人違い

 朝方は1℃と冷え込みましたが、さわやかな一日でした。20℃には届きませんでしたが、陽射しが強く、庭仕事には暑いくらいでした。
 
トラフシジミ(シジミチョウ科)
トラフシジミ
トラフシジミ
 初見(チョウ No.3)です。

 家の前の野菜畑(元は花壇)のアブラナで吸蜜していました。
 こんなものの訪問があるとは考えていなかったため、ベニシジミのできそこない(それはそれでトピックですが・・・)かと思ってしまいました。(^^ゞ
トラフシジミ
 芸術写真です。^O^

 やはり焦っていたのでしょうか、近づきすぎて逃げられる直前の写真です。もう一度この類の写真を撮影せよと言われても、とてもできません。^^;
 表翅は灰色っぽく見えましたが、開翅写真が次の課題です。
 
モンキチョウ(♀ シロチョウ科)
モンキチョウ♀
 上のチョウを見るまでの本日の課題は、トリミングしないでも済む飛翔写真ということで、キタキチョウとモンキチョウを追いかけました。
 この個体は、欠けがある上、スレたのか紋もぼやけ、翅が透けるほど薄くなっているようです。
モンキチョウ♀+モンシロチョウ♂
 そこへ♂が・・・期待???モンキチョウの♂は、確か黄色かったけど・・・

 モンシロチョウの♂(多分)が、何を勘違いしたのか、しつこく迫っていました。
 困ったモンキチョウは交尾拒否のサインを出しましたが、それでもあきらめず、逃げ出したモンキチョウを追いかけて、双方とも見えなくなりました。

 まぁ、いろいろあるものです。

関連記事

タグ: トラフシジミ  草花  シロチョウ科  誤認求愛 

Comment

No:2177|管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No:2178|No title
えっっ・・・この蝶が「トラフシジミ」ですか。
ちょこんと、少しですが「トラ」模様もあり、可愛いですよね。
私も、初めて見ますよ・・・でも、私は素人だから当たり前ですかね。
それにしても、このシジミチョウがアブラナで吸蜜してるなんて驚きましたよ。
実は、この蝶類は雑草地みたいな所が好きなのかと想像してたもんで・・・。
実は、今日、私はベニシジミに遭遇しましたよ。
で、場所は雑草で荒れた場所でしたよ。
故に、雑草地が好きなのかと思ったもんで。
そして、芸術写真は…確かに二度と同じものを撮れと言われても無理ですよね~特に、色合い、溶けた感じの個体など最高ですよ。
No:2180|芸術写真♪
可愛いですねぇ~ トラフシジミさん。
私も出会ってみたい・・・

『菜の花と蝶』というシチュエーションは、お馴染みなのでしょうけど・・・
このトラフシジミさんは、黄色い菜の花がとってもお似合い♪

二枚目の写真は、小さな蝶って感じがよくわかって、
可愛らしさが強調されてますよね。素敵だと思います・・・

芸術写真・・・おっしゃるとおりです! これは素晴らしい芸術写真ですね!
上の二枚があるから、コレを芸術写真と言えるのですよね(^_-)-☆

あれまぁ-、またまた恋愛ごっこに首を突っ込まれてしまったのですか?
お邪魔虫はだめです! って、たしか前ブログで言われたのでは?
でもまぁ、こうして拝見すると、
蝶の恋愛事情も色々とわかって、なかなかおもしろいものですね。
No:2181|kucchan さん
>このシジミチョウがアブラナで吸蜜してるなんて驚きましたよ。
>実は、この蝶類は雑草地みたいな所が好きなのかと想像してたもんで・・・。
ヤマトシジミはカタバミ一筋、ベニシジミはスカンポが主、種類によってお
好みがあるようですね。枯草などは休憩場所ですね。
アブラナならどんなチョウでも来るのだろうと、私もこれまでは思ってまし
たよ。(^^ゞ

>芸術写真は…確かに二度と同じものを撮れと言われても無理ですよね
>~特に、色合い、溶けた感じの個体など最高ですよ。
はぁ、ありがとうございます。
ただ、どうしても、溶けた感じとおっしゃられると、ピンボケと言われている
ような気がするのは、私だけでしょうか。^^;
今回は、素直に、お褒めいただいたと受け止めますね。(^^ゞ
No:2183|みさとさん
>『菜の花と蝶』というシチュエーションは、お馴染みなのでしょうけど・・・
>このトラフシジミさんは、黄色い菜の花がとってもお似合い♪
こういうシーンは、頭にこびりついていますが、よく観察してると、近寄って
ハイ次!というのもよく見かけます。子供には、観察して自分で発見する
ことが大切と、教えなければなりませんね。

トラフシジミは、アブラナにぴったりですね。黄色のワンポイントが効いて
いるのでしょうね。

>芸術写真・・・おっしゃるとおりです!これは素晴らしい芸術写真ですね!
>上の二枚があるから、コレを芸術写真と言えるのですよね(^_-)-☆
はぁ、ありがとうございます。
しかし、この言葉には、絶対!何か含みがありますね。^^;

>あれまぁ-、またまた恋愛ごっこに首を突っ込まれてしまったのですか?
>でもまぁ、こうして拝見すると、
>蝶の恋愛事情も色々とわかって、なかなかおもしろいものですね。
初見のチョウは、それだけでお値打ち品ですが、ありふれていても、知ら
ないことは多いですね。
No:2187|No title
「トラフシジミ」
1回だけ写真を撮ったことがあります。
フヨウの花に潜っていたので、光が届かず撮るのに苦労したのを覚えています。
また会いたい蝶なのですが…
この縞模様は「魚」に似たようなのがいますね。
No:2189|take1 さん
>「トラフシジミ」・・・フヨウの花に潜っていたので、光が届かず撮るのに
>苦労したのを覚えています。
この時も、アブラナの花にそんなに頭を潜らせなくても、口吻を伸ばせばい
いのにと思いました。口吻が短いのでしょうか。

渋いですがなかなか綺麗なチョウですね。地味(そう)な表翅の撮影も併せ
て、また出会いたいチョウです。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する