パンジー・ビオラで

 
 雨は大したことがなかったですが、朝からどんよりとして風が強く、15℃~17℃でも寒々しく感じる一日でした。

 玄関先のパンジーやビオラは、今になってこんもり、花が盛りです。暖かくなってくると、毎日花がら摘みを欠かせません。
 来訪者もしばしば・・・
 
キタテハ(タテハチョウ科 2012/4/24撮影)
キタテハ
 最近はあまり見かけなかったのですが、パンジーで吸蜜していました。キタテハのこんなシーンは、これまで見た記憶がありません。
 
トラフシジミ(シジミチョウ科 2012/4/24撮影)
トラフシジミ
トラフシジミ
 クマバチにハナズオウから追われ、ニワウメも盛りを過ぎ、第3の選択でしょうか。
 そうそう、アブラナは家内にお願いして何とか1/3ほど残してもらいましたが、これもクマバチがホバリング中です。(^^ゞ
 パンジーの花芯だけでなく、花弁の裏表もしきりになめていました。
 
 
キアシナガバチ(スズメバチ科 2012/4/24撮影)
キアシナガバチ
 ビオラにとまりましたが、吸蜜することなく隣のハボタンに移りました。
 
キイロスズメバチ(スズメバチ科 2012/4/25撮影)
キイロスズメバチ
 こんなのまで吸蜜しに来るのと、ビックリしました。花がら摘みも命がけです。

 アンタら、肉食じゃないの?
 チョウがいないかと、すぐ近くで花を見つめるのも考えものですね。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: タテハチョウ科  シジミチョウ科  草花  ハチ 

Comment

No:3412|
花とチョウ、やはり絵になりますよね。
ピンクの花ズオウも似合っていましたが、グラデーションの効いた淡い素敵な色合いのパンジーの花弁にキタテハやトラフシジミの姿も綺麗ですよ。

ふと感じたことですが、スズメバチが葉上の水滴を舐めているような行動は見かけたことは有りますが吸蜜している姿は見たことが無いような気がします。
鋭い歯で食いちぎる印象が強く、私の頭にインプットされているようです。(^▽^;)
何を主食ににしているのでしょうね。
No:3413|hitori-shizuka さん
>花とチョウ、やはり絵になりますよね。
白っぽい花の中の黒っぽいチョウの撮影は、チョウがクッキリ、花の色を再現、その双方を満たすことが難しいですね。黄色い花に黄色いハチは、もっと難しかったですけど・・・(^^ゞ

樹液酒場で、スズメバチがチョウなどを蹴散らして吸汁しているシーンはよく見かけますが、葉上にいるのは吸水してたのですか。いずれにしても、花に埋もれている姿は初めてです。
No:3414|
いやー…驚きましたよ。
uke-enさんの庭花と蝶のコラボ写真なんて、素晴らしいですよ。
何せ、蝶のクッキリした感じが出ており…とにかく綺麗で素晴らしいに尽きます。
特に、トラフシジミ~言い表しようのない姿にウットリですよ。
そうそう、キアシナガバチやキイロスズメバチが草花にとは、驚きました。
我が家では、果樹類でしか見かけてません。
草花に居るとは…花がら摘みの際は気をつけねばなりませんね~家内にもちゃんと伝えなくては。
No:3415|kucchan さん
>蝶のクッキリした感じが出ており…とにかく綺麗で
>素晴らしいに尽きます。
ありがとうございます。何か、お尻がこそばゆいような・・・(^^ゞ
でも、もう少し花色が表現できないかと、試行錯誤中です。

>特に、トラフシジミ~言い表しようのない姿にウットリですよ。
トラフシジミも毎日毎日見ていると、感動なんてどっかへ行きました。(^^ゞ
コツバメと違い、とまっていても開翅することがあるそうですが・・・

>キアシナガバチやキイロスズメバチが草花にとは、驚きました。
私も同じです。花がら摘みが一番危なさそうです。笑いごとじゃないので、お互いに気をつけましょう。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する