ヤマキ確率

 
 朝方は22℃、日中は暑いのですが、風が吹きわたって日陰では涼しさも感じました。



 庭を訪れるチョウがメッキリ減ったので、ちょっと休むかと思っていると、暑い日が戻り、休み癖がついて、あっという間に1週間が過ぎました。(^^ゞ
 これはいけないと、久しぶりに樹液酒場付近をパトロールしました。

 樹液酒場のある木やその付近で、サトキマダラヒカゲ(とその時は思った。)が10頭余り翔び交っていました。こんなに多くの集団を見かけたのは初めてですが、薄暗いので飛翔写真は無理でした。
 結局撮影できたのは3頭でしたが・・・
 
 
ヤマキマダラヒカゲ(#1 タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)
ヤマキマダラヒカゲ
 サトキマダラヒカゲばかりと思っていたのですが、この個体はヤマキマダラヒカゲのように思えます。70%の確率でしょうか。(^^ゞ
 夏型は蛇の目模様が大きくなるそうなので、確定的なことは言えません。
 
 
サトキマダラヒカゲ(#2 タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)
サトキマダラヒカゲ
 かなり傷みがありますが、サトキマダラヒカゲのようです。ヤマキ確率は20%でしょうか。
 
サトキマダラヒカゲ(#3)
サトキマダラヒカゲ
 見れば見るほど分からなくなってきました。ヤマキ確率は10%以下でしょうか。^^;

 確定的なことはDNAを調べないと無理なようですが、捕獲するつもりはありませんので、サーマルカメラのように撮影しただけでDNA判定ができるカメラの発明を待ちましょう。(^^ゞ


 これだけ翔んでるので酒場に近寄れるかと遠目から確認しましたが、強面の門番が2頭、ほかにはカナブン程度でした。^^;
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: ジャノメチョウ亜科 

Comment

No:3836|
もう一度、3点程の選別方法で違いを試みました。
何度も何度も比較しているうち、単純な私の頭ではこんがらかってしまい結局のところお手上げ状態でしたよ。(; ̄д ̄)ハァ疲れた。
uke-enさんが「確定的なことは言えません」等と言うものですから・・・
知識の無い私が「よし。確認しよう。」なんて思うこと自体が間違いでしたよ。ヾ(_ _*)ハンセイ・・・
No:3837|
ある資料より、特徴を比較しましたが、私にはサッパリで、全てがサトキマダラヒカゲにもヤマキマダラヒカゲにも見えますよ。とにかく、この蝶の区分けは難しいですね。
①胴体近くの3斑紋の形(くの字)より「#1、#2がヤマキマダラ」で、「#3がサトキマダラ」・・・。
②黒色目状紋が大きく黄環が細い…ヤマキマダラ・・・より、「#1がヤマキマダラ」で、「#2、#3がサトキマダラ」に見えるし・・・サッパリですよ。
No:3838|hitori-shizuka さん
>「よし。確認しよう。」なんて思うこと自体が間違いでしたよ。
いえいえ、トライすることが大事なことで、他の種の識別にも考え方は役に立つように思いますよ。

ヤマキマダラヒカゲらしくないものは、皆サトキマダラヒカゲとしていた頃は案外お気楽だったのですが、熱心に判別しようとすればするほど分からなくなってきました。^^;
種として分離される前のキマダラヒカゲの時代は、きっと心安らかだったのでしょうね。(^^ゞ
No:3839|kucchan さん
おりょりょ、どうしやはったのですか?
①、②の手順は同じですし、ほかにも識別ポイントはありますが、結論もほとんど同じです。
ま、それほど判別が難しいということですが、逆に言えば写真では絶対的な確定はできず、こちらだと言い切ってしまえば勝ちみたいなところがありますね。(^^ゞ
No:3840|今蝶は
ヒョウモンの仲間をよく見かけます。
どれがどれか名前はわかりまっせん。
飛んでる時のスピードが早いのでカメラにも収まりません。
見る回数は2日ほど休ませていただいたので
1週間5日で10頭ぐらいです。
No:3841|管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No:3842|残暑厳しき折から・・・
ほんと、チョウをあまり見かけませんね~。
昼間にツバメシジミとツマグロ♂とを山の方で見かけましたが
それこっきりで、暑過ぎると虫も避暑するんでしょうかねぇ。
そもそも捜索に出かけてないから見つからない、ってぇのもありますが~(^^ゞ(爆)
No:3843|
こんばんは。
『ヤマキ確率』のタイトルに目がいったとき、
わたしは友人の『ヤマキさん』を、ふと思い出してしまいましたぁ(^_^;)
名字は山木と漢字なのですが、自営業でして、
お店の名前が『ヤマキ○○○』なので・・・
(スミマセン、独り言です。ブツブツ…)

サトキマダラヒカゲとヤマキマダラヒカゲ、
両者の同定は難しそうですねぇ〜
もし見かけても、私はスルーすることにしようかなぁ(^_^)

樹液酒場には強面の門番がいるのですね。
だったら、門番には逆らわないようにしてくださいね(^_-)-☆
私は今日、草取りをしているときに蜂に腕を刺されてしまいました。
赤く腫れあがって、熱をもってポッポとしてて、痒くて痒くてたまりません(・_・、)
No:3844|自然を尋ねる人 さん
>1週間5日で10頭ぐらいです。
当分の間、1週間2日くらいにとどめておいてくださいね。
10頭全部が違う種類だと大変な話ですが、せいぜい2種なんてこともよくあります。^O^

もう少し先になれば、ヒヨドリバナも咲き始めて、ヒョウモン達もまた姿を見せてくれるのだろうと待ち遠しいことです。
No:3845|鍵コメ さん
FC2では、錠マークですけど・・・^O^
ありがとうございます。
No:3846|Matsu さん
山の上などいるところにはチョウもたくさんいるようですが、そんな元気はありません。冬眠ならぬ夏眠するチョウもいるそうですが、こちとらも避暑に出かけたいものです。
と思って、一昨日高野山に上がったのですが、陽射しは夏のものでしたよ。チョウもチラホラでしたが追いかける余裕もなく、すっかりへたってしまいました。^^;
No:3848|みさとさん
>お店の名前が『ヤマキ○○○』なので
ヤマキ花鰹店か、醤油店でしょうかね。(^^ゞ
この文字を何度書いたことでしょう。ここまで書いては、何か用事で返事が延び延びになってしまいました。orz

>サトキマダラヒカゲとヤマキマダラヒカゲ、
>両者の同定は難しそうですねぇ〜
春型ではそれでも何とかなった(つもり)のですが、夏型は余り変わらないと言いながら、眼状紋がクッキリしていて、オイ!です。
↑のヤマキマダラヒカゲも、怪しいことこの上ありません。^^;

>樹液酒場には強面の門番がいるのですね。
>だったら、門番には逆らわないようにしてくださいね(^_-)-☆
今日も暖簾をくぐったら3頭ほどいらっしゃったので、遠目で指をくわえていましたよ。

>草取りをしているときに蜂に腕を刺されてしまいました。
あれあれ、気をつけるといっても限度がありますし、雑草を放置しておくわけにも・・・私は気にならないのですが、家内が・・・^^;

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する