アザミ嬢のララバイ(新生蝶(2016-No.20-21))

 
 朝方は10℃でしたが、朝から陽が射してそう寒くは感じませんでした。
 最高気温は25℃と久しぶりに夏日となり、強い陽射しで気温以上に暑く感じました。



 こんな日なので、お昼前にパトロールに出ると、暑さで立ちくらみしそうになりました。
 夜お風呂に入ると、上半身がピリピリします。陽の下で庭作業もしたので、長袖でも日焼けしたためとしか思えません。
 
 
コミスジ(タテハチョウ科イチモンジチョウ亜科)
コミスジ
 裏の畑の尾根、ムラサキ・ポイントのカシ類の葉上で見かけました。
 近づく間もなく翔び立たれました。

 コミスジは、2015/5/6、2014/10/18、2013/5/14、2012/5/27、2011/5/18がそれぞれお初で、何度か撮影し損ねた2014年を除くと出現時期としては例年並みでしょうか。

 ところで、ムラサキ・ポイントはムラサキシジミ、ムラサキツバメをよく見かけるからそう名づけ、今季ずっとパトロールしているのに、この場所ではムラサキシジミすらさっぱり見かけません。
 
 
クロアゲハ(♀ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
クロアゲハ ♀
クロアゲハ ♀
 ジャノメ・ポイント南外側のワラビ畑になりつつある場所のアザミで吸蜜中です。
 クロアゲハ♀の後翅表に、このような青鱗粉が乗ってるとは知りませんでした。光の加減で見えることがあるようです。

 黒系のアゲハは、最近裏の畑の尾根や庭を通過するのですがなかなか撮影できず、本日は目視でモンキアゲハを確認しました。
 
 
コチャバネセセリ(♂? セセリチョウ科セセリチョウ亜科)
コチャバネセセリ
コチャバネセセリ
 昼過ぎのパトロールの際、同じアザミで逆光撮影したのですが、手ごたえが感じられなかったので順光側で待ち構えてみました。

 コチャバネセセリは、4/24に村内の他の場所で見かけたし、5日ほど前の風の強い日に庭でも見かけたのにすぐ吹き飛ばされてしまい、我が家周辺ではこれが最初の撮影になりました。


[新生蝶初見(初撮)日一覧表]
 20162015201420132012
月日 順月日 順月日 順月日 順月日 順
モンシロチョウ 3/8 1 3/20 3/16 3/16 3/27
ベニシジミ 3/17 2 4/15 3/25 3/16 4/8
ルリシジミ 3/21 3 3/20 3/28 3/17 3/31
ヤマトシジミ 4/4 4 4/26 12 4/9 4/10 4/15
コツバメ 4/5 5 3/22 4/3 3/19 4/13
モンキチョウ 4/6 6 4/24 3/28 3/25 4/14
アゲハ 4/9 7 4/16 3/29 3/30 4/17
ツバメシジミ 4/9 7 4/24 4/12 10 4/1 4/17
ツマキチョウ 4/9 7 4/17 4/10 4/2 4/27 11
ヒメウラナミジャ
ノメ
 4/10 10 4/24 4/26 12 4/15 10 4/27 11
トラフシジミ 4/12 11 4/12 4/14 11 4/16 12 4/15
キアゲハ 4/20 12 5/6 16 5/6 15 6/9 16 9/22 17
スジグロシロチョ
 4/20 12 4/25 11 4/27 13 4/15 10 4/12
ツマグロヒョウモ
 4/20 12 5/4 14 5/11 17 5/13 14 4/29 13
クロアゲハ 4/26 15 5/5 15 5/6 15 5/13 14 5/7 16
アオスジアゲハ 4/30 16 5/4 14 5/7 17 5/8 13  
コチャバネセセリ 5/12 17 4/26 12 4/27 13 6/27 17 5/5 14
ミヤマセセリ     3/31 5/8 13 5/5 14
※ 我が家周辺で2011年からの各季の4月末までに見かけた新生蝶を、今季の初
 見日順で5箇年分を整理しています。今季まだ見かけていない場合は昨季の初
 見日順です。
  ただし、初見が5月以降の場合、この18種内での相対的順位を表示している
 ことがあります。

 ところで、アザミは裏の畑の日当たりにもあり、この後回ったらすっかりお眠りでした。家内が刈り倒したようです。(^^ゞ
 
 
樹液酒場
樹液酒場
 お昼前にはコガタスズメバチがでんと構えていて、サトキマダラヒカゲが開翅して威嚇しても気にもしないようです。
 翅裏ではヤマキマダラヒカゲとの識別は困難ですが、開翅してくれるとサトキマダラヒカゲと確認できます。
 
樹液酒場
樹液酒場
 サトキマダラヒカゲが次々と翔んできて都合5頭を見かけたのですが、連係が悪く、コガタスズメバチを取り囲んでも効果が上がりません。
 
樹液酒場
 昼過ぎのパトロールではコガタスズメバチが2頭になっていましたが、特等席(と思う。)はサトキマダラヒカゲ2頭が二人占め?していました。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: イチモンジチョウ亜科  アゲハチョウ科  セセリチョウ科  樹液酒場  ジャノメチョウ亜科  ハチ 

