ミヤマカラスアゲハ(新生蝶(2016-No.43))

 
 朝方は18℃、3日続きの20℃割れで起きぬけは寒いくらいです。台風10号以降、朝夕だけはめっきり秋らしくなりました。
 とはいうものの、日中は陽射しが強く、風もほとんどなかったため、最高気温は33℃に達しました。



 暑さが戻ってくると、庭では黒系アゲハ程度しか見かけなくなります。
 
 
ミヤマカラスアゲハ(夏型 ♀ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
ミヤマカラスアゲハ 夏型 ♀
ミヤマカラスアゲハ 夏型 ♀
ミヤマカラスアゲハ 夏型 ♀
ミヤマカラスアゲハ 夏型 ♀
 庭のブッドレアやニチニチソウで吸蜜し、一旦いなくなってもまた戻ってきていました。
 もうヨレヨレ、何があったのかと思わされます。

 ミヤマカラスアゲハは、2015/6/20、2014/6/16、2013/6/25、2012/5/5、2011/6/27がそれぞれお初です。
 2012は春型でしたがその後は春型を見かけず、気をつけてはいたのですが夏型の走りの時期をずい分過ぎてしまいました。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: アゲハチョウ科 

Comment

No:8294|ミヤマカラスアゲハ
綺麗ですね。
新生蝶でしたか。
No:8295|
こんにちわー

ミヤマカラスアゲハ・・・この翅紋は我が家庭でも
見かけたような気がしますが・・・。
今度、見かけたならば絶対に撮影しなくては・・・。


No:8296|mcnj さん
この状態でも美しさの片鱗がうかがえると思いますが、新鮮なものなら黒系アゲハの中ではとび抜けた別嬪さんです。

新生蝶とは今季羽化したものと言う意味で使っていて、対比する言葉は越冬蝶です。越冬蝶でも越冬個体は今頃いませんが、今季羽化したものでも区分として越冬蝶としています。
No:8297|kucchan さん
深山ですから少しは高いところで見られます。関東の平地では見かけることが難しそうなので、ご覧になられたのはそっくりさんのカラスアゲハかも知れませんね。
我が家でも標高は200m程度ですが、今季は別にしてミヤマのほうが多いですね。
No:8298|
こんばんは。
カラスアゲハかミヤマカラスアゲハを、庭で見かけることはあるけれど、
なぜか今年は花に止まることなく、さっさと通過してしまいます。
オニユリは無視、オイランソウにも目をくれず…の夏でした・・・
今は、ブッドレアを横目でチラ見して飛んで行ってしまいます。

初見日を見れば、今年はかなり遅い出会いだったようですね。
翅は相当傷んでいるようですが、
それでも最後の写真では、ミヤマカラスの輝きを見せつけてますね♪

カラスアゲハでもいい、ミヤマカラスアゲハならなおいい、
そんな出会いがまだあるでしょうか・・・
No:8299|
後翅が半分位欠如した状態でも十分に飛べるんですね。
飛べなければ生死がかかっているので必死かも。
素人の私には2枚目の写真は傷みの無い綺麗なチョウのように見えます。
私は、今年は昨年に比べ、野山に出かける回数が減っています。
黒系のアゲハには時々出会うのですが撮る前に移動され、まともな写真は1枚も撮れてませんよ。
No:8300|みさとさん
我が家でも猛暑になるまではほとんどとまってくれなかったのですが、吸蜜源がほかに少なくなったからか黒系アゲハだけはよく来てくれるようになりました。
ただ、お隣でキバナコスモスの間にノウゼンカズラが咲いたら、誘引力の違いかそちらが主になっているみたいです。

ミヤマカラスアゲハは、我が家では例年9月中旬頃までは見かけます。やはり夏型ですが、案外傷みの見えない個体もいますよ。一番遅い記録では10/10というのがありました。
No:8301|hitori-shizuka さん
アゲハでは、後翅が全部欠損していても翔んでいるものを見たことがあります。ただ、翔び方には違和感がありましたし、そういう例をほとんど見かけないということは、生き延びる確率が極めて低いことの表われのような気がします。
No:8302|痛んでいても
多少の痛みがあるものの
腐っても鯛
「ミヤマカラスアゲハ」は、
やっぱり綺麗ですね!
No:8303|clossiana さん
森林総合研究所の森林生物情報

https://www.ffpri.affrc.go.jp/labs/seibut/bcg/bcg00161.html


ありんこ日記のアリとの関係とアブラムシの捕食

http://blog.livedoor.jp/antroom/archives/51256044.html

http://blog.livedoor.jp/antroom/archives/51261290.html
No:8304|ヒメオオさん
鯛の刺身は獲ってすぐより3日くらいが美味しいように思いますが、チョウは羽化まもなくに限りますね。
当地では例年9月中旬までは見られますので、せめて傷の見えないものをと期待しています。
No:8305|12号台風は
雨だけ連れてきた良い台風でしたが今後もどんどん台風が生まれるようです。
8月の高温が38℃レベルですから台風も900hPaが来てもおかしくないと思います。
昨日の雨の降る前蝶が塀近くの木密集地の葉に止まっていたのが印象的でした。
証拠はボケボケで鳴く鳴くぼつです。
No:8306|自然を尋ねる人さん
消防庁のまとめた台風12号の被害状況(第23報)では、死者6名、重傷者14名、住宅全壊14棟、半壊162棟、床上浸水1648棟などとなっていますね。

半分以上寝ていたのか、ん?とは思ったものの・・・
多分2013のもので、今回はありませんね。失礼しました。(9/6訂正)

台風もそうですが、雷や竜巻も頻発するのが平常の時代に入ったと思いますので、異常異常で対策を逃げてはいけませんよね。
そう偉そうに言う私でも、昨日のNHKのMEGA CRISISを視て、最高レベルの温暖化対策を講じても平均気温が4℃上昇するのは必然との内容にあ然としました。

チョウのそんな珍しい生態は、程度にもよりますが例えピンボケでも載せてくださいね。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する