?^^;
このトンボはハリボテみたいで、ご覧のとおり脳みそも空っぽのようです。

>オニヤンマの顔…正に、「鬼」てな感じですね。
>特に、下アゴ?…見るだけでも怖い感じですね。
オオスズメバチやシオヤアブとも勝負するようですから、怖い顔でにらみ、強靭なアゴで武装していないと、話になりません。
三者は勝ったり負けたりだそうですが、どのパターンでもいいので見てみたいものです。(^^ゞ

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する