蝶いろいろ(2の2 シジミチョウ科編)

 
 未明、間欠的に滝のような音がして雨が降りました。
 雨量としては、3:00までの1時間に13mm、4:00までに9mm、累計は1:00から4:00までの3時間に25mmですから大したことはなかったのですが、怖い思いをしました。

 しとしと雨の朝方は21℃、日中は降ったりやんだりで、午後3時前から陽が射し始め、最高気温は夕方に27℃となりました。




 そんなお天気でしたから、本日はチョウパトは中止しました。
 6/21以降の積み残し、↓の続きです。
 
 
ルリシジミ(♀ シジミチョウ科ヒメシジミ亜科 2017/6/22)
ルリシジミ
 我が家の敷地の大クヌギ付近のワラビ畑で、ルリシジミが開翅していました。
 
ルリシジミ
 翔ばれて、そちらへ近づいても開翅してくれましたが、少し角度が足りません。
 右後翅の緑毛に小さな欠けが見られますが、滅多に開翅してくれないルリシジミ♀の開翅姿はつくづく美しいと思えます。

 ところで、我が家のワラビ畑は日当たりがよすぎてワラビの生育も不揃いな上、丈の高い草も多いので見通しが悪いのか、この場所でダイミョウセセリがテリ張りしているのを見たことがありません。
 ですから、樹木に囲まれたお隣のワラビ畑に侵入するのです。(^^ゞ
 
 
ウラナミシジミ(産卵 シジミチョウ科ヒメシジミ亜科 2017/6/28)
ウラナミシジミ産卵
 庭のスイトピーで、ウラナミシジミが久しぶりに産卵していました。
 すぐ下の蕾に卵が見えます。
 
 
ベニシジミ(シジミチョウ科ベニシジミ亜科 2017/6/26)
ベニシジミ
ベニシジミ
 東の畑のホウズキの葉上で見かけました。
 羽化不全のようで、右の前後翅がひどく傷んでいます。
 
ベニシジミ(2017/6/28)
ベニシジミ
ベニシジミ
 同じ東の畑のヒャクニチソウで吸蜜中です。
 ↑から2日後のことで、羽化不全個体が生き続けられるのかの疑問は残りますが、同一個体のように思えます。
 今回の写真から、後翅中央の傷んだ部分と前翅が癒合したため羽化不全になったものと考えられそうです。
 
 
ムラサキシジミ(♀ シジミチョウ科ミドリシジミ亜科 2017/6/29)
ムラサキシジミ
 ムラシ・ポイントで見かけました。
 右前翅外縁に小さな欠けが見えますが、比較的傷みの少ない個体です。
 
ムラサキシジミ(♂ 2017/6/29)
ムラサキシジミ
 同じ日にムラサキ・ポイントで見かけました。
 一化♂と思われる個体のまともな開翅シーンは今季お初です。
 比較的傷みの少ない個体ですが、右後翅外縁が少したくれたようになっていて、これも羽化不全かなと思わされます。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: シジミチョウ科  産卵  羽化不全  ムラサキシジミ 

Comment

No:9418|シジミ蝶
お早うございます。

いろいろですね。

ベニシジミは、ばっちりですが、後は、覚えきれません。
めがよわいもので、この大きさの蝶は、見つけにくいです。
マリーゴールド、百日草が沢山咲いてくれると、目の前に来てくれるのですが。
No:9419|ムラシ夏も輝く
ムラサキシジミは
冬の日溜りに登場する
越冬チョウの「真打ち」ですが
初々しいこの時期も
やはり綺麗ですね!
No:9421|
ルリシジミの♀って、こんな色だったのですよね。
今までに見たのはブルーの翅がほとんどで、♀の翅色は記憶にないです・・・
…でね、一昨日飛翔姿がこの写真と同じ蝶に出会い、
これは今までに見たことのない「初見の蝶」だと思って、必死で追いかけました。
産卵してる姿を見て、ルリシジミの♀だとようやく気付いた次第です。
産卵シーンは撮影できたけど、開翅はしてくれませんでした・・・
ルリシジミの♀は美しいですねぇ〜 わたしも開翅姿を撮影したかったですよ〜

お庭のスイートピーへの産卵でしたら、幼虫の観察もでき、
蛹も見られるかもしれませんね。
…と、かる〜くプレッシャーをかけたりして・・・

ムラサキシジミは、♂♀共にきれいですねぇ〜
No:9422|
こんばんわー

ルリシジミ♀の翅は、この様な色なのですか。
私の頭は「ルリシジミ=ブルーの翅」でしたから・・・
この様な色の翅が居たら撮影しなくては。
ベニシジミは、最近になり良く出会うようになりました。
今日はイチジクの葉っぱに止まってましたが、撮影はパスしましたよ。
ウラナミシジミとムラサキシジミは、相変わらず出会う事が
出来ません。
昨日はアゲハがデポコンの実や葉に産卵してました。
更には、傍のヤツデの葉にも産卵・・・間違って産卵したのでしょうか。
そして、昨日・・・アゲハの幼虫が葉っぱより落下してました。
まだ、息をしてたので葉に戻してやりました。
今日、確認したら元気でした・・・なぜ落下したのか不思議です。
No:9423|mcnj さん
土手にはヒメジョオンは咲いていませんか。野草ですから草引きの対象になってるかもしれませんが、ヒョウモンなども立ち寄りますよ。
ブッドレアを一株植えると、手入れは冬場に切り詰めるだけでいいですから楽チンですよ。
No:9424|ヒメオオさん
当地の寒さが厳しいのか、晩秋にはたくさんのムラサキシジミを見ても、冬は暖かい日すら姿を見せてくれません。
となると、新鮮な一化の開翅姿が当方の真打ちですね。

No:9426|みさとさん
今季はルリシジミが例年より多い気がしますが、ヤマトシジミやツバメシジミなどが少ないから目につくのかも知れません。特に今頃ムラサキシジミのポイント(=ゼフのポイント)を重点的にパトしているから、樹上性の傾向のあるルリシジミが余計目立つのかもしれません。
必然的に、気にかけている♀を見かけることも多くなり、1枚目のような写真になりました。

スイトピーでウラナミシジミの幼虫から羽化まで観察したいのは山々ですが、野菜畑(=乗っ取られた花畑)の一角ですから、おおむねの花が終わるといつの間にかバッサリが例年のことで、幼虫すら見たことがありません。

ところで、信州は大雨のようですが大丈夫でしょうか。これまでの記事から、ご邸宅の周囲には土砂崩れを心配するような崖などはなさそうですが、そればかりじゃありませんからくれぐれもお気をつけくださいね。
No:9427|kucchan さん
ルリシジミなんてkucchan さんちでも見慣れたチョウですよね。それでもこんな翅表をご存じないのは、滅多に開翅してくれないからです。
開翅してくれても大抵はチラ見せから半開翅までで、ずっと気にかけている私でも、1枚目のような平開に近い姿を撮影した記憶がありません。

ヤツデとデコポンの枝が擦れ合うような状態なら、ヤツデで孵化した幼虫がデコポンに移る場合も考えられますが、運次第ですね。お助けの手を差し伸べず、どうなるかを観察できればいいのでしょうけれど・・・
アゲハの仲間の幼虫は案外つかまる力が弱いようで、多分太めの枝を移動中に強風など衝撃があると落下するのでしょうね。当方でも、鉢を移動した際クロアゲハの幼虫が鉢の縁に落ちたことがありましたが、いつの間にか戻っていました。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する