一雨ごとに

 
 朝方は16℃、未明からパラパラだったためか比較的暖かい目覚めでした。午前中は晴れ時々曇り、午後は曇り一時晴れ、最高気温は20℃どまりでした。
 夕方以降かなり冷え込んできて、午後7時には朝の気温を下回りました。



 雨が2日続いたため、越冬中のチョウの様子を確認しました。
 
 
裏の崖(東の部分)
崖
 青空にはほど遠い感じです。

 裏の崖のコシダが広がっている部分です。↓のキタキチョウ2頭立ては影も形もありませんでした。
 
 
 
ウラギンシジミ(シジミチョウ科ウラギンシジミ亜科 11:48)
ウラギンシジミ
ウラギンシジミ
 陽が射しているためか、触角は半格納状態です。雨の影響は特になかったようです。
 
 
 
ムラサキシジミ(♂? シジミチョウ科ミドリシジミ亜科 11:55)
ムラサキシジミ
ムラサキシジミ
 陽射しがあった時間帯で、いつもよりは少し低めの場所で開翅してくれました。



 立冬を過ぎ、春とは逆に、これからは一雨ごとに寒くなってくるのでしょうね。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: 蝶(越冬)  ウラギンシジミ  ムラサキシジミ 

Comment

No:7523|
こんにちは。
今日は日中の気温が一桁の信州です。寒いですよ〜
我が家周辺の木々の紅葉もだいぶ色褪せてきて、
昨日より今日、今朝より今…と、急速に変化しています。
なんとなく心細く寒々とした風景となってきました。

えっーーー! キタキチョウの越冬場所は、こんなに急な崖でしたっけ?
ぶら下がっている蝶の観察は、下から覗くってことですよね。
「uke-enさんころりん すってんてん」とならぬよう、
お気を付けくださいね(^_-)-☆
こちらでも、キタキチョウは陽射しがあればまだ飛び回っていますよ。
(さすがに今日は姿を見せなかったけど…)

ウラギンシジミは寒がりだけど、ムラサキシジミは寒さに強いのですね。
それとも個体差でしょうか・・・
人間だって、暑がり屋さん寒がり屋さん色々ですもんねぇ〜♪

ムラサキシジミの青紫色が、わたしには眩し過ぎます・・・
いいなぁ〜
No:7524|
こんばんわー
越冬中の2頭立てキタキチョウの居場所は、この様な
険しい場所だったのですね。
この様な場所なら撮影はハシゴ持参でしょうか。
私なら撮影パスですよ…その前に発見する事ができそうにありません。
ウラギンシジミは、完全に越冬体制に入ったみたいですね。
ムラサキシジミの開翅姿が綺麗に撮れてますね。
以前は、我が地域でも見かけてましたが、最近はめっきり
見る事が出来なくなりました。
再度、会ってみたい蝶です。
No:7525|暖冬
今年は暖冬のようですね。
暖冬の年は秋冬のような天気が続き
雪や氷雨が降りますがそれから後は暖かい日が続くそうです。
蝶も鳥もし場楽休まないといけないほどハードです。
冊子が完成しましたが著者が記者会見場を儲けて欲しいと言うほど
自信を持っています。13日に設定できました。
No:7526|みさとさん
当地でも、そこここに黄色や赤が見えてきています。今期は冷え込みが早かったためか、紅葉もキレイな気がします。
そちらは一面