モンシロチョウお初(新生蝶(2016-No.1))

 
 霧の朝で最低気温は11℃、最近の暖かい日続きでも最低気温が10℃を超えるようなことは初めてです。
 昨日に続いて一日薄曇り、最高気温は17℃どまりでした。



 まずは、春を告げる花。
 
スイセン(ヒガンバナ科スイセン属)
スイセン
 東の花壇でたくさんに増え、一斉に咲きました。
 草丈は10cm前後で、密植すると目立ちます。園芸種のティタ・ティトによく似ていますが、定かではありません。




 昨日も蝶影は見られず、本日もダメかなと思いながらパトロールしました。午前中は収獲ゼロ、午後はキタテハとテングチョウを1頭ずつ見かけた程度でした。

 西隣りの野菜畑では、
 
モンシロチョウ(春型 ♂ シロチョウ科シロチョウ亜科)
モンシロチョウ
 ダイコンの葉にとまってジッとしたままです。
 お隣の畑はかなり広く、イノシシよけにトタン板や鉄条網などで囲われているので近づけず、100mmマクロではこの程度の大きさにしかなりません。

 そうこうしてるとお隣の奥さんが作業に来たので、中に入れてもらいました。すると、あちこちに翔び回り、とまっても近づくとすぐ逃げます。
 
モンシロチョウ
 こんな囲いです。
 
モンシロチョウ
 外に出たので追いかけたのですが、ここまでです。
 撮影の際は気づきませんでしたが、前の草で首切り状態です。(^^ゞ

 モンシロチョウは、過去5年間では3/16~3/27の間がお初ですから1週間ほど早くなっています。

 ところで、「my蝶あるばむ」のgrassmonblue さんが毎年全国のモンシロチョウ初見日を調査しまとめておられます。
 モンシロチョウをご覧になった場合、日付、場所などを連絡してあげてくださいね。
 
 
 
ホソミオツネントンボ(♂ アオイトトンボ科オツネントンボ亜科)
ホソミオツネントンボ
ホソミオツネントンボ
 先日見かけたオツネントンボと同様成虫で越冬するトンボですが、こちらは春になるとこのように青くなります。

 とまったときに閉じた前翅と後翅の斑紋が重なっていればホソミオツネントンボ、1馬身ずれていればオツネントンボという見分け方が分かりやすそうです。


 え~~~番宣です。↓の記事にご注目くださいね。^O^
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: 草花  シロチョウ科  トンボ 

Comment

No:7712|
やりましたぁ~! 昨日の最高気温は我が地域の勝利ですね♪
だって、当地は19℃でしたから~
…で、越冬蝶も早々と飛び出したってわけ・・・

春は黄色から…♪
まだまだ黄色のお花が登場するのですね!
これって、わたしが『ティタティタ』と呼んでいるミニ水仙と同じですね。
えっーーー! もうこんなに花が開いてるのですか?
我が家のは、クロッカスの花の後ろの方で、
やっとこさ緑の葉が見えてきたばかりだというのに・・・
昨日は最高気温も勝ったのにぃ~

なんだかんだ言っても、やっぱりそちらは暖かいのですね。
モンシロチョウが舞い、大根もこんな状態だもの、びっくりぽんですわぁ~
今朝降っていた雨が雪に変わって、今外は真っ白~
こちらは今日、またまたの冬で〜す!
No:7716|みさとさん
勝ぁった負けたとぉ 騒ぐじゃないよ ♪ と言いながら、↓で勝ったとやってしまいましたよ。
キタテハの交尾シーンが珍しいといっても、clossiana さんのように撮るべきかたは撮っているのだと知りました。

本日は一日雨、本降りです。この時期の雨は諦めが先に立っても心休まる反面、一抹の寂しさを感じます。これは返返コメですけど。

ティタはおばちゃん、ティトはおじちゃんだそうで、ティタ・ティトが正しいようですが、やはりこれだったのでしょうか。家内が調達したものでタグがあったかどうかすら記憶にありません。(^^ゞ

信州からそちらは暖かいとおっしゃられても、微妙な気がします。冬-10℃を下回るようなことはありませんし、20cmの積雪なら交通網ズタズタです。
No:7717|モンシロチョウ
ご連絡ありがとうございます。
拝見するに、まだまだ寒そうな雰囲気のなかで、新生チョウでは初名乗りのようですね。私は、
経験的に平均10℃近く、最高気温20度近くが2―3日つづくとモンシロチョウが発生するように感じています。
http://blog.livedoor.jp/grassmonblue/archives/52055373.html
5,6日に気温が20℃まで上がったそうなので、自分の仮説を実証していただいたようでうれしいです。
また、PRもしていただき、重ねてありがとうございます。
↓のアリスイ、初めて知りました。
珍鳥発見おめでとうございます。
No:7718|
こんばんわー

