テングチョウですが、何化?

 
 朝方は9℃、10℃を割ると冷んやりなんてものではなく寒いです。氷点下を記録したところもあったようで、日本は広いと感じますね。
 日中は陽射しにあふれ、最高気温は26℃、風はあったものの日向では暑かったですね。



 3日ほどお出かけしていたので、今日こそはでしたが・・・
 
 
ヒカゲチョウ(タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)
ヒカゲチョウ
ヒカゲチョウ
 この時期に玄関先に来てくれるのは例年クロヒカゲと決まっていたのですが、今季はヒカゲチョウでした。何があったのか後翅が大きく欠けています。
 窓枠の上のモルタルや網戸をみっちり掃除してくれました。
 
 
テングチョウ #1・#2(タテハチョウ科テングチョウ亜科)
テングチョウ
テングチョウ
 ヒカゲチョウを追いかけるように、テングチョウが集団で姿を見せました。
 エキナセアの蕾で吸蜜する方、砂利の下の地面をなめる方、ほかいろいろでした。
 どちらも黒味が強く傷みも見えないので、一化(今季第一世代)個体と思われます。
 
テングチョウ #3(産卵 11:29)
テングチョウ産卵
 そうこうしているうちに、ムクノキで産卵する方が出てきました。
 翅はペラペラだし右前翅は大きく欠けているなどひどく傷んでいますが、越冬個体がまだ生き残って産卵できるとは思い難い反面一化個体とも見え難いですね。
 
 
ルリシジミ(産卵 シジミチョウ科ヒメシジミ亜科 15:44)
ルリシジミ産卵
 ムラシ・ポイントの大きなアカメガシワの天辺で産卵しています。
 ルリシジミの食草はマメ科と思っていましたから、初めて見たときは驚きました。
 
 
ツバメシジミ(交尾 シジミチョウ科ヒメシジミ亜科)
ツバメシジミ交尾
ツバメシジミ交尾
 裏の畑で見かけました。
 前翅に欠けのある個体が♂のように思われます。
 
ツバメシジミ(交尾)
ツバメシジミ交尾
 お約束ですね。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: ジャノメチョウ亜科  網戸掃除  タテハチョウ科  シジミチョウ科  産卵  交尾  手乗り 

Comment

No:8022|珍しい蝶
こちらでは、ほとんど、見かけない蝶です。
食草がちがうのでしょうか。
いないようです。

たよりは、おにゆりとマリーゴールドです。
おにゆりいは、あげはや、黒いあげはがきてくれますし、
マリーゴールドには、ヒョウモン蝶がたくさんきてくれます。

ツバメシジミは、隠すのを忘れたようです。
No:8023|産卵テングチョウ越冬明けでは?
埼玉県南部のゼフィルスの林や、ゼフィルスの森
では「ピカピカ」のテングチョウが発生していま
すが、
5月中旬に訪問した東京都郊外の高尾山麓には
「ボロボロ」の越冬明けテングチョウが観察出来
ました。
↑の産卵中のテングチョウは越冬明けでは?
No:8024|mcnj さん
ヒカゲチョウでしたら、名前のとおりピーカンになるようなところには出てきませんね。少し暗めのところ、特に雑木林なんかが好みのようです。食草はイネ科、ササなどです。

ヒョウモンはマリーゴールドが好きですが、訪れる花色には好みがあるようです。我が家の庭では、経験上アフリカンマリーゴールドのクリーム色一手にしています。
No:8025|ヒメオオさん
やはり越冬個体とのお見立てですか。私もそのように見たのですが、越冬明けからの期間が余りにも長くてためらいました。
tef_teff さんの飼育を含めた観察でも、テングチョウの寿命が長いことを確認されているのですが、最長かどうかは不明ですが6/3の記録があるようです。

実は、責任転嫁する訳ではありませんが、tef_teff さんに一化と太鼓判をいただいた個体の産卵を5/22に、越冬個体の産卵は4/15から数日の間に観察しています。
ですからまた越冬個体かと思うと不思議です。
http://ukeminoengei.blog103.fc2.com/blog-entry-1261.html

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する