相席でお願いします

 用事のついでに、木津川畔に出てみました。気にはかかっていたのですが、春先のチョウを探しをしないまま今日になってしまいました。

 ハルジオンがチラホラ、これではチョウはと思いましたが・・・
 
ヒカゲチョウ(ジャノメチョウ科)
ヒカゲチョウ
 大き目の黒いチョウが翔んでいました。広範囲を翔び回るので飛翔写真も難しいと思っていると、とまってくれました。
 吸汁中は、どんなに近づいても逃げようとしません。コンデジでも撮影し、手乗りを試みると嫌がられました。(^^ゞ

 今季初は昨日、我が家裏の畑の奥で見かけましたが、写真は暗いもの1枚きりでした。
 クロヒカゲというそっくりさんがいますが、ヒカゲチョウのようです。
(トリミング)
ヒカゲチョウ
 吸汁の時は全く開翅せず、その直前、歩いていた時の半開翅です。
 遠いので、トリミングしないとどうにもなりません。
 
ルリシジミ(夏型? ♂ シジミチョウ科)
ルリシジミ ♂
ルリシジミ ♂
 濃い青色のチョウが狭い範囲を翔んでいましたが、とまってくれそうにありません。
 ヤマトシジミより一回り大きく、いつものフィールドとは異なるので、珍しいチョウ?と色めきたちましたが、ルリシジミのようです。

 上は原図、下はトリミングです。
 写っている大きさの違いはありますが、上はピントが大甘なのでトリミングするとボロが出ます。下は小甘程度です。(^^ゞ
ルリシジミ ♂
 やっととまってくれました。
 
(みんな仲良く)
aiseki11-01.jpg
 どちらかと言うと、ハエが遠慮気味でした。
 
コチャバネセセリ(セセリチョウ科)?
コチャバネセセリ
 最近某ブログで、「キマダラセセリ、コキマダラセセリ、ヒメキマダラセセリ」とどれも見かけたことがないのに早口言葉を唱えましたので、何とか判別しなきゃと必死でした。
 で、消去法でコチャバネセセリとしましたが、確信はありません。^^;

 集団吸水、吸汁は見たいと思っていたシーンでしたが、逃げない、開翅しないことを実感しました。
 生々しい写真で気分を害された方がおられましたら、ゴメンナサイ。
 どう撮影すると生々しさを薄められるか、分かりませんでした。

関連記事

タグ: ジャノメチョウ亜科  シジミチョウ科  セセリチョウ科  ハエ 

Comment

No:2422|
>どう撮影すると生々しさを薄められるか、分かりませんでした。

リアルであることは別段見苦しくはないと思いますけど、最後の画像は美しく撮れてると思います。(^^)/
セセリ全体はくっきりしていて、背景のボケ味がやわらかくていい感じ~☆彡
上の6枚の画像とは全く雰囲気が異なっていて、低い角度から撮影なさっていることも功を奏していますね。
で、レンズは何mmをお使いでしたか?(笑)

No:2424|Matsu さん
>リアルであることは別段見苦しくはないと思います
私もそうは思いますが、程度が・・・(^^ゞ

>低い角度から撮影なさっていること
一張羅でしたので匍匐前進もやりにくく、できるだけ首を折って身体を曲げてでしたよ。
それに、いろいろころがってるような場所でしたから・・・

レンズ?鼻ピクのレンズでしたよ。(^^ゞ
隅々までクッキリの、コンデジ写真もありますが。^^;
No:2426|ビックリ…唖然
何処に出かけられても、我が地域では見る事の出来ない蝶に逢えていいですね。
やはり、地域差には敵いませんね。
で、「生々しい写真で気分を害された方がおられましたらゴメンナサイ」には、確かに…ですね。
最初は、何だろう?と想像してましたが、段々、創造力が高まり、「ある物体?…自信は無しですが」に辿り着きましたよ。
それにしても、蝶が「この物体」を好むとは初めて知りましたよ。
暫くは、蝶の手乗りトライは遠慮ですね…えへへへへ。
No:2427|kucchan さん
そちらでも、公園などにお出かけになれば、もっともっと多くみられると思いますよ。

>蝶が「この物体」を好むとは初めて知りましたよ。
話には聞いていましたが、私も初めて見ました。
養分があるかどうかは知りませんが、水分もあり、珍しくないそうですよ。
あの声で 蜥蜴食らうか 時鳥(其角)ですね。

>暫くは、蝶の手乗りトライは遠慮ですね…えへへへへ。
いえいえ、この場でトライしましたよ。少し考えましたけど・・・(^^ゞ

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する