秋豹

 
 朝方は20℃、曇りがちで最高気温は29℃どまりでした。
 
 
 
メスグロヒョウモン(♂ タテハチョウ科ドクチョウ亜科)
メスグロヒョウモン ♂
メスグロヒョウモン ♂
メスグロヒョウモン ♂
 花壇のブッドレアで吸蜜中で、この方は白専門です。
 夏眠を終えて秋覚醒の初ヒョウモンです。

 例年のヒョウモン覚醒時期は、2015/9/5、2014/9/14、2013/9/17、2012/9/24で、メスグロヒョウモンについては、2015/9/12、2014/9/14、2013/9/17、2012/9/24がそれぞれ覚醒お初です。
 我が家周辺でのヒョウモン覚醒のトップランナーは、昨季を除いてメスグロヒョウモンということになっています。
 
 
 
ムラサキシジミ(シジミチョウ科ミドリシジミ亜科)
ムラサキシジミ
ムラサキシジミ
 庭の続きのムラシ・ポイントで見かけました。後翅に裂け目が見えたり、かなりスレが目立ちます。
 口吻を伸ばし、マテバシイ?の枯れ込んだ新鞘の萎れた葉をなめています。これまで見たことのないシーンです。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: ヒョウモン  ムラサキシジミ 

Comment

No:8339|
こんばんわー

メスグロヒョウモン・・・似てる蝶は見かけるのですが
ツマグロヒョウモンでは…と、無視状態です。
もしかしらら、メスグロヒョウモンかも・・・
ならば、気を付けて観察しなくては・・・。
ムラサキシジミは、今季、まだ、見かけてません。
頑張って撮影しなくては・・・。
No:8340|kucchan さん
当方でも数は少ないですが、ツマグロヒョウモンを見かけるようになりました。まだムシ状態まではいきませんが、♂の場合はツマグロヒョウモンかどうかしっかり確認します。
逃げられてから、あ~あということのないようお気をつけください。
No:8341|
こんにちは。
朝晩涼しくなってきた信州、今日の最低気温は16.6℃と、
思わず「寒っ!」となるような、涼しい朝を迎えました。
昨日は7時前に出勤してきたアサギマダラも、今日はまだ姿を見せてません。

いよいよ オレたちヒョウモン族 のお出ましですね。
そちらはメスグロさんだったのですね。
我が家では夏眠後の一番手はミドリさんで、8月31日でしたよ。
うっかり目覚めちゃったのか、フジバカマの蕾に顔を埋めたまま長時間眠ってた(笑)

今年のムラサキシジミは、8月初旬に一度出会ったきりです。
数年前にも他の場所で一度だけ・・・
そちらのように、ムラシ・ポイントが見つかればいいのですが、
どこぞから出稼ぎにでもやってきたような、そんな出会いでした。

「これまで見たことのないシーンです。」←ホントよく気付かれますねぇ〜
クロアゲハの求愛シーンの時もそうでしたが、
ただ撮影するだけじゃあなく、その画像をチェックして、
色んなことに気付かれたり疑問を持たれたりという、その探究心がすごいです!
No:8342|みさとさん
そちらはもうそんな気温ですか。そろそろ雪が・・・^O^

本日の記事に載せたマリーゴールドは雨の少なさで傷みが激しく、昨季のようなヒョウモンの賑わいは期待できそうにありません。それでなくても、チョウの出現状況が不順で、アサギマダラも大丈夫かと心配しています。

ムラサキシジミは今季順調です。当地では三化か四化か定かではありませんが、今季は越冬個体中でも集団越冬を何とか見たいものです。

>ホントよく気付かれますねぇ
珍しいものが見られるわけではないので、何かないかと鵜の目鷹の目です。気づいても理解できないことは多いですね。
ご承知のよううに、アラ探しはもっと得意です。(^-^)v

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する