前門後門

 
 朝方は16℃、時おりパラパラの曇り空で最高気温は22℃、庭作業をしやすい日でした。
 
 
 
コクタン(カキノキ科)
コクタン
 玄関先のコクタンがもう開花し始めました。昨季より10日余り早いペースです。

 写真にはモンシロチョウがとまっていますが、ホシミスジが近くを翔んだだけで、おもてなし相手のヒョウモンはさて間に合うのでしょうか。
 昨冬から花ガラ摘み、古葉取り、枝透かしなど例年になく手入れ(ちょっとおこがましい?)したので、今季は花がたくさんつきました。

 一方の雄であるネズミモチもそろそろ咲きそうなので、それも合わせてどんなチョウが集まるのか楽しみです。
 
 
 
ヤセバチの仲間(2016/5/27)?
ヤセバチの仲間
ヤセバチの仲間
ヤセバチの仲間
 ムラサキ・ポイントでカシ類の葉の付近をウロウロしていて、奇妙な形なので撮影しました。短いながら産卵管らしいものも見えるので、♀ではないかと思われます。
 翔び方はゆらりゆらりなのですが、この胴体の細さですから飛翔撮影も今一つです。

 以前、オオコンボウヤセバチを撮影したことがあり、雰囲気が似ていることからご親戚ではないかと思われますが、同定し切れませんでした。
 ツリアブの仲間にはスズキハラボソツリアブなんてのもいますが、複眼の様子や腹部のくびれなどを見てもハチ目のように思えます。
 
 
 
ヘリグロベニカミキリ(交尾 上が♂ カミキリムシ科 2016/5/24)
ヘリグロベニカミキリ交尾
ヘリグロベニカミキリ交尾
 ジャノメ・ポイント付近で見かけました。
 よく見かけるベニカミキリは前翅(上側の翅)後部に一対の黒斑がないのですが、交尾中でもないとそんな違いは気にもなりません。(^^ゞ
 
 
 
ギンツバメ(ツバメガ科 2016/5/20)
ギンツバメ
 ジャノメ・ポイント内で見かけました。
 薄暗い中では黒線が目立たず白一色に見え、翅もペラペラそうなので、ハクモクレンのような大振りの花びらが落ちているようでした。



 さてタイトルの件ですが、昨日いつものパトロールルートの裏の畑の尾根、ムラサキポイント付近のチャノキの間を通ろうとすると、オオスズメバチが浮上してきました。
 チャノキの根元辺りに営巣しようという様子で、威嚇はされませんでしたが確認する気にはなれず、大回りしました。

 更に、
 
ニホンマムシ(クサリヘビ科 2016/5/27)
ニホンマムシ
 ジャノメ・ポイント南側のお隣のワラビ畑に潜んでいて、私の気配に逃げ出したので気づきました。

 当地でも水田などにはニホンマムシが多いようですが、水辺もない我がフィールドでは、滅多にいないヤマカガシ以外には毒蛇を見かけたことがありません。
 しかも、本日はワラビが刈り倒されてそこら中にうっすら積もっていて、どこにニホンマムシがいるのか余計に分からなくなっているし、ジャノメ・ポイントに逃げ込んだことも考えられるので、この辺のパトロールは当分お預けです。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: 花木  シロチョウ科  ハチ  カミキリ  交尾    は虫類 

Comment

No:8004|ヘリグロベニカミキリ
スポットライトのように陽を浴びて浮かび上がった
「ヘリグロベニカミキリ」交尾ペア綺麗ですね!

ジャノメポイントの「マムシ」には十分気をつけて
ください。
No:8005|ヒメオオさん
カミキリの♂は体が小さくても触角は立派なのですね。どの種もそうなのか知りませんが、これが♀に対する売り物でしょうか。

私は臆病者(いいように言えば用心深い。)なので、スズメバチに刺されたこともなければ、ヘビに咬まれたこともありません。ただ、追いかけるとなると前後左右見境がなくなることがあります。(^^ゞ
No:8006|マムシ
怖い動物がいるものですね。

よく見ると、昆虫や、蝶など、足元にいるのですね。
No:8007|ネズミモチ
ネズミモチはチョウが集まりますので、楽しみですね。
先日、毎年見ているネズミモチがすっかり花期を過ぎていて、季節の進行の早期化に驚いています。10年前の写真をみると、6月13日最盛期の同じ木を写しています。また、そちらに比べても東京は暑い所なのだと実感します。

マムシには仰天しました。時にヘビにであっても向こうが逃げて行きましたし、石垣島などでも割と無頓着に藪こきしてきましたので、反省です。
No:8008|mcnj さん
夏風邪は抜けましたか、お大事にしてくださいね。

私のフィールドはかなりな斜面だし、段差はあるし、イノシシが落とし穴を作ってるしで、足元を注意しなければパトロールできません。
ですから、目の高さや上方はお留守になっていることがありますね。
No:8009|grassmonblue さん
コクタンは一部が開花し始めチョウも寄ってきかけましたが、ネズミモチは本日も蕾のままでチョウの姿は見かけません。
関東の5月の平均気温は2℃高いそうですが、数字としては大変なものですね。花もチョウも早いと言われるのが納得いきます。

マムシはまず向かっては来ず、人の気配で逃げますが、あちらもこちらも気づかず、踏んづけたりすると確実に噛まれます。藪こきしておればまぁまぁ大丈夫な気がしますが、私はやりません。(^^ゞ

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する