右往左往

 
 朝方は-4℃と冷え込みましたが、最高気温は10℃と寒さが緩んできた感じです。
 空には雲一つない青空という時間帯もありました。




 春を知らせる花の続きです。
 
フクジュソウ(キク科フクジュソウ属)
フクジュソウ
 いつもとは反対の南側からの撮影です。
 やはり20芽でした。右上の芽は、すでに3花になっています。
 フクジュソウは今季3度目ですが、もう1~2回は記事にできそうです。(^^ゞ
 
 
クロッカス(アヤメ科サフラン属)
クロッカス
 ↓の記事の翌日(2/14)に見つけましたがその花はもう盛りを過ぎかけていて、クロッカスはこの程度の開きかけが好きですね。




 で、キタキチョウはというと、
 
キタキチョウ #02・#03(シロチョウ科モンキチョウ亜科)
キタキチョウ
 風か雨の影響でしょうか、ほぼ同じ高さで左右に別れました。
 右が↓の記事の下側の個体だとすると、15cmほど下がっています。
 どちらも♀のようですが、個体識別はできていないため#02・#03だと言い切れません。

 右の個体は触角の先端を残して格納していますが、左の個体は全く格納していません。日照や気温などの環境はほぼ同一でしょうから、個体差だろうと思われます。



 暖かかった14日には、玄関前ポーチにこんなものが姿を見せました。
 
マエアカスカシノメイガ(ツトガ科ノメイガ亜科 2016/2/14)?
マエアカスカシノメイガ
 タイルのすき間は 8-10mm(揃っていない。今頃気づくなよ。(^^ゞ)ですから、ベニシジミ程度の大きさでしょうか。
 前翅前縁の縁取りが名前の由来ですが、赤くは見えません。図鑑サイトでは赤いものから茶色、黒色のものまでいろいろですが、退色か個体差かは知識がありません。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: 草花  シロチョウ科  蝶(越冬)   

Comment

No:7648|
こんにちは。
フクジュソウがきれいに開きましたね。
今度は20芽数えられましたよ〜
(右上のお花はひとつと数えて…)

フクジュソウも黄色〜♪
クロッカスも黄色〜♪
越冬蝶も黄色〜♪

やっぱり「春は黄色から…」ですね(^_-)-☆
(蛾は見なかったことにしま〜す!)
No:7649|
こんばんわー

福寿草とクロッカスが咲いてきましたね。
家は、クロッカスは最初に咲いた花は萎れ始めて
きました。
が、フクジュソウは、未だに咲いてきません。
uke-enさんちの福寿草の多さには唖然としました。
これだけ沢山の花が咲くと見応えがありますね。
家はわずかなので新たに調達して追加する事にします。
黄色い花・・・いいですねー・・・元気が出ます。
家は、ビデンスも咲いてます・・・今日、名前を修正します。





No:7650|
フクジュウソウ、見事に花を咲かせましたね。
まだまだ花数が増えるし花が見れる期間も長く楽しめますよね。
我家の花も今日は5花咲いてました。
フクジュソウやクロッカスのような黄色の花は確かに元気がもらえるような気がしますね。
先日、花壇を整理中に草の間から蛾が飛び出してきました。
蛾の名前はほとんど知らなかったのですがuke-enさんのブログで見たアカエグリバだと直ぐに判りましたよ。
羽を上下に微動させていたのですが目を離したすきにいなくなりました。
この蛾も成虫で越冬するんでしょうかね。
No:7651|同じ花
花の数は別にして、同じ名の花が
私の庭にも咲きました。
黄色の花で色も鮮やか、さびしかった庭は
急ににぎやかになったような気がします。
No:7652|みさとさん
そうですか。フクジュソウは20芽数えられましたか。私はこの写真では19芽しか見えず、改めて雨の中今朝見に行きましたが、どれが見えないのか分からずじまいです。^^;

