どっちかな(越冬蝶(2016-No.6))

  
 
 朝方は7℃と暖かめ、スカッ陽は射さないのに気温はグングン上がり、最高気温は22℃に達しました。



 こんな日だからチョウも多いだろうと勇んでパトロールに出ましたが、
 
ムラサキシジミ(♀ シジミチョウ科ミドリシジミ亜科)
ムラサキシジミ ♀
ムラサキシジミ ♀
 裏の畑の尾根付近、ムラサキ・ポイントで見かけました。

 こんな紫青色なら以前は一も二もなくムラサキシジミと決まっていたのですが、一昨季からムラサキツバメも見かけるようになったので、フィールドではどちらか決めかねました。
 後翅表の紫青色が載ってないように見え、尾状突起の有無も確認できなかったので、希望的観測も含めPCに落とすのが楽しみでしたが、やっぱりでした。(^^ゞ

 お初のムラサキシジミは例年3月から4月と幅がありますが、もともと個体数がそれほど多くなく、冬の寒さが厳しい当地での越冬は少し難しいことによるものではないかと思っています。


[越冬蝶出現(初撮)日一覧表]
 20162015201420132012
 月日 順 月日 順 月日 順 月日 順 月日 順
テングチョウ 3/4 1 3/17 1 3/12 1 2/28 1 4/24 7
キタキチョウ 3/5 2 3/17 1 3/17 3 3/7 3 3/29 3
キタテハ 3/5 2 3/22 4 3/17 3 3/6 2 3/3 1
アカタテハ 3/21 4 3/22 4 3/12 1 3/9 4 3/7 2
ウラギンシジミ 3/29 5 3/21 3 3/28 6 8/26 6 6/14 9
ムラサキシジミ 3/31 6 4/24 6 3/17 3 3/9 4 4/15 5
イシガケチョウ   4/27 7  5/5 8 
ヒオドシチョウ   5/30 8 6/4 8  4/17 6
ルリタテハ   6/3 9 5/17 7 10/5 8 4/5 4
クロコノマチョウ   7/11 10 
ヒメアカタテハ   8/14 11 6/13 9 8/27 7 9/6 10
ムラサキツバメ   8/16 12 10/7 10 
※ 我が家周辺で見かけた成虫で越冬するチョウを、今季の初撮日順で整理して
 います。今季まだ見かけていない場合は、原則として昨季の初撮日順です。


 ほかには、
 
ウラギンシジミ(♀ シジミチョウ科ウラギンシジミ亜科)
ウラギンシジミ
 高いところを翔んでいて、降りてきませんでした。
 翅に傷みが見えないので、↓とは別個体のようです。♂♀の識別ができませんでしたが、♂ならオレンジ色が目に入るハズなので♀と思われます。



 一方、新生蝶といえば、アゲハの♂が翔んでいるのを見かけました。
 裏の畑の尾根付近には蝶道があり、例年その場所でお初のアゲハを見かけていますが、♂♀が識別できるほど近くに来たのに残念ながら撮影できませんでした。


 待ち人は、
 
テングチョウ(♂ タテハチョウ科テングチョウ亜科)
テングチョウ ♂
 お隣の枝垂桜はまだこんな状態で、コツバメやトラフシジミは開花してからになりそうです。
 
クマバチ(ミツバチ科クマバチ亜科)
クマバチ
 初クマです。(^^ゞ
 アセビでクマバチを見たのは初めてで、記録はしていませんが今季の出現が早いのでしょうか。まぁ今季は朝から晩方まで始終アセビを観察していますから、これまで気づかなかったことがあるのかも知れません。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: ムラサキシジミ  ウラギンシジミ  タテハチョウ科  ハチ 

Comment

No:7773|
もうアゲハが見られましたか。。早いですね。実は私も昨日、アゲハを見かけたのです。都内江戸川区ですが、こんない早い時期には例年ですと見られません。ですから近くのマンションのベランダか何かで発生したのかな?と推測しています。
No:7774|clossiana さん
当地では、これまでアゲハを3月中に見かけたことが2季あり、遅いときでも4月中頃です。蝶道で観察していることが大きいように思えます。

手入れが悪く美味しい実がならないミカンの類なら、ウンシュウ、キンカン、イヨカン、キコク、シークワァーサーなど完備?です。
No:7775|
こんばんわー

ムラサキシジミや、ウラギンシジミ…とは、羨ましいです。
玉には、庭で待つのみでなく、蝶探索に出かけないと・・・。
テングチョウが枝垂桜に遊びに来るとは・・・初めて知りました。
クマバチ・・・まだ、今季は見てません。
我が地域ではフジの花で良く見かけてますので、まだ、先の
ようです。

No:7776|kucchan さん
そうですよ、花のお世話も大切ですが、気分転換にHC以外にも出掛けてくださいよ。新たなフィールドを見つけると、もっと探そうとなりますよ。

クマバチは我が家ではハナズオウに集まります。トラフシジミなどを撮影しようとしても、2桁以上がブンブンでは腰が引けます。特に最近は増えたなぁという印象です。
No:7777|蝶
蝶よ花よの春ですが
蝶はテングチョウのみ花は我が世の春と
コブシ、姫こぶし、桜、桃と、スモモが咲き乱れています。
No:7778|ピンクのアセビの花蜜美味しそう
コロコロ太ったクマバチ君
ピンク色のアセビの花蜜を美味しそう
に飲んでますね!
No:7779|自然を尋ねる人さん
「年年歳歳花相似たり 歳歳年年人同じからず」と言いますが、花もチョウもそして人も一期一会、しっかり見守りたいと思っています。
No:7780|ヒメオオさん
やせたクマバチは見かけたことがありませんが、やせたソクラテスについても話に聞くだけですから、いるのかも知れませんね。^O^
No:7781|蛍
蝶も良いですがホタルが上陸を始めたので
蝶よりホタルへ衣替えです。
No:7782|
綺麗に開翅したムラサキシジミの姿を見てみたいですよ。
樫の木の場所では特にチョウの姿を探すのですが、まだ出会っていませんよ。
アセビはまだまだ花が楽しめそうですね。
我家は既に終わってしまいました。

先週末に目まいがひどく折角の休日はもっぱら横になる2日でした。気だけは若いんですが歳には勝てません(-。-;)
No:7783|自然を尋ねる人さん
予測されていたとおりに、ホタルが上陸し始めましたか。秋のイベント関連だけでも大変だと思いますが、恒例行事も大切ですから痛し痒しですね。
ホタル撮影班も育成してくださいね。
No:7784|hitori-shizuka さん
カシ類の量がどのくらいかにもよりますが、日当たり側で極端に言えば1枚1枚葉上を確認しています。大変なように思えますが、我が家裏では陽が当たっている場所は案外少ないですよ。
それでも見つからない場合、翔んでいるものの着地点を確認することです。
開翅は陽射しのある早朝で15℃以上なら、低い場所で日向ぼっこしているのでその時間帯が狙い目です。

ありゃありゃ、体調を崩されていたのですか。花も蝶も書き入れ時を迎えつつあるので気持ちははやるでしょうけれど、身体が資本、お大事にしてくださいね。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する