夏の花

 
 朝方は22℃、陽射しが強く、最高気温は33℃でした。
 
 
 
ナツズイセン(ヒガンバナ科)
ナツズイセン
 東の畑で、フキやシュウメイギクの葉から花茎を立てています。今花茎は1本ですが、もう少しは出てくるのでしょう。
 
 
ヒオウギ(アヤメ科 2016/7/27)
ヒオウギ
 これも東の畑です。アゲハが吸蜜に来ていました。
 周囲でヒャクニチソウが花盛りです。
 
 
エノコログサ(イネ科 2016/7/27)
エノコログサ
 午前7時過ぎで、庭の花壇のエノコログサをヤマトシジミがベッドにして、まだ寝ぼけ中でした。

 花穂が垂れていますが、まだアキノエノコログサではなく、エノコログサだろうと思います。
 花壇にどうしてエノコログサがあるか、深くは追求しないでくださいね。(^^ゞ




 さて、チョウですが、パトロールしてもほとんど成果がなく手抜き気味です。
 
 
クロヒカゲ(タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)
クロヒカゲ
 ジャノメ・ポイントで見かけました。今季6/15のお初以来で久しぶりです。
 前翅頂に大きな欠けがありますが、後翅を見るとほとんど傷みが見えないので二化個体と思われます。
 
 
サトキマダラヒカゲ(夏型 タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)
サトキマダラヒカゲ
サトキマダラヒカゲ
 母屋の東側の窓の脇のモルタルにとまっていました。翔んでいると明るい黄色に見えるほどで、二化の夏型と思われます。

 この場所は、母屋と離れの間で、一日陽が射しこまず風通しもよくて、最高最低温度計を置いている場所です。サトキマダラヒカゲは、口吻も格納したままで、逃げても戻ってきてジッとしていたので、ここで涼んでいるように感じました。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: 草花  野草  アゲハチョウ科  シジミチョウ科  寝相  ジャノメチョウ亜科 

Comment

No:8200|撮れない時は
いくら遠征して探し回っても、撮れない時は
撮れないですね!
昨日、栃木県山中まで出かけてきましたが、
ほとんどチョウに出逢えませんでした(涙)。
No:8201|ヒメオオさん
フィールドで蝶友に会われるなんて羨ましいですね。そもそもチョウ観察の方なんて地域にいませんし、誰かに会うと怪訝そうな顔をされるだけですよ。^^;

この時期、関東の山の中でもそれほど涼しいとは思えないのですが、当地も本日は猛暑日でパトに出る気もしませんでした。
No:8202|アゲハ
飛翔のアゲハを、綺麗に撮られましたね。
お見事です。

結構、蝶の写真をゲットされてますね。
No:8203|mcnj さん
撮影する花を物色しているところにアゲハが翔んできた格好で、狙ったものならアゲハがもう少し大きくなってるのでしょうね。

チョウはこれで4日分ですから、今季は例年からすると種類も数も減っている印象です。
No:8206|
色々なビークマークを見てきましたが、前翅のこの部分は飛翔には重要な部分ですので、よく生き延びられたものだと感心しました。恐らく間一髪だったのでしょうが俊敏なクロヒカゲに拍手喝采です。
No:8211|clossiana さん
後翅がまるまる欠けても翔んでいるチョウは見かけますが、前翅の役割はそうなのでしょうね。これでもちゃんと?逃げられました。
見たときは、折角の美しい姿をこんなにしてという感覚しか持てませんでした。(^^ゞ

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する