庭の初蝶(越冬蝶(2017-No.3))

  
 
 朝方は5℃、雲が広がって陽射しも少ないのに気温はグングン上昇し、最高気温は19℃に達しました。



 午前中はパトロールに出られなかったため、午後になりましたが、翔んでいたチョウはチラホラでした。
 
 
キタキチョウ(秋型 シロチョウ科モンキチョウ亜科)
キタキチョウ
 吸蜜もほとんどしないので、例のとおりパシャパシャやってみましたがゴミの山、まぁましなのがこの写真です。^^;

 裏の畑や東の畑、庭でも都合数頭見かけましたが、今冬に越冬個体を全て見失っていたのにこれだけ出てきたのは、私の探し方がまだまだということなのでしょうね。


[越冬蝶出現(初撮)日一覧表]
 20172016201520142013
 月日 順 月日 順 月日 順 月日 順 月日 順
ムラサキシジミ 3/27 1 3/31 6 4/24 6 3/17 3 3/9 4
アカタテハ 3/29 2 3/21 4 3/22 4 3/12 1 3/9 4
キタキチョウ 3/30 3 3/5 2 3/17 1 3/17 3 3/7 3
テングチョウ   3/4 1 3/17 1 3/12 1 2/28 1
キタテハ   3/5 2 3/22 4 3/17 3 3/6 2
ウラギンシジミ   3/29 5 3/21 3 3/28 6 8/26 6
ヒオドシチョウ   4/15 7 5/30 8 6/4 8  
ルリタテハ   7/3 8 6/3 9 5/17 7 10/5 9
ヒメアカタテハ   10/14 9 8/14 11 6/13 9 8/27 7
ムラサキツバメ   10/19 10 8/16 12 10/7 10 
イシガケチョウ     4/27 7    
クロコノマチョウ     7/11 10    
※ 我が家周辺で過去5年間に見かけた成虫で越冬するチョウを、今季の初撮日順
 で整理しています。
  今季まだ見かけていない場合は、原則として昨季の初撮日順です。
 
 
 
ムラサキシジミ(シジミチョウ科ミドリシジミ亜科)
ムラサキシジミ
 一方、2頭が同一場所で越冬しているムラサキシジミのうち1頭の姿が見えなくなっていて、夕方になっても帰って来ませんでした。
 この暖かさで越冬を終えたものと思われます。
 
 
アカタテハ(タテハチョウ科タテハチョウ亜科)
アカタテハ
 庭の初蝶はアカタテハになりました。
 コツバメご用達の鉢植えのアセビで熱心に吸蜜していました。後翅の両方に同じような欠けが見られます。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: シロチョウ科  蝶(越冬)  ムラサキシジミ  タテハチョウ科 

Comment

No:8990|
ムラサキシジミ無事越冬明け確認出来ましたね。
さっそく越冬チョウも3頭の確認ですね。
昨日、野山を散策中にモンシロチョウ10数頭とキタキチョウ2頭そのうえ、ルリ?ヤマトシジミ1頭確認出来ました。
当日は日中20度と暖かかったのでチョウも活発に動いていました。
しかし、我家近くではまだチョウの姿は確認出きてませんよ。
No:8991|hitori-shizuka さん
今季のチョウ出現時期の遅れはやはり気象条件によるもののようで、当地で見かけた新生蝶、越冬蝶各3種の過去7季(2011から)の記録を参照しても、今季が一番遅い訳ではありません。

某国大統領が言うように、温暖化は幻想なのでしょうか。^O^
No:8992|
こんばんは。
最高気温が19℃にもなれば、ムラサキシジミもお目覚めですよね。
でも、寝坊助ムラシさんはまだご在宅のようで・・・

我が家のキタキチョウさんも、昨日いなくなりました。
一度フライングをしてますからちょっと心配なのですが・・・
昨日はこちらも今年一番の暖かさで、最高気温は14℃でしたから、
今度は越冬明けということなのだと思います。
ご機嫌で飛び出したはいいけれど、今外は雪です・・・

アセビの花とアカタテハ・・・美しいですねぇ〜
昨年我が家でも、コツバメご用達に小さなアセビを1本植えたのですが、
雪の重みで枝は折れるし、蕾が付いてるけれどそのまま黒くなっちゃうしで、
今年はコツバメさんのお役に立てそうもありません。
No:8993|みさとさん
寝坊助さんもそろそろなのでしょうが、昨日は一日雨、本日は曇り空で午後晴れても気温は上がらないような予報です。

そちらのキタキチョウも越冬明けとは思いますが、他の個体が翔んでいたら越冬時期終了、後はその個体の動向によるという考え方でいます。雪が降るようなお天気なら、日中でもどこかでぶら下がっているのじゃないでしょうか。

ご覧のとおり、我が家のアセビも鉢植えの方は花穂が少ない上、蕾が密についていても落ちたりして歯抜けになる状態です。地植えも2株は枯らして残ったのは1株だけ、花穂は多いですが蕾の状況は似たようなものです。
No:8994|越冬蝶
お早うございます。

ムラサキシジミ、無事に、飛び立っていきましたか。
ほんとうに、よかったですね。

もう、ここまでくれば、大丈夫でしょう。

アカタテハも、出てきましたか。
これから、賑やかになりますね。
No:8995|mcnj さん
ムラサキシジミが翔び立つと、よかったよかったと思う反面、長いおつき合いでしたからムラシ・ロスの感もありますね。

ボツボツチョウを見かけるようになっても、晴れ間がなかなか広がらず、気温もそれほど上がりません。らしい春はいつになるのでしょうね。
No:8996|アカタテハ越冬明けとは思えない
最後のアセビで吸蜜する「アカタテハ」
越冬明けとは思えない美麗個体ですね!
「ムラサキシジミ」も無事越冬出来たよ
うで羨ましいです。
No:8997|
こんばんわー

uke-enさん宅の「庭の初蝶はアカタテハ」でしたか。
我が家は、キタテハでした。
アセビにアカタテハとは・・・羨ましい。
我が家の鉢植えのアセビ(赤色)は、既に、咲き終わり
散ってる状態です。
これでは、蝶を呼びつける為に植えつけた意味がなくなりましたよ。
No:8998|ヒメオオさん
このアカタテハは肛角付近に欠けが見られますが、それ以外は傷みが少ないようです。越冬中のアカタテハを見たことがありませんが、越冬場所を移動するキタテハとは異なり、どこかでひっそりと越冬しているのでしょうね。

昨日の記事のとおり、ポイントではムラサキシジミがボツボツ姿を見せるようになりましたが、多分長いつき合いの個体はまだジッとしています。
No:8999|kucchan さん
キタテハはまだ見かけていません。これまでは全て3月までで中には2月という年もあったのですから、全部が全部死滅したわけではないでしょうし、どうなったのだろうと不思議です。

庭のアセビは盛りを過ぎて花色が茶色になりつつありますが、鉢植えは花数が少ないにしてもこれからが満開です。コツバメ用ですから早く来てくれないかと首を長くしています。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する