冬支度

 
 朝方は2℃、うっすらと霜が降りていました。初霜です。
 日中は陽射しのある時間が多かったのに、冷たい風のためか最高気温は13℃どまりでした。



 寒くても陽射しに誘われてチョウが庭に姿を見せてくれました。
 
 
ヒメアカタテハ(タテハチョウ科タテハチョウ亜科)
ヒメアカタテハ
ヒメアカタテハ
 鉢植えのブッドレアで吸蜜したり、犬走りなどで日向ぼっこをしていました。
 
 
アカタテハ(タテハチョウ科タテハチョウ亜科 2015/11/20)
アカタテハ
アカタテハ
 これは1週間ほど前のことです。鉢植えのブッドレアや切り戻しが遅れて花数の少ないエキザカムで吸蜜していました。


 この方たちは成虫で越冬するのですが、これまで一度も越冬シーンを見かけたことがありません。一体どんなところを寝場所にしているのでしょうね。
 
 
アカエグリバ(♀ ヤガ科エグリバ類)?
ガ
ガ
 陽射しに誘われたのはチョウだけでなく私もで、花壇のペンタスを片付けていると翔び出してきました。
 左の触角が欠けているようですが、犯人が私かどうかは定かではありません。
 寒かったためか猛スピードで翅を開閉し、SS=1/1600~1/3200でやっと翅の動きを止められました。

 瞬間的に翅表を上にして閉翅したのですが、その姿は枯葉そっくりのアカエグリバに見えました。こんな開翅姿は図鑑サイトでも見当たらなかったので、自信はありません。



 11月も残りわずかとなったので、そろそろ越冬蝶探しにとりかかろうと思っています。それが私の冬支度でしょうか。^O^
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: タテハチョウ科   

Comment

No:7559|越冬
朝は葉の裏でじっとしている蝶も
10時過ぎ日差しがでると
花を求めて飛びまわります。
結構動きが早くて撮影は難しいです。
少し余裕が出来た2時間ほどでブログを書いてます。
No:7560|
こんばんわー
やはり、寒くても陽射しがあるとヒメアカタテハなどが
庭に遊びにきますね。
昨日は、ヒメアカタテハ、イチモンジセセリ?、ヤマトシジミ?などが遊びにきましたが、機敏で撮影する事が出来ませんでした。
傍に寄ると、直ぐに飛び立ち逃げてしまいます。
No:7561|自然を尋ねる人さん
これから一段と寒くなってくると、ぽかぽかした日中でもぶらさがったままということになりますね。成虫で越冬するキタテハ、ルリタテハなどタテハチョウの仲間やムラサキシジミなどは姿を見せることがありますが、↑の2種はどこでどうしているのかさっぱり分かりません。

この時期翔んでいるチョウはかなり敏感ですが、日向ぼっこをしているものは案外狙い目です。
No:7562|kucchan さん
そちらは当地よりずい分暖かいし、まだ花も多くありますから、来月の半ばくらいまでは庭でチョウが見られるかも知れませんね。

イチモンジセセリは25℃近くにならないと翔べないと言われていますので、チャバネセセリではないでしょうか。
No:7563|
我家の花は終わってしまいましたがブットレアの花がまだ見れてるんですね。
アカタテハがこの時季にいると言うことは成虫越冬するチョウなんですね。

アカエグリバと言えばuke-enさんのブログで初めて見た枯れ葉姿ですが、この開翅姿がアカエグリバとは・・・流石です。
言われてみれば表翅の一部が枯れは模様に似てますね。
No:7564|hitori-shizuka さん
このブッドレアは両方とも今年の挿し木したものをいただいて、秋に鉢上げしたものです。時期遅れの上地植えとは違って肥料もよく効いているようで、まだ生長過程です。

タテハチョウの仲間では成虫越冬するものは結構多いですね。とは言っても、私が越冬観察できたのはキタテハだけです。

このガが翅表を上にして閉翅するとアカエグリバになりそうな気がしますが、自身でもホンマかいなと思ってますよ。(^^ゞ
No:7565|少し安心
11月28日以来更新がしてありません。
私も今気を紛らわすためにブログを見ていますが
最近は間隔が開いています。
しなければならないことが多いので余裕0です。
送りたいものもあるのに!何時か忘れるだろう?
No:7566|
こんばんは。
暖冬だと言ってるわりには、雪が早い信州です。
今夜から明日一日中雪マークが並んでいる我が地域、
ご丁寧に大雪注意報まで発令されてますよ〜!

こちらは冬なのに、そちらは秋ですか?
ブッドレアとチョウ・・・
こんな写真見てたら、
♪今は まだ秋〜♪
って歌い出しそうです。

ブッドレアがとてもきれいに咲いてますねぇ〜
さすがは園芸屋のuke-enさんです!
陽射しに誘われてやってきたチョウたちも、嬉しいでしょう〜♪
No:7567|気温13℃でも
アカタテハ、ヒメアカタテハは意外と
寒さに強い蝶なのですね!
13℃で吸蜜するとは驚きました。
No:7568|自然を尋ねる人さん
雨模様や風の強い日などチョウ探しには不適な日続きで、ここ最近は見上げても星が見えたことがありません。
キタキチョウの寝姿はチラチラ見かけるのですが、陽が射しているときはまだ近くを通っただけで翔び出すものもあり、まだ安定していないようです。
No:7569|みさとさん
毎日温度計をにらんでいると、体感する気温の精度が上がってきてせいぜい1℃くらいしか差がなくなっています。とは言うものの、寒がり体質は年々亢進しているのか、どこが暖冬やねんという気持ちです。

ブッドレアの地植えのものは、花どころかとうに枝も根元まで切り戻してしまいましたが、鉢植えは挿し床からの引き上げが遅かったためか生長サイクルが遅れ気味です。鉢上げにより根張りの余地が増え、肥料も効いているためか、まだまだ元気です。

苗半作、それも大きな要因でしょうか。
No:7570|ヒメオオさん
ヒメアカタテハは、小春日和の昨日(12/5)も庭で見かけました。これまで12月にヒメアカタテハを我が家周辺で見たことがありません。

これまでは今の時期地植えのブッドレアは切り戻しが終わっていてほかに庭での吸蜜源も寂しい限りでした。
このブッドレアは挿し木苗をいただいて秋に鉢上げしたものですから、今頃でもぼつぼつ咲いていますが、流石にチョウを呼ぶ花ですから、ヒメアカタテハも蜜の誘惑に勝てなかったのでしょうか。
No:7571|長い
お休みが少し長すぎませんか。
海外、それとも病、
まさかブログをやめるとは言わないですよね。
先生が・・・私どうしましょう。
No:7572|報告
懸案だった蝶の手乗りが実現しました。
12月も下旬に飛ぶ蝶、本日も石間に止まってじっとしていました。
No:7573|管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する