昨日の我が神奈川は最高21℃、最低12℃ですから、蝶の
登場では負けますが、気温では勝ちましたね(エヘヘヘ)。
蝶は、モンシロチョウとキタキチョウが飛んでました。
特にモンシロチョウは彼方此方で・・・でも、証拠写真は
撮れませんでした。
スイセン…ティタ・ティトは、2年前に花壇に植え付けましたが、
現在残ってるのはタグのみで、消滅しました。
傍に生えてる立金花に負けたのかもしれません。
これだけの沢山の黄色のスイセンが有ると、にぎやかですね。
来期は、家も、再度、植え付けてみますよ。


No:7719|grassmonblue さん
やはり当地はまだまだ寒いですね。今日から更に寒くなってきていますが、朝の10℃が最高で、以降は気温が下がる一方です。

当地では新生蝶一番手は必ずモンシロチョウで、一度だけルリシジミと同日になったことがありますが、関東などで出現の早いモンキチョウは最少でも10日以降、1箇月間があくことも珍しくなく、どこの世界の話だろうという感じですね。
特に春はモンキチョウの個体数が少ないことが大きな要因かなと考えています。

アリスイですが、私も含めてこんな鳥がいたことすらご存じない方が多そうです。
No:7720|kucchan さん
今日のコメントは勝ち負けばかりでしょうか。^^;
関東はヒートアイランド化が進んで、今は大阪よりも暖かいのですよ。喜んでばかりはおれませんね。

そちらでもモンシロチョウをご覧になりましたか。今季も連絡してあげてくださいね。撮影の有無は問いませんから。(勝った)

タグのないティタ・ティトとタグしかないもの、こりゃぁあいこ?でしょうか。
これだけ増えると、鮮やかさで見直しました。
No:7723|トンボ
今日は朝から18時まで雨でした。
春雨気分で濡れる気持ちの外出は
強くなり過ぎ傘を獲りに帰ることに成りました。
よい雨ですが球に気温が下がるのも困りものです。
よくなり始めた神経痛が痛む。・・
No:7724|
この黄花の水仙は近年よく見かけますがティタ・ティトと言う花ですか。園芸種は種類が多くて知らないのが沢山ありますよ。
はや1号新生チョウ確認ですね。
昨日、菜園場で日中作業してましたがチョウの姿は全く見られませんでしたよ。
この時季、今までトンボを見たことが有りませんがホソミオツネントンボとオツネントンボの比較勉強になりました。

アリスイは見たことが有りませんよ。
香川でも見られる鳥かな?と思い調べてみると愛媛県でも確認しているので香川でもこの珍鳥が見れたらいいのですが確率は薄そうですね。
No:7727|自然を尋ねる人さん
3連続返コメですね。

当地は今も降っています。
本降りで春雨気分には慣れなかったですね。チョウもいませんし。

本日以降寒くなるそうですから、お身体をお労りくださいね。
No:7728|hitori-shizuka さん
よく似ていると思ったティタ・ティトは、この時期あちこちのブログでお目にかかるのですぐ見つかりましたよ。
園芸種の名づけ方は無節操にすら思えるものもあり、売らんかなの糸が透かし見えてイヤになることがあります。ですから余計に覚えきれません。
ティタ・ティトはおばちゃん、おじちゃんだそうで、シュンランとは逆ですね。LadyFirstのお国柄だからでしょうか。

アリスイは全国区だそうですが、名前も知らないくらいですから少ないのでしょうか。珍鳥の珍の意味が突き止められていません。
No:7729|紋白蝶
初見ではなく初見から4日目で証拠が撮れました。
多分3月10日が撮影日です。
調査の人にどうぞ
No:7730|自然を尋ねる人さん
代理で報告しておきました。
ありがとうございました。
No:7731|モンシロチョウ登場して欲しいな
今年はモンシロチョウ各地で登場が早そうですね!
私は、残念ながら今年は出逢えていません(涙)。

No:7732|ヒメオオさん
ありゃぁ、モンシロチョウはまだでしたか。
載らないから目もくれないのかと・・・^O^
grassmonblue さんちでお待ちしています。
No:7733|お礼
ご丁寧にご連絡を戴きました。
お手数をおかけしました。
No:7734|自然を尋ねる人さん
grassmonblue さんは、チョウの観察経験も長いのに私のようなものまで丁寧に面倒を見ていただけます。
そういう方ですので、覚えていらっしゃれば、来年もモンシロチョウの初見日を連絡してあげてくださいね。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する