ヒョウの恩返し

 2コマ目です。

 今日は、奈良県山添村の花香房でフリマなどのイベントがあり、花苗も安くなっていたのでお出かけしました。
 ここの苗は産直、しっかりしていて DIY などとは比べものにならないので、花壇苗などの調達です。

 購入したのは、今年播種しなかったパンジー42株、ビオラ18株とスイートアリッサム12株(家内のリクエスト)、1,400円/1トレイ(24株)でした。
 植え付けは花担当の私、明日からアサギマダラ観察の合間をみての作業です。(^^ゞ

 苗調達の後は、家内は野菜とフリマの物色、何を買ったか知りません。
 私はチョウ探し、イベントの写真は1枚もありません。(^^ゞ
ツマグロヒョウモン(♂ タテハチョウ科)
ツマグロヒョウモン
 「いつもiらしく」さんち(信州)のツマグロヒョウモンの記事に、「南の方にお住まいの方々にとってこのツマグロヒョウモンという蝶は、モンシロチョウなどと一緒に、普通に見かける蝶のひとつでしょうね。」と書かれていましたので、「そんなことありませんよ。最近でこそ、1日1頭か2頭見かける程度」とコメントしました。
 花香房ではチョウは少なかったですが、ツマグロヒョウモンの♂ばかりが数頭翔んでいました。モンシロチョウは1頭も見かけませんでした。
 どうも、世間知らずは私のようだったみたいです。^^;
ツマグロヒョウモン
 このチョウは近付くと敏感に逃げてしまうのに、手乗りまで見せていただきました。
 魔法は使えません。不器用です。
 で、私にできること、低空飛行ですが一応翔んでいます。(^^ゞ さすがに、トリミングしました。
 
ウラナミシジミ(シジミチョウ科)
ウラナミシジミ
 目ぼしいと言えばこのチョウですが、我が家でも最近ちょこちょこ見かけるようになりました。
ウラナミシジミ
 開翅してくれました。↑ の写真は周囲の色合いが気に入りましたのでトリミングしていませんが、こちらは少し小さかったためトリミングしました。
 ほかには、キチョウとヤマトシジミくらいでした。

関連記事

タグ: ヒョウモン  シジミチョウ科 

Comment

No:1055|ほらね!
こんにちは。
花の苗、たくさん買われたのですねぇ~
これから春まで、パンジーやビオラが咲くのですね。いいなぁ~
パンジー42株、ビオラ18株・・・それって、すごい数ですね!
地植えですか? それともプランター?
近年は、寒さに強く冬でも大丈夫な品種が多く出回っていますから、
信州でも今頃からパンジーなどを植えるお宅が増えています。
我が家? 雪の下になっちゃって可哀想だから、うえない・・・

イベントそっちのけで、蝶探しですか?
蝶にどっぷりとハマってしまいましたねぇ~(笑)
ツマグロヒョウモンを、みっけたのですね。
ほらね、やっぱりツマグロヒョウモンはいたでしょう!
(な~んて、鬼の首でもとったような気分だわぁ♪)

すみれだけでなく園芸用のパンジーやビオラも。
ツマグロヒョウモンの幼虫の食草のようですから、
来年はお庭にツマグロヒョウモンが集まるかもしれませんね。
産卵して、羽化して…と、来春からも観察に撮影にと忙しい日々が待っているかもね!

手乗りの魔法・・・
こんな素敵な飛翔写真が撮れるんですもの、それだけで満足してくださいな!
魔法なんて使う必要ないですね(^_-)-☆

ウラナミシジミ、やっぱり可愛らしいですねぇ~
No:1056|みさとさん
パンジーは花壇、ビオラは一部は大鉢、残りは花壇になりそうです。
当地は雪がほとんど降りませんが、寒さは厳しく、GW頃まで晩霜の心配をしなくてはなりません。何とか、春過ぎまで生き延びてほしいと思っています。
むしろ雪の下の方が、寒さよけ、凍結防止になるので、生育障害にはなりにくいですよ。

もう、建前だけは、すっかり蝶屋(梅酒かい!)です。これからチョウの姿が見えなくなると、鳥追いに変身の予定ですが、未練が残るでしょうね。

>ほらね、やっぱりツマグロヒョウモンはいたでしょう!
>(な~んて、鬼の首でもとったような気分だわぁ♪)
は~い、はい。たまには、鬼の首でもとらせてあげないと、ここ10日ばかり指をくわえてばかりでしょうから・・・私の首をとられたら、帽子をかぶるとき困りますが・・・

今春、パンジーは種から育てて植えていました(タグの育苗ポチ)。ツマグロヒョウモンは、♀を5/13(記事は10/8)に、♂を5/20に見ていますが、いずれも通路のタイル上でウロウロしていましたので、パンジーとのつながりには気が付きませんでした。
たくさん来てくれると、なんやツマグロかとなるのも、良し悪しです。

魔法が使えるようになれば、初めのうちはともかく、だんだん面白くなくなるでしょうね。
下手くそが四苦八苦して、恐る恐る結果はこれだけ!が、きっと楽しいのでしょう。
No:1058|No title
ヒョウの恩返し…このタイトルより、おっっ・・・「豹の恩返し」、それとも、「雹の恩返し」・・・ならば、どんな「恩返し」があったのかと想像しましたよ。
所が、「蝶:ヒョウ」の恩返しだったとは・・・さすがですね。
私も撮影しなくては…と、言っても、遭遇すればですがね。
それにしても、我が屋ならともかく、種まき栽培主義のuke-enさんが苗の購入なんて驚きましたよ。
しかも、この時期に沢山・・・我が家なんかは、早くても11月中旬の植え付け予定ですよ。
周囲に惑わされずマイペースで行かなくては(笑い)。
No:1060|kucchan さん
ツマグロヒョウモンの♀は、以前kucchan さんちでも載せられていましたね。色数は少ないですが、♀に劣らず、♂も結構鮮やかなチョウですね。

今年は、秋播きはデルフィニュームとラグラスをほんの少しにしました。小苗では、寒さに強くても、冬を乗り切るのは厳しい気がします。
ですので、早めに苗を調達し、土にしっかり定着させ、そのエネルギーで冬を乗り切ってくれないかなと思っています。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する