Comment

No:7954|hitori-shizuka
アザミで吸蜜中のクロアゲハやコチャバネセセリは見事です。
アザミの花にチョウは絵になりますね。
クロアゲハもいいですが最後のコチャバネセセリの写真が好きです。
吸蜜元のアザミがお眠りとは残念でしたね。

サトキマダラの開翅は見たことがなく開翅状態のチョウだと私ではサトキマダラとは気付きませんよ。
No:7955|hitori-shizuka さん
コチャバネセセリがなかなかアザミに戻ってこないのでそろそろ辛抱がきれかけたのですが、そう言えばとhitori-shizuka さんにアザミで待ってと申し上げたのを思い出して粘ってみました。(^^ゞ

とまっているとこんなとき以外ではサトキマダラヒカゲはまず開翅しないので、ちゃんと撮影できたかヒヤヒヤものでした。スズメバチ様々です。
No:7956|クロアゲハ
クロアゲハが、ついに、来てくれましたね。
こちらでは、まだです。

沢山の蝶、まだまだ、出番を待っている蝶がいそうです。
No:7957|回復は道半ば
身体の調子がよく
昨日1時間の草刈り、本日1時間の草刈り
無視できないほどの虫がでてきてそれをも百舌が襲います。
蜂がいますね。昨年このハチの巣の近閣で草刈りしていたら
後ろから髪の毛の上より刺されました。
この場合ニラでは効きませんでした。
No:7958|
こんばんわー

蝶シーズン本番ですね。
我が家庭でも、コミスジ、クロアゲハは撮影しましたよ。
でも、uke-enさんみたいにクッキリではないですけど。。。、
コチャバネセセリの代わりに、多分、チャバネセセリを撮影・・・
サトキマダラヒカゲは撮影する事が出来ませんでした。
明日には、何とかupしたいと思ってますが、相変わらず
左手が・・・どうなるかわかりません。
No:7959|mcnj さん
私が待っているのは、そちらを訪れた大きな白斑のある黒系のアゲハです。今日、裏の畑で家内が見かけたそうです。
おもてなしに用意してあるペンタスやバーベナにはまだ気づいていないようです。
賄賂を贈らないと来てくれないのでしょうか。(^^ゞ
No:7960|自然を尋ねる人さん
体調がよくなっても無理をするとこじらせることがありますので、くれぐれもご留意くださいね。

我が家の畑で草刈りすると、ムシもいますが、イシが多く出てきます。回転刃がオシャカになりかけています。
本日、オオスズメバチの巨大なの(多分女王?)を見かけましたが、恐いですねぇ。
No:7961|kucchan さん
本日は朝と午後パトロールしたのですが、チョウはほとんど見かけませんでした。
シジミチョウは端境期かなと思いますが、黒系アゲハはまだゆっくりとは吸蜜しないようです。

マウスが使えないほど手が痛むとは大変ですね。早く回復されて嘆き節トニンマリを聞かせてくださいね。ただ無理は禁物、グッと抑えて先延ばしでいいですよ。
No:7962|
こんばんは。
クロアゲハの一枚目の写真、きれいですねぇ〜
背景のぼかした緑がクロアゲハを引き立てて、
アザミとクロアゲハが浮かび上がってます。
アザミの花の咲き具合もちょうどいい・・・
アザミは眠らされてしまったのですか?
じゃあ、王子様の出番です! 魔法を解いてやってくださいね(^_-)-☆

飛翔しているサトキマダラヒカゲの、なんとまぁ可愛らしいこと♪
樹液酒場で、仲間と酒盛りしてる蝶とは思えませんねぇ〜
No:7963|女王
私のところでも蜂の女王が餌を探していました。
木の葉っぱに近づき虫を咥えて飛んで行きました。
まだ巣は小さな植木鉢の中でしょうか?
働き蜂が増えると(多分8月頃)本格的な巣作りが始まり
危険になります。
過去の経験より
No:7964|みさとさん
あいたたた・・・キスしたら、葉で刺されました。
家内も呪文を知らないと恐縮そうにしてました。実際のところは、つき合っておれるかい!じゃなかったかも・・・(^^ゞ

クロアゲハが少しもジッとしていないので、ボケも兼ねて1/1600で撮影しました。おっしゃられるように、上の写真はまぁまぁかなと思っています。

サトキマダラヒカゲは翅にピントが行ってますから、眼がウルウルに見えているのかも知れません。大抵暗いのですが、この時は木漏れ日で割に明るかったので、パシャパシャでもそれらしく撮影できたようです。

No:7965|自然を尋ねる人さん
相変わらずお忙がしそうですね。珍しがりのようですから、ついついで無理されないでくださいね。^O^

女王は木の葉を齧ってました。とりあえずの巣作りなのかどうか分かりません。
パトロールしていても、巣どころかスズメバチが飛んでいると、オオスズメバチとキイロスズメバチの場合は特に、撤退するようにしています。本格的に営巣する秋には、警戒レベルを赤にしています。

幸いなことにこれまでスズメバチに刺されたことはありません。天敵のムカデには数え切れないほど噛まれています。^^;

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する