比較的珍しいチョウ

 
 朝のうちは陽射しもありましたが、午前11時頃、驟雨というには生やさし過ぎ、強い突風と雷鳴、大荒れになりました。関東では竜巻により大きな被害があったようですが、当地では幸いでした。
 午後には陽射しも戻り、20℃近くになりましたが、見慣れたチョウばかりでした。

 で、昨日の続きです。
 我が家では比較的珍しいチョウのレビューです。
 
 
テングチョウ(タテハチョウ科テングチョウ亜科 2012/5/5撮影)
テングチョウ
テングチョウ
 今季は4月24日に遠くで見かけましたが、我が家前に出てきてくれました。
 クリサンセマム・ノースポールで吸蜜しています。越冬組で、スレでかなり褪色しています。
 真上の写真ですが、開翅してはくれませんでした。横から見えるテングの鼻は、ヒゲ(下唇鬚)だったのですね。
テングチョウ
 こちらはアルメリアで吸蜜中です。
 
 
コチャバネセセリ(セセリチョウ科 2012/5/5撮影)
コチャバネセセリ
 今季の初セセリ?です。花壇のビオラで吸蜜中で、チョコマカと動き回り、開翅もしないまま去りました。
 昨季5月8日に初見でしたが、この時季以外、我が家周辺では見かけたことがありません。
 
 
ミヤマセセリ(セセリチョウ科 2012/5/5撮影)
ミヤマセセリ
ミヤマセセリ
 お代わりのセセリが、同じビオラに来ました。昨季5月7日の初見以来、まるまる1年ぶりです。
 右前翅外縁がかなりスレているようです。また、後翅の斑紋は黄橙のハズですが、白く見えます。こちらは、閉翅しませんでした。
 
 
ムラサキシジミ(シジミチョウ科 2012/5/5撮影)
ムラサキシジミ
 鉢植えのビオラにとまりましたが、吸蜜する様子はありません。
 開翅を待っていましたが、ふと思いついて・・・
 
ムラサキシジミ 手乗り
ムラサキシジミ 手乗り
 やはり、これです。アッ、電線が・・・(^^ゞ
 ムラサキシジミの手乗りは初めてです。これまで開翅を待って、指を差し出すことを考えなかったチョウです。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: タテハチョウ科  セセリチョウ科  シジミチョウ科  手乗り  草花 

Comment

No:3437|
こんにちは。
テングチョウと言えば、林の中で追いかけっこする蝶。
…って感じで、野生的なイメージの蝶なのですが・・・
ノースポールやアルメリアでの吸蜜シーンを見ていると、
なんだか可愛らしいですねぇ~

もうコチャバネセセリの登場ですかぁ・・・早っ!
ミヤマセセリもそうですけど、こういった地味系の蝶は、
やはりお花に止まった姿がいいですね!

紫色のビオラにはムラサキシジミ?
こちらもホント素敵な写真・・・
ムラサキシジミの開翅姿は魅力的で、みんなが狙うんだと思うけど、
でもやっぱり、このブログで狙うのは手乗りでしょ!!!
また一種類更新されましたね(^_-)-☆
お庭で出会う蝶、全て手乗り…なんて記録も達成できるかも・・・
頑張ってくださいね!

あれっ? 気付けば、今日は茶色い蝶のオンパレード?

前ブログのミヤマカラスアゲハ・・・
後翅裏の、オレンジ斑紋上の太い白帯で確認できましたよ(^_-)-☆
No:3438|
いやー…昨日の突風と雨には驚きましたよ。
でも、当地は竜巻はなしで安堵しましたが、不意を突かれた果樹鉢は転倒する物も…でも、被害はありませんでしたよ。
で、今回の登場する蝶亜は、私には初見ばかりですね…多分、我が地域には居ないのかも。
テングチョウ~出来れば翅を広げたのが欲しかったですー。
ムラサキシジミの手乗りはバッチリですね。
電線なんて…これなら問題なしですよ。
我が家傍では、数十本の電線ですから、問題有りになりますね。
No:3440|手乗りムラシとは?!
なんか信じがたいものを見るようで・・・
あいた口があいたまんまです。
よぉーく見ると、ストローでつんつんしてるような?
何か秘訣というか、おいしいものがついているんでしょうか?
No:3441|
こんばんは✩
沢山の蝶がUPされていますね(^_-)-☆
↓のカラスアゲハは本当に綺麗♫
イシガケチョウは越冬組なんですね。
今年は過酷な冬だった事を物語っている
可哀想な姿^^;
再生される事はないんですよね。。。グス。

所で、鈴蘭。。。欲しかったぁ。。。です!
今度、何かを処分される時は、お声をかけて
下さいませ^^
No:3442|みさとさん
>テングチョウと言えば、林の中で追いかけっこする蝶。
そうおっしゃられば、ほとんど畑か藪の中で見かけてますね。夏、オレンジくっきり、全開翅を何とかモノにしたいですね。

>もうコチャバネセセリの登場ですかぁ・・・早っ!
これも庭では初めてです。セセリ一番は大抵この頃ですね。ミヤマセセリとともに、当てにしないで待ってます、パターンです。

>ミヤマセセリ・・・地味系の蝶
アレッ、そうですか。昨季初見の際、セセリにしては派手だなぁと思いましたよ。もっと派手なのもいるようですが、見たことが・・・(^^ゞ

>紫色のビオラにはムラサキシジミ?
自信作です。結果論ですけど・・・^^;

>お庭で出会う蝶、全て手乗り…なんて記録も達成できるかも
見慣れたものでは、ヒメウラナミジャノメがなかなかうまくいきません。まぁ、数年後には・・・

>前ブログのミヤマカラスアゲハ・・・
>後翅裏の、オレンジ斑紋上の太い白帯で確認できましたよ(^_-)-☆
あの写真では失礼なので、もっと見やすいのを用意しました。(^^ゞ
No:3443|kucchan さん
>当地は竜巻はなしで安堵しましたが、不意を突かれた果樹鉢は
>転倒する物も…でも、被害はありませんでしたよ。
あんなのが来るとは予想もできないし、よけようもないし、被害のところはお気の毒ですね。

>テングチョウ~出来れば翅を広げたのが欲しかったですー。
またまた、最近ないものねだりが多いですねぇ。^O^

>ムラサキシジミの手乗りはバッチリですね。
>電線なんて…これなら問題なしですよ。
ありがとうございます。でも、あちこちで電線がぁとツッコミを入れていますので・・・^^;
No:3444|Matsu さん
>なんか信じがたいものを見るようで・・・
あの鮮やかな色合いをゲットしたいと思われている向きには、外道!と?

>よぉーく見ると、ストローでつんつんしてるような?
しわしわで樹皮と間違えたとか・・・(^^ゞ

>何か秘訣というか、おいしいものがついているんでしょうか?
とにかくトライ、逃げられて当たり前、乗ってくれればもうけもののスタンスですよ。
No:3445|yumemi さん
ミヤマのつかないカラスアゲハも、どちらも黒に青い鱗粉がキレイですね。ただ、撮影が・・・(^^ゞ

>イシガケチョウは越冬組なんですね。
>今年は過酷な冬だった事を物語っている
>可哀想な姿^^;
>再生される事はないんですよね。。。グス。
苦労しながら生き延びた証です。がんばったねと言ってやってください。再生するとしたら、その瞬間の撮影を・・・(^^ゞ

>鈴蘭。。。欲しかったぁ。。。
庭や畑では、私の知らないところで物事が動いていて、長いこと気づかないこともありますよ。^^;

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する