赤と黒、茶、茶茶、青紫

 
 朝方は22℃でしたが、寝苦しい夜でした。
 朝のうちは垂れ込めた雲の間から一時的に陽が射すこともありましたが、お昼前から降ったりやんだりの空模様となり、最高気温は26℃どまりでした。

 14:12に大雨・洪水注意報が発令され、20:00を過ぎてから激しい雨になりました。役場近くの雨量計では、21:00までの1時間雨量は10mm、降り始め(11:00)からの累計雨量は21mmとなっていますが、もっと多かった気がします。
 宇治市近辺では12時間累計雨量が130mmになっていて、雨雲が南下してこないか心配でしたが、21:30にとりあえず雨は上がりました。



 こんな日なのに、雨のやみ間を縫っていろいろ見かけました。
 
 
ミヤマカラスアゲハ(夏型 ♀ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
ミヤマカラスアゲハ夏型 ♀
ミヤマカラスアゲハ夏型 ♀
 黒系アゲハが続けざまに来ていたのに、ヒガンバナが咲いてからはさっぱり見かけないようになり、赤に黒は今季お初です。
 ここは下隣りの畑のヒガンバナで、やはり右側の尾状突起が欠けているなどかなり傷んでいます。
 
 
ミドリヒョウモン(♀ 暗色型 タテハチョウ科ドクチョウ亜科)
ミドリヒョウモン ♀
ミドリヒョウモン ♀
 花壇のブッドレアで吸蜜中ですが、敏感ですぐいなくなりました。

 ミドリヒョウモンの♀には、ヒョウモンの特徴である地色の黄土色が白く抜け、黒斑そのものも色褪せ気味の暗色型が見られます。
 異常型というものではなく、バッタの仲間の緑色型、褐色型のように別タイプという感じで珍しいものではなく、当方でも気づかず数回は載せていました。(^^ゞ
 通常型と見比べてください。
 
 
オオチャバネセセリ(上:♀・下:♂ セセリチョウ科セセリチョウ亜科 2016/9/27)
オオチャバネセセリ
 昨日、東の畑のヒャクニチソウでの求愛シーンです。
 
 
ムラサキシジミ(♀ シジミチョウ科ミドリシジミ亜科)
ムラサキシジミ
 ムラシ・ポイントで見かけました。
 
ムラサキシジミ(♀ 2016/9/27)
ムラサキシジミ
 こちらは昨日、ムラサキ・ポイントで見かけました。

 毎日のようにムラサキシジミを見かけ、ほとんどがあっさり開翅してくれます。ピカピカの個体はいませんが、6月までの開翅してくれませんでしたの連続が嘘のようです。
 そろそろ難しくなってきたので、個体識別は諦めました。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: 野草  アゲハチョウ科  ヒョウモン  セセリチョウ科  ムラサキシジミ 

Comment

No:8387|
こんばんは。
頂戴したコメント、「赤と黒」のタイトルの意味は想像通りでしたよ(^_-)-☆
前記事でヨダレものの豪勢なショットを拝見したばかりなのに、
(ヒガンバナでアゲハの求愛なんて、贅沢過ぎます!…)
今度は赤と黒ですか?
しかも、その黒がミヤマカラスアゲハとは・・・
これは花組、いや、uke-en組トップスターの共演ですね!
季節限定の素敵な共演(競演?)を、楽しませていただきました。

我が家のヒガンバナも、あっという間に満開になって、
すでに花の色が変色し始めたものが数本あります。
赤と黒、見せてほしいと切に願っているけれど、無理かなぁ~
あぁー、花の命は短くて・・・
無情にも、今日もまた雨・・・

ムラサキシジミの開翅姿、これも羨ましい限りです♪
きれいな色ですねぇ~
No:8391|みさとさん
先日のミヤマが今季の黒系アゲハのお初だそうですから、赤と黒はすぐご理解いただけると思いましたよ。
当方でも黄と黒はすぐ見られたので、赤と黒は楽チンと思ってたら、あれだけ毎日のように来ていた黒系アゲハが全く姿を見せなくなりました。ヒガンバナはほぼ一斉に咲くので、地域のどこかの群落に集まっていたのかもしれません。

ミヤマは我が家周辺では結構多いので、来てほしい黒系アゲハとしては、未見のオナガ、そちらでウジャウジャなのに今季まだ見かけていないジャコウと稀なナガサキでしょうか。

ミヤマがとまっているヒガンバナも白覆輪になっていますので、雨続きの中で当地でもヒガンバナは盛りを過ぎようとしています。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する