ムラシ・ポイント

 
 未明の雨が残って朝方は小雨でしたが、すぐに上がって、晴れたり曇ったりの一日でした。


 アカシジミを見かけた進入路沿いを集中的にパトロールし、色違いを4頭見かけました。時系列で載せますね。
 
 
ムラサキシジミ(No.1 ♀ シジミチョウ科ミドリシジミ亜科)
ムラサキシジミ ♀
 比較的傷みの少ない個体で、青紫の鱗粉もよく残っています。左前翅に白い傷が見えます。
 一箇所にじっとしていないで、葉上でチョコマカと動き回り、すぐ翔び移ります。
 
(産卵 13:31)
ムラサキシジミ 産卵
 マテバシイ(ですか?)の葉裏に産卵しています。ほかにも産卵していたかどうかは、確認できませんでした。
 ムラサキシジミらしくないチョコマカは、産卵場所探しのためではないかと思います。


 ここまでは250mmでしたが、もう少し下へ降りてよと頼むと足元の枝にとまり、下がることができない場所だったので、近過ぎてピントが合いませんでした。
 それに懲り、100mmマクロに換装して再出撃です。(^^ゞ
 
 
(No.2 ♂)
ムラサキシジミ ♂
ムラサキシジミ ♂
ムラサキシジミ ♂
 ひどく傷んでいます。生き抜いてきた証なのでしょうね。
 
 
(No.3 ♀)
ムラサキシジミ ♀
ムラサキシジミ ♀
 こちらは、産卵する様子はなく、とまったらじっとしていましたが、かなり敏感でした。
 少しスレが見られ、左前翅に白い傷はないので、No.1とは別個体ですね。
 
 
(No.4 
ムラサキシジミ
 こちらもかなり傷んでいます。青紫色の範囲を考えると♀のようにも見えますが、全体の雰囲気から♂のように思えてなりません。
 思うのは勝手だけど、やはり♀でした。6/27に同一個体と思われるものが産卵してました。^^;(2012/7/3追記)


 色違いで、ミドリシジミなどを想像された方は、私を買被り過ぎです。(^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: ムラサキシジミ  産卵 

Comment

No:3645|
シジミチョウの開翅写真~不思議なんですよねー。
私も、今日、ベニシジミですけど開翅写真を撮ろうと長い時間を待ちましたがダメでした。
uke-enさんだと、こんなに沢山の種類の蝶が開翅してくれるのかと不思議でたまりません。
何か、極意があるならば教えて下さいな。
No:3646|kucchan さん
開翅するかどうかは、種によりいろいろです。全くといっていい程開翅しないものもあれば、閉翅がまれなものまでありますね。
開翅するのは、日射で体温を高めるためだそうで、ムラサキシジミもその類ですが、曇り空でも開翅してくれることがあります。
ベニシジミは、陽射しがあればとまってすぐ開翅するような感じを受けています。

極意?私の嫌いな「待つ」ことのようですよ。(^^ゞ
No:3647|
立て続けに4頭も出会えたのですか。羨ましい限りですよ。
スレのないムラサキシジミの青紫の翅色はとても綺麗ですね。
今季、私はこのチョウにまだ出会えていませんよ。
このチョウの雌雄判別は青紫色の広さも決めてらしいですが、スレが多く鱗粉剥がれて薄くなったりすれば判別も難しいでしょうね。
No:3651|hitori-shizuka さん
>立て続けに4頭も出会えたのですか。
一度に3頭がこれまでの記録ですが、本日は5頭(だと思う。これから整理)見かけました。外側から見えるところに出てくるのを待っていたのを、居そうなところに少し踏み込む方法に変更しました。
成果はこのとおりですが、スズメバチなどのリスクが増えました。(^^ゞ
それに、周りのスギ、ヒノキを伐採して日当たりがよくなったことも大きいのではないかと思っています。

>雌雄判別は青紫色の広さも決めてらしい
個体差もあり、頼りすぎると♂が産卵したり・・・(^^ゞ

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する