虹色の過敏性

 朝方は7℃、陽射しが降りそそぎ、うららかな陽気、小春日和そのものでした。
(11月も残り少なくなりましたので、小春日和という言葉が使えるうちに、です。)

 珍しく真面目に落ち葉かき、草引きなど庭作業の合間、裏の畑に上がると、ウラナミシジミ、ヤマトシジミ、ベニシジミ、キタテハ、キチョウなどが、残り少ない日を謳歌していました。

 こんな日は、憧れのあのヒトもきっといると、いつも見かける場所に行ってみました。
 いるかな~では見つからなくても、きっといるハズと思って探すと、見えてくるものですね。
 
ムラサキシジミ(シジミチョウ科)
ムラサキシジミ
 葉裏に、翅を閉じたまま、逆さまになって張りついていました。
 光の加減で、地味な裏翅が虹色に輝いています。

 出会う機会は少ないですが、私はこのヒトと相性がよく、開翅してくれる、もういいやと満足するまで長くいてくれるという数少ないチョウです。
 しかし、つい最近、Matsu さんちでこのヒトにはすぐ逃げられると伺ったもので、肩に力が入っていたのでしょうか、近付こうとして逃げられました。
 
ムラサキシジミ
 幸い、近くの陽のあたる葉の上にとまり、すぐ開翅してくれました。
 しかも、トリミングしないで載せられる写真の距離まで、近付かせてくれました。

 まぁこんなものか、というところまで撮影し、お昼時になりましたので引きあげました。
 昼食後、コンデジでもパチリを狙いました。
 
ムラサキシジミ
 今度は上向きでとまっています。
 コンデジで目一杯近付いて撮影しました。これもトリミングしていません。(縦横比が異なるので、デジイチの縦横比に合わせて下部を切り落としています。)
 10cm余りに近付いても大丈夫なので、やはり相性神話は健在です。(^-^)v
 ただし、開翅してくれませんでした。
 
ムラサキシジミ
 待っていると翔び立ち、遠くで開翅し、近付く間もなく見えなくなりました。

 ムラサキシジミは、集団越冬するそうです。
 そんなシーンに、何とか出会いたいものですね。

関連記事

タグ: ムラサキシジミ 

Comment

No:1334|無いものねだり・・・
こちらにもお邪魔します。

そちらでは、小春日和ともなるとまだまだ色んな蝶が見られるのですねぇ~
私は昨日、庭に転がっている石の上で日向ぼっこしてるキタキチョウを1頭見かけただけでした。
なんだか淋しいなぁ・・・

ムラサキシジミさんも、真面目に働いたuke-enさんへのご褒美のつもりだったのでしょうか、
随分サービス満点ですねぇ~
思いっきり近付かせてもらったりして楽しまれた様子、
本当に羨ましく拝見させていただいてます。

一枚目の写真、裏翅の色がホントきれい!
翅を開いたときのブルーも、なんともいえませんねぇ~
素敵な蝶です・・・
このムラサキシジミは信州にはいないだろうと聞いていますので、
なおさら恋い焦がれてしまいますぅ~
No:1335|No title
先日のコメント~「園芸作業の息抜き?に、お近くの公園を散歩されてはいかがです?」・・・近くの公園…全然、お話しになりませんよ~何故なら、ジャングルジムやブランコ、滑り台、そして砂場は有るのですが、「花」は殆どなく、我が家の鉢畑の方が「マシ」ですよ~とにかく、話になりませんよ。
それにしても、二枚目と一番下の「翅を開いたブルー」写真は素晴らしいですね。
私も一度は出会ってみたいと思ってますが、全然、ダメです。
uke-enさんのおっしゃってるように、他を探索したいのですが…よそ様のお宅に勝手に侵入する訳もいかないし~でも、偶然的に遭遇するかもと、希望は持ちますよ。
No:1339|みさとさん
>そちらでは、小春日和ともなるとまだまだ色んな蝶が見られるのですねぇ~
よく分かりませんが、越冬するチョウが陽射しに誘われて出てくるのでしょうか。
12月以降も少しは出会えるのかどうか、不安と楽しみです。

>なんだか淋しいなぁ・・
アルフィー?も咲くのですから、花に鳥、お菓子作り(これはご主人でしたね。)、冬野菜(あ、これもご主人か。)、とにかく楽しみを見つけてくださいね。^O^

>一枚目の写真、裏翅の色がホントきれい!
>翅を開いたときのブルーも、なんともいえませんねぇ~
実物はもっとキレイですよ。しかも、こんなにスレが見えません(^^ゞ
その色を何とか写し取りたいと思うのですが、なかなか思うような色が出ません。
No:1340|kucchan さん
>「花」は殆どなく、我が家の鉢畑の方が「マシ」ですよ
そりゃ、そんな公園でなくて、少し足を伸ばしてくださいよ。
どの辺かさっぱり分かりませんが、緑地や河川公園などもたくさんありそうですよね。
きっといるハズですし、花も、kucchan さんちの鉢畑とは違ったたたずまいが見られると思いますよ。
それでまた鉢数が増えたじゃないかとおっしゃられても、責任は持てませんが・・・^O^
No:1341|No title
ムラサキシジミも実際には見たことがないので幼虫の好物の木を調べてみるとアラカシと書いてありましたが、そのアラカシも近くにないのでなおさらこの蝶を見る機会が少ないようです。
ベニシジミやヤマトシジミはこちらで見かけますが、ムラサキシジミ、ウラギンシジミは見たこともなくuke-enさんの記事をみて今後発見した時にすぐわかるよう役立たせてもらいますね。
授業料なんて言わないでくださいよ。(笑)
No:1342|hitori-shizuka さん
アラカシにいることは知っていますが、どれがアラカシなのか、近辺にあるのかすら分かりません。(^^ゞ

>授業料なんて言わないでくださいよ。(笑)
授業料は、差し引きして私のほうが納めなくてはならないかもしれませんね。hitori-shizuka さんちへ行ったら、ふ~んの連続です。
なかなか、身に付きませんが・・・^^;
No:1376|No title
本当に美しい虹色ですね~☆彡
光線の加減もですが、個体の新鮮さや周囲の湿温度とかも写り具合を左右すると思います。
uke-enさんの撮影の腕プラス、そんなこんなに恵まれて、とてもラッキーでしたね!
あやかりたや~あやかりたや~(-∧-)
No:1377|Matsu さん
>あやかりたや~あやかりたや~(-∧-)
あやかりたいのは、私のほうです。
今日の記事は拝見済みです。ウラヤマシ~~。
お願いを書いておきました。よろしく!v(^O^)v

>本当に美しい虹色ですね~☆彡
翅を閉じていると、見つけるのも難しいのに、なぜこんなにと驚きました。
虹色のチョウ なぜなぜ虹色 虹色の花食べた ♪
日頃の行いの結果です。

いろいろな僥倖に出会いたいものですね。(^^ゞ

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する