おひさまの恵み

 
 朝方は15℃、深更は寒くてそんなにあるようには思えませんでした。
 午前の早いうちは陽射しこそありましたがまもなく薄日になり、午前11時以降はずっと曇り空で陽射しが戻ることはなく、最高気温は19℃どまりでした。
 
 
ヒメウラナミジャノメ(♂ タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科 7:53)
ヒメウラナミジャノメ ♂
 陽射しのあるうちにとパトロールに出ると、裏の畑へ上がる道の崖面で日向ぼっこしていました。
 我が家周辺ではヒメウラナミジャノメが天下の時期もあり、チョウ探しのジャマになるほどですが、最近は全くと言っていいほど見かけず久しぶりです。
 
 
ヒメジャノメ(♂ タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科 7:59)
ヒメジャノメ ♂
 ムラサキ・ポイント付近を歩いていると、チャノキの間から翔び出してオオバベニガシワ?の葉上にとまりました。
 
(8:14)
ヒメジャノメ ♂
 長い時間とまったままだったので一回りして陽射しが戻った段階で確認すると、開翅していました。
 
 
ムラサキシジミ(シジミチョウ科ミドリンシジミ亜科 8:10)
ムラサキシジミ
 ムラサキ・ポイントから翔び出して、これもオオバベニガシワ?の葉上にとまりました。
 日向ぼっこだろうと思うのに、開翅してくれませんでした。
 
 
ウラギンシジミ(♂ シジミチョウ科ウラギンシジミ亜科 8:43)
ウラギンシジミ ♂
 ヒメジャノメを撮影していると、向こうの葉上で開翅していました。
 
 
ムラサキツバメ #1(♀ シジミチョウ科ミドリンシジミ亜科 11:30)
ムラサキツバメ
 ムラサキ・ポイントで見かけました。10/20と同一個体のようです。
 
ムラサキツバメ #2(11:36)
ムラサキツバメ
 同時に同じ木で見かけました。↑より一回り小さい感じです。

 陽が射さないためか、いずれも開翅してくれませんでした。ムラサキシジミの例を思い出してフラッシュを焚いてみましたが、ピクリともしませんでした。(^^ゞ
 ムラサキツバメを2頭同時に見たのは初めてです。


 本日はアサギマダラも見かけましたが、別記事にさせてもらいますね。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: ジャノメチョウ亜科  ムラサキシジミ  ウラギンシジミ  ムラサキツバメ 

Comment

No:8496|ヒメウラナミジャノメ
お早うございます。

まだまだ、沢山いますね。

こちらの土手の蝶は、めっきり少なくなりました。
これで、終わりかもしれません。
No:8497|mcnj さん
我が家の庭では、ヤマトシジミ、モンシロチョウ程度でチョウは少ないですよ。

玄関開けたら2分でポイントですから、探しに出ると残り少ない寿命を謳歌しているもの、余命あと1箇月ほどだから子孫を残したいとがんばっているもの、成虫越冬の準備で栄養を補給しているものなどが翔んでいます。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する