秋豹IIと花だより

 
 朝方は21℃、午前中は曇り空で一時陽が射すこともありましたが、お昼過ぎには雷鳴を伴い本降り、夜までやみ間もありながらの雨模様で、最高気温は25℃でした。
 雨の量は大したことがなく、午後9時までの24時間累計雨量は14mmでした。
 
 
 
ミドリヒョウモン(♀ タテハチョウ科ドクチョウ亜科)
ミドリヒョウモン ♀
 やみ間に花壇のブッドレアで吸蜜中です。空模様が気になったのか、すぐ引き上げました。

 2015/9/5、2014/9/15、2013/9/20、2012/9/25がミドリヒョウモンの覚醒時期でほぼ例年並みといえそうですが、♂に先行して♀を見かけたのは初めてです。
 
 
 
ヒガンバナ(ヒガンバナ科ヒガンバナ属)
ヒガンバナ
ヒガンバナ
 裏の畑の陽の当たる場所ではまだ花茎が立ってきた段階ですが、木陰などの場合はもう咲き始めています。
 
 
フジバカマ(キク科フジバカマ属)
フジバカマ
 
サワフジバカマ(キク科フジバカマ属)
サワフジバカマ
 裏の畑のフジバカマは3分咲き程度、サワフジバカマはまだこれからといったところでしょうか。
 アサギマダラの飛来時期にはまだ1箇月近くあり、おもてなしメインのヒヨドリバナは今夏の暑さと旱でかなり痛めつけられていますので、ゆっくり咲いて長持ちすることを期待しています。
 
 
オミナエシ(オミナエシ科オミナエシ属)
オミナエシ
 上部をシカに食べられたため、今盛りを迎えています。
 背景はザクロ(ザクロ科ザクロ属)で収獲時期を迎えていますが、手入れもしていないので食べられたものではありません。
 下部の白い花はニラ(ユリ科ネギ属)で、繁殖力が強くあちこちで団体になって咲いています。思いのほか美しいですね。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: ヒョウモン  野草  草花  果樹 

Comment

No:8357|花の数
この場のヒガンバナを数えると約30本
1株を設定して同じぐらいの株を数えます。
その数から限定した場所の総数を算定して総数を出します。
当方のように800m間、おこなって数えると約1時間かかり
その合計に主催者のその時の気持ちで発表します。
普通は20%アップします。
主催者発表の数字です。
No:8358|自然を尋ねる人さん
生徒さんたちにお願いして一斉に数えたとしても、3万本や10万本となると数え終わる頃には花が終わっていそうですね。
30本だと私一人で数えられそうですので、主催者発表の精度を実測してみますね。(^^ゞ

今のところ当方の台風16号関連の被害は、2鉢が倒れて少し土がこぼれた程度です。笑っていられるだけ幸せです。
No:8359|彼岸花
季節の節目通りに咲いてくれますね。

そろそろ、ヒョウモン蝶の出番でしょうか。

16号は、大雨を残して、去って行きました。
幸、あと少しのところで、どの河川も、洪水をまぬがれました。
No:8360|
こんにちは。
昨夜台風が無事に通り過ぎ、今日は待ってたかのようにヒョウモンが来ました。
フジバカマの横を通ると、アサギマダラよりもヒョウモンの方が多い!
そうそう、今日はブッドレアにミヤマカラスアゲハも来てくれて、
嬉しい台風一過となりました。
(青空が全くないから、台風一過とは言えないですね…)

そちらのフジバカマも、いい感じに咲いてきましたね。
きれいに咲いているから、つい拡大してアサギマダラの姿を探したくなります!
サワフジバカマも順調に色付き始めているようで・・・
サワフジバカマとフジバカマ、並んでおもてなしの準備完了ですね!
さぁー、あとはアサギマダラの飛来を待つだけ・・・

今日は10頭程舞ってますが、その中に今季初めて♀が1頭来てくれました。
そして、撮影ができずどこからの飛来かも確認できなかったけど、
マーキング個体も1頭いましたから、いよいよ南下組のようです。
でも、明日と明後日がまたまた雨マークで・・・
満開を過ぎたフジバカマが、いつまで持ち堪えられるか心配です。
No:8361|mcnj さん
この時期の彼岸花はひっそりと咲くにもかかわらず、季節感を強く感じますね。アゲハの仲間が訪れるからだけではなさそうです。