我が家では、春に咲く花は大抵黄色のものばかりで、春色と言えば黄色という認識です。越冬キタキチョウ観察以前からそう思ってましたよ。

No:7653|kucchan さん
また名無しだったようでスミマセン。^^;

元々強い近視だったのですが老眼が重なってからは特にカタカナの場合ビなのかピなのかというようなときにはよく分かりません。コンピュータ文字の場合、ドット数が限られているから余計なのでしょうね。

このフクジュソウは2代目です。初代は夏の暑さと乾燥にやられたのだろうと思って少し日陰になる場所にしました。日射の向きにより花の開きが悪い時間帯がありますが年々咲いてくれるのですからまぁ適地だろうと思ってますよ。
いずれも鉢植えを地植えにしたもので、家内が毎年植え直しているので、芽数も増えてきています。根の張りがよく、乾燥は嫌うが排水がよいのを好むので、強いようでも案外鉢植えは難しい気がしますね。
No:7654|hitori-shizuka さん
ガで成虫越冬するのはフユシャクと呼ばれる冬を成長時期とするものばかりかなと思ってましたが、キタキチョウを探していてアカエグリバを見つけ、このガも成虫で越冬するのだと知りました。

同じ鱗翅目(チョウ目)ですから生態に似たところがあって当然ですが、実際に眼にしないと案外認識が改まらないものですね。
そうは言いながらも、命の短いチョウと比べ、ガの場合総じて長生きのような気がしています。ですから成虫越冬するもの多いのではないかと思っていますが、これも当てにはならないかもしれません。
No:7655|自然を尋ねる人さん
黄色い花とおっしゃるからフクジュソウかと思ってましたが、クロッカスだったのですね。黄色は鮮烈で、何かしら春を感じさせられて、年甲斐もなくウキウキさせられます。
年甲斐といえば、ずい分負けてますけど・・・^O^

No:7656|百舌談話
百舌の繁殖
百舌の巣が1昨年我が家にあり、学校へ寄付しました。
この調子なら今年は巣ずくりが見られそうです。
繁殖のため北国へは向かわないようです。
No:7657|自然を尋ねる人さん
すみませんねぇ。
モズは年来の私の認識が正しく、おっしゃるように山(夏)里(冬)を行き来し、冬繁殖します。
近縁種には冬鳥のものがあって、北方で繁殖し北海道や東北に渡ってくるそうで、その部分を読んだ私の早とちりです。
No:7658|福寿草
こんばんは。

お出でいただきまして、ありがとうございます。
昔のことは、良く、覚えておりませんので、失礼をいたしているかもしれません。お許しください。

綺麗な色ですね。
春を感じさせてくれます。


No:7659|福寿草
福寿草が咲いていよいよ春近しですね。
今年初めてキタキチョウを見つけました。なんだこんなところにいるのかと思いましたよ。
少し暖かいと移動するので、なかなか静止中の個体を観察し続けるなんてことができません。
No:7660|mcnj さん
時おりはのぞかせていただいていましたが、この時期になるとそちらは旬だと思っています。

鮮やかな黄色のクリスマスローズ(もうある?)を作出してくださいね。
No:7661|twoguitar さん
キタキチョウの黄色はよく目立つのですが、葉や草の裏側ですから意識して探さないとなかなか見つからないですね。
ここにいたハズと思っても、見過ごしかけることがよくあります。
No:7662|やっと自力「越冬キタキチョウ」
昨年度まで自力では1頭も見つけられなかった
「越冬キタキチョウ」ですが、
な~なんと!今年度は、寒さが緩んだ2月に入
ってから3頭も観察出来ました。
妙に嬉しいヒメオオです(笑)。
No:7664|ヒメオオさん
早速チャチャを入れに行きましたよ。
あのヒメオオさんが、これまで越冬キタキチョウを見つけたことがないなんて信じられません。
当方は、越冬ムラサキシジミをとうとう見つけられませんでした。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する