オン・シーズン?(新生蝶2017-No.2-3)

 
 朝方は曇り空の2℃、日中は曇り時々晴れで、最高気温は13℃でした。



 こんなお天気でしたから、一応というスタンスでパトロールに出ました。
 
 
ルリシジミ(♂ シジミチョウ科ヒメシジミ亜科)
ルリシジミ
ルリシジミ
 裏の畑で見かけました。
 ルリシジミの出現時期は下表のとおりほぼ3月下旬に集中しており、例年並みといったところでしょうか。
 
 
モンシロチョウ(左:♂・右:♀ シロチョウ科シロチョウ亜科)
モンシロチョウ
 下隣の畑で♂が♀をしつこく追いかけていましたが、結局成立しませんでした。背景の赤い棒は、イノシシなど除け電気柵の支柱です。
 
(♂)
モンシロチョウ
 
(♂)
モンシロチョウ
 我が家周辺では、同着の場合はあっても、モンシロチョウは連勝街道ばく進中でしたが、時系列でいえば3着になってしまいました。これまでで一番早かった昨季より2週間遅れですが、2012には3/27という記録もあります。


[2017 新生蝶初見(初撮)日一覧表]

 20172016201520142013
月日 順月日 順月日 順月日 順月日 順
モンキチョウ 3/22 1 4/6 6 4/24 3/28 3/25
ルリシジミ 3/23 2 3/21 3 3/20 3/28 3/17
モンシロチョウ 3/23 2 3/8 1 3/20 3/16 3/16
ベニシジミ   3/17 2 4/15 3/25 3/16
ヤマトシジミ   4/4 4 4/26 12 4/9 4/10
コツバメ   4/5 5 3/22 4/3 3/19
アゲハ   4/9 7 4/16 3/29 3/30
ツバメシジミ   4/9 7 4/24 4/12 10 4/1
ツマキチョウ   4/9 7 4/17 4/10 4/2
ヒメウラナミジャノメ   4/10 10 4/24 4/26 12 4/15 10
トラフシジミ   4/12 11 4/12 4/14 11 4/16 12
キアゲハ   4/20 12 5/6 16 5/6 15 6/9 16
スジグロシロチョウ   4/20 12 4/25 11 4/27 13 4/15 10
ツマグロヒョウモン   4/20 12 5/4 14 5/11 17 5/13 14
クロアゲハ   4/26 15 5/5 15 5/6 15 5/13 14
アオスジアゲハ   4/30 16 5/4 14 5/7 17 5/8 13
コチャバネセセリ   5/12 17 4/26 12 4/27 13 6/27 17
ミヤマセセリ       3/31 5/8 13
※ 我が家周辺で2011年からの各季の4月末までに見かけた新生蝶を、今季の初見日
 順で5箇年分を整理しています。
  今季まだ見かけていない場合は昨季の初見日順です。
  ただし、初見が5月以降の場合、この18種内での相対的順位を表示していること
 があります。
 
 
モンキチョウ(♂ シロチョウ科モンキチョウ亜科)
モンキチョウ
 裏の畑で1頭だけ見かけました。昨日と同一個体かも知れません。
 
 
ムラサキシジミ(シジミチョウ科ミドリシジミ亜科 13:24)
ムラサキシジミ
 一番暖かかった時刻に確認しても、2頭とも角つき合わせてじっとしていました。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: シジミチョウ科  シロチョウ科  蝶(越冬)  ムラサキシジミ 

Comment

No:8964|越冬蝶
お早うございます。

賑やかになってきましたね。

こちらでも、探せばいるのでしょうが、
目が弱って来て、苦労してます。

先日まで、ようやく、モンシロチョウを納めました。
筋緊張アップの予定です。
No:8965|mcnj さん
おかげさまで賑やかになったのかと思いましたが、本日は風が冷たく翔んでいるチョウは皆無でしたよ。当地で春が本格化するのは、もっと先のようです。

目は弱ってくると辛いですね。私も強度の近視ですから、ファインダーをのぞいても、ピントが合っているのかどうか不安なことがよくあります。
No:8966|
こんにちわー

朝方の気温を除けば、ほぼ同じ気候ですね。
(我が地域の朝方は、もう少し高いです)
で、いよいよ、シーズン到来ですね。
今季は蝶の出現が遅いと嘆いておられた途端に
早々とルリシジミ、モンシロチョウ、モンキチョウ
が登場・・・さすが、uke-enさん地域です。
我が地域では、モンシロチョウ以降は、全然
見かけなくなりました。
不思議ですよ。
No:8967|3種揃い踏み
モンキチョウに次いで
ルリシジミ、モンシロチョウと
新チョウ続々登場ですね!
これから週末が、これまで以上
に楽しみです。
No:8968|kucchan さん
昨日の朝なんか0℃でしたし、最高気温は4日続きの13℃で、本日日曜日の朝は一面の曇り空、いつ雨粒が落ちてきてもおかしくない空模様です。
こんな状態ですから、3種は見かけても続きはいつなんだろうと疑念が湧いてきて、当面蝶園は休園中です。

