危うきに近寄らず

 
 朝方は14℃、最高気温は27℃、2日続きの夏日になりました。ただ、陽射しは強かったのですがカラッとしていて、日陰では快適でした。



 それなのに朝も日中も蝶影は薄く、目ぼしいものはとまってくれなかったモンキアゲハ程度でした。
 ならば困った時のムシ頼みです。
 
 
オオスズメバチ(女王? スズメバチ科 2016/5/14 9:24)
オオスズメバチ
 裏の畑の尾根、ムラサキ・ポイントのカシ類の葉上でジッとしていました。寝ていると思いましたが、どんなものでしょうか。
 私の親指より一回りほど大きく見えましたが、近くに500円硬貨を置いたり、指を並べたりする気は起こりませんでした。
(2016/5/14 14:45)
オオスズメバチ
 午後にはしきりに葉を齧っていました。
 栄養補給かとりあえずの営巣材料のように思えましたが、知識がありません。
 
 
クロムネアオハバチ(ハバチ科 2016/5/12)
クロムネアオハバチ
 エライ緑緑していたので撮影しました。
 ミツバチより少し大きいかなくらいです。
 
 
ヤマトシリアゲ(シリアゲムシ科 2016/5/13)
ヤマトシリアゲ
 見慣れたシリアゲムシですが、尻(腹端)を上げていません。
 捕食したようですが、原図でも何か分かりません。ムシの死骸などを食べるそうです。
(2016/5/12)
ヤマトシリアゲ
 通常見かけるのはこんな姿です。
 
 
シロスジツトガ(ツトガ科 2016/5/15)
シロスジツトガ
 色合いが面白く見えたので撮影しました。
 当然のごとく頭は右だと思いましたが、PCに落とすとありゃりゃぁでした。お陰で名前を調べやすくはありましたが、いろいろあるものです。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: ハチ  シリアゲムシ   

Comment

No:7966|
このシロスジツトガってなかなか格好いいですね。Uke-enさんが書いてもらわなければ私も右が頭だと思ったことでしょう。
いや、それ以前にこれが蛾の仲間だとはわからなかったと思います。こういう怪しげな虫たちを見ると嬉しいやら感心するやらで興味が尽きないですね。
No:7967|clossiana さん
この姿だとバッタの仲間の連想から頭が右で翅が体をハミ出していると思いました。
ただ、いろいろ見ていて体型の怪しいのはガだと学習(思い込み?)しましたので、ガだとは認識の上です。

それにしても、日本の昆虫ですらいろいろ変わったものがいるから面白いですね。種類が多いから目レベルですら悩むものもあって、難しいですね。
No:7968|虫
無視するつもりでしたがしりあげ虫と名を
教えてもらったので何か一言物申そうと考えました。が
ホタルのシーズンに入り忙しくなったので
考える余裕が無くなり残念ですが失礼します。
No:7969|自然を尋ねる人さん
もしもし、酔っておられるのですが。どう受け止めるといいのか悩みます。^O^

もうホタルシーズン入りですか。無理をされないよう、心やすらかにご奮闘くださいね。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する