ヒョウモンが避暑から帰ってくるころですが、今季はどこかで道草をくっているのか少ないですね。今日も家内が裏の畑でヒョウモンを見たようですけど、残念ながら私は見てません。

台風16号の被害はそちらもなかったようで、ご同慶の至りです。
No:8362|みさとさん
台風16号が通り過ぎても曇り空で一時はパラパラ、めっきり秋らしい一日になりました。

このコメントを拝見して、アサギマダラは無理でもヒョウモンが見られないかとフジバカマに行ってみましたが、空振りでした。例年はヒヨドリバナか庭ブッドレアかマリーゴールドだったので、フジバカマにも注意しておかないといけないですね。
裏の畑でフジバカマが2かたまり、サワフジバカマが2かたまり、庭にサワフジバカマが1かたまりなので、ウロウロしなくてはなりません。

アサギマダラは2~3日続けて同じ場所を訪れることが多いので、是非マーキング個体を撮影してくださいね。いつかのように、またのっぺさんだったりして・・・
No:8363|
こんばんわー

台風16号・・・気づけば静岡浜松を通過後に
温帯低気圧に・・・
お蔭さまで我が地域は、風雨とも予想外に弱かったですよ。
で、今朝、庭に出るとお腹をすかした蝶が・・・
でも、これは、通路を通過した際に飛び立たれ気づき
撮影が出来ませんでしたよ。
で、今回は、園芸中心の記事みたいですね・・・
サワフジバカマは、我が家と同じ状態です。
一向に咲く気配がないので切り取ろうかと思ってました。
が、uke-enさんちの様子を拝見して待つことにしました。






No:8364|kucchan さん
チョウがいないと、チョウを呼ぶ花の記事になります。受身の園芸は、花が勝手に咲いてくれる受身だったはずですが、チョウを待つ受身になってしまっていますね。(^^ゞ

台風からみの記事は今ほど載せましたよ。そちらも被害がなくてよかったですね。

サワフジバカマはもう少し待ってくださいね。アサギマダラは無理でもヒョウモンやら何やらが来ますからね。
No:8365|
uke-enさんちのブットレアのように我家にも黒系アゲハやヒョウモンチョウが訪問してくれればいいのですが・・・一向に来てくれませんね。
ヒガンバナと言えばやはり燃えるような赤の群生が一番いいですね。我家の裏にも見られますがまだ咲いてません。
フジバカマの花も咲き始め、あとはアサギマダラの訪問を待つのみですね。
我家の花は先端がちじれたようになり、今年は花姿は楽しめないですよ。
鹿に食べられたオミナエシも沢山花をつけいい草丈になったのでは。
ザクロははぜた実は美味しそうですよね。
スーパーで見かけますが、食べた記憶は小学生の頃に数度しかありませんよ。
No:8367|hitori-shizuka さん
花壇のブッドレアは玄関を出たらすぐ目に入ります。居間からもブッドレアやペチュニアなどの花壇、マリーゴールドの花壇がある程度見通せますので、そんな関係でチョウをよく見かけるのじゃないかと思われます。
裏の畑のブッドレアやフジバカマなどはそうそう見に行かないので、チョウを見かけることはほとんどありません。アサギマダラの時期には一日に何度もパトするので、やはり違ってきますね。

明るい色の花に黒系アゲハの場合、カメラの周辺測光の機能で花が白飛びすることが多い(ウデ?)ですね。赤いヒガンバナならそんなことがまず起こらないので割に気楽に撮影できますが、花弁やしべなどが長くてチョウが隠されることが多いですね。(^^ゞ

ザクロは実家にもありましたが食べさせてくれず、一度食べたら(盗み食い?)命にかかわるような事態になったことがあるそうです。
敬意はよく覚えていませんが、祖母の遺言?でそれ以来最近まで食べたことがなく、半世紀たって食べてみても美味しいとは思えませんでした。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する