季節の動きに早い遅いはあっても、何が出てくるのか楽しみではあります。
No:8969|ヒメオオさん
当地ではチョウ・シーズン未だしという感じですが、ヒメオオさんのブログでも新生蝶の記事をそれほど見かけないのでどうなっているのかなと思っています。
関東ではミヤマセセリがワンサカという話しを聞きますが、我が家周辺では比較的珍しいチョウで、ここ2季は見かけていないので指をくわえています。
No:8970|
こんばんは。
今日はこちら、朝からずっと雪が舞っていました。
なかなか気温が上がらないから、モンシロチョウの姿もまだですよ〜
例年だと、お彼岸中にはアチラへのご報告を済ませていたのですが、
どうやら今年は春が遅いようです。キタキチョウもまだ熟睡したまま・・・
そちらのムラサキシジミたちも、まだじっとしてるようですね。

そうでしたね、ルリシジミも早い時期に見かける蝶でした!
さすがは新生蝶、縁毛まですごくきれい〜 翅表の色も美しいですねぇ〜

今年はモンキチョウが一気に昇格して、
その代わりに、モンシロチョウは降格なのですね。
巷では「春は黄色から〜」なんてことを言うものだから、
黄色い方が、気を良くしてホイホイ出てきて、
白い方々は遠慮しちゃったのでしょう・・・
黄色でも白でもいい、新生蝶の初見が待ち遠しいで〜す♪
No:8971|みさとさん
過去5季ほど繰ってみましたが、そちらでも新生蝶のお初はモンシロチョウのようですね。(2011は分かりにくくて、スジグロシロチョウのようにも読めました。)
それも2012以降はずっと3月中とは、そちらはかなり寒いように思っていますが、中に暖かい日があってその際モンシロチョウが出てくるようですね。

先輩諸氏のブログを拝見していると、関東あたりではモンキチョウが一番手のように見受けられますが、実際のところはどうなのか分かりません。
No:8972|寒い
こんばんは。
お彼岸が過ぎたけれど寒いこと。
本日の(日付は変わってしまったけれど)最高気温はたったの8℃、最低気温は4℃。
TVでは山中湖方面の除雪風景を映し出していました。(気象庁のデータにあるのは河口湖に14cm。いつも山中湖はもっと降ります)

チョウのこと。
もうルリシジミも!
「お山の家」では見かけても ここ 我が家の付近では一度も見たことがないチョウです。

我が家。
3月23日に モンシロチョウを見ました!
2頭が仲良く舞っていました。今回は遠くからですが「証拠写真」を撮りました。





No:8973|take さん
当地の最低気温はそちらとさほど変わりませんが、最高気温は昨日まで5日続きの13℃、本日は14℃です。

>日付は変わってしまったけれど
ツッコミのつもりじゃなかったのですが・・・(ほんなら(そしたら という讃岐弁。ちょくちょく帰っているとすぐ染まる。そしたらも標準語じゃなさそう。)どういうつもりや!←これは自己ツッコミ、ね。)

そうですか、ルリシジミをご邸宅ではご覧になられたことがありませんか。シーズンになるとヤマトシジミと紛れているのかも知れませんね。ヤマトは眼がセピア色、こちらは黒ですから、そこを注意すると見つけやすいですね。
当地での出現時期は3月、ヤマトは4月ですからその辺でも異なっています。

モンシロチョウをご覧になったのであれば、3/18の記事内容に沿って「my蝶あるばむ」さんに連絡してあげてくださいね。代理をおおせつかるのであればそうさせていただきますが、甲府市でしたよね。
No:8974|
今年は野山に出かける回数が減っているので見かけたのはテング
チョウ位でした。
uke-enさんがこちらでモンシロチョウを確認したようですね。
そちらではもう3頭の新生蝶を確認しているのに未だにチョウの確認は有りませんよ。
先週の土日は日中ほとんど裏の菜園場に居ましたが花が無い畑ではチョウも寄り付いてくれなんでしょうね。
No:8975|hitori-shizuka さん
最近のように寒かったりお天気がスカッとしないと、出不精の私は出かける気が失せてしまいます。

香川を訪れた際たまたま見かけたモンシロチョウは、アブラナの周囲を翔んでいました。
我が家の庭にも大した花がない時期なので、まだチョウは見かけていません。裏の畑の吸蜜源はオオイヌノフグリかヒメオドリコソウくらいでしょうか。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する