どっこい生きている

 
 朝方は14℃、昨夜来の雨がお昼過ぎまで残っていました。午後には雨も上がり、最高気温は21℃、夕方近くには薄日が射すようになりました。



 ムラシ・ポイントの通路沿いは枝打ち程度ではなく伐採に近い状況で、ところによっては向こうが透けて見える状態でした。
 アカシジミやムラサキシジミなどが何とか生き残っていて欲しいと探してみました。
 
 
ムラサキシジミ #1(シジミチョウ科ミドリシジミ亜科 15:18)
ムラサキシジミ
 何度も足を運び、進入路沿いの切り払われた枝が積まれた場所で見つけました。
 写真には写っていませんが、この周りには伐られた幹もゴロゴロしていました。
 
ムラサキシジミ #1
ムラサキシジミ
 翔んだら鮮やかな青紫色が見えました。
 
ムラサキシジミ #2?(17:47)
ムラサキシジミ
 #1の2時間半後、こんな遅い時刻に見かけた記憶がありません。
 左右の翅裏の斑紋は必ずしも同じではないことがあるので見比べるのは無理がありますが、欲目も含めて別個体のように見えます。(^^ゞ
 
 
アカシジミ(シジミチョウ科ミドリシジミ亜科)
アカシジミ
 こちらも残っていてくれました。
 この場所は我が家の車庫前の続きで、避難してきたのでしょうか。
 切り払われていないこの木が立っている場所は敷地境界付近の下隣の敷地で、希望的観測ではありますが、この辺りは当分切り払われないのではないかと思っています。
 
(18:02)
アカシジミ
 高い木に移動して、葉陰で小刻みに体を動かしています。
 遠くて暗く空抜けですから腹部を曲げているのかどうかすら確認できませんが、思うに、産卵して腹端を何度も卵にこすりつけているのではないかでしょうか。(^^ゞ


 いずれにしても、ムラサキシジミやアカシジミが生き残っていてくれたのは大いに喜ばしいことです。
 
 
クロアゲハ(♀ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科 17:45)
クロアゲハ ♀
クロアゲハ ♀
 これも遅くに庭のサツキを訪れました。
 かなりスレているように感じましたが、後翅表の青鱗粉が大きく広がっています。


 こうしてみると、雨が上がり薄日が射したので、皆さんヨーイドンで姿を現わしたのでしょうか。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: ムラサキシジミ  アゲハチョウ科 

Comment

No:8030|
こんばんわー

アカシジミやムラサキシジミの生殖地…ムラシ・ポイントの垣根が
伐採とは蝶の愛好者にはビックリですね。
我が家地域も、アカボシゴマダラの寄り付く枝が、昨日、バッサリと枝打ちされてました。
アカシジミやムラサキシジミ・・・最近、我が家地域では見かけてません・・・故に、出来れば開翅写真も欲しかったです・・・現物を忘れてしまいました。
クロアゲハは、吸蜜中だと撮影が容易ですよね。
でも、そのような機会は少なくて・・・運ですよね。
No:8031|
今年に入ってまだ見たことが無いチョウや綺麗なクロアゲハ等が次からつぎえと出てくるので探しに行って見ました。
今日、午後から近くの野山に行って見たのですが、今年初見のチョウには出会えませんでした。
出会えたチョウもまともにとまってくれたのはヒカゲチョウとテングチョウだけでしたよ。


No:8032|チョウ
当方では国蝶オオムラサキの話題が新聞に掲載されています。
今はホタルに夢中ですがアゲハの黒がアザミの蜜を吸っていました。
No:8033|kucchan さん
下隣の方も枝が伸び放題で迷惑をかけてもと思ったから作業されたような気がします。チョウはキャベツに幼虫がいて花の蜜を吸うので、こんなところにチョウがいるとは思ってもみないのだろうと思いますよ。
私も知らないころはチョウの幼虫が木で過ごすなんて思わなかったし、大方の皆さんがそんなものじゃないでしょうか。

運?日頃の行いじゃないでしょうか。^O^
いえいえ、良い悪いの話しじゃなくて、あちこちウロウロするかどうかの差ですよ。
No:8034|hitori-shizuka さん
次から次へとおっしゃいますが、お初のチョウは1週間あっていないので、いろいろな手段でお茶を濁しています。
例年の今頃ならもっと賑やかなのでしょうけれど、天候不順、暑くなってからの気温低下、花が早くてチョウが間に合わないなどの影響によるものではないでしょうか。
それにオオスズメバチとニホンマムシのサンドイッチで、ポイントでのチョウ探しに腰が入ってないことも大きそうです。^^;
No:8035|自然を尋ねる人さん
オオムラサキは高島小学校で飼育しているものが羽化し始めた件でしょうか。学校でチョウを飼育するなんて難しいから珍しいと思ったら、田尻オオムラサキの会が幼虫と蛹を寄付したようですね。

ホタルの飼育はもっと難しそうですが、数が大幅に増えた段階で二番煎じに取り組まれてはいかがでしょうか。^O^
No:8036|
こんばんは。
ちょっとご無沙汰しているうちに、季節はもうゼフですかぁ・・・
他にも交尾やら産卵やらと、相変わらず目を引く記事が盛りだくさんで、
ただただ羨ましく拝見しておりました。

ムラシ・ポイントが半壊とは、それは心配でしたねぇ〜
でも、ムラサキシジミやアカシジミの無事な姿を確認できて、
本当によかったこと!
生き残っていた蝶たちも根性ありますが、
何度も足を運んだというuke-enさんのど根性にも、頭が下がります。
何事も諦めてはダメですね・・・

サツキでのクロアゲハの吸蜜シーン、素敵ですねぇ〜♪
No:8037|みさとさん
コメントしなくてもいいですから、写真くらいはウオッチしてくださいね。まぁ文章を斜め読みし、写真をご覧いただいたら、ホラ!あなたはコメントを書きたくなる、書きたくなる。
って、私は催眠術師か!(^^ゞ

何度も足を運んだと偉そうに書きましたが、玄関出てから歩いて1分ですから大したことはありません。往復一とおり探すと15分くらいでしょうか。
見つけたときは何年振りかの旧友に出会った気分でした。

黒系アゲハは絵になりますねぇ。開翅シーンは満足なものがないですが・・・
No:8038|くろあげは
帰ってまいりました。
また、よろしくお願いします。

くろあげはが来てくれましたか。
いいですね。
こちらでは、サツキが、終わりそうなのに、まだ、きてくれません。

シジミ蝶にも、いろいろあるのですね。
No:8041|mcnj さん
おかえりなさいまし。

私の勤務場所だったところにもOB会がありますが、ややこしい話しもあり一度も参加したことがありません。
仕事の昔話をしても仕方ないと思っています。

その点同窓会は仕事も違えば来し方も異なっているので面白いと思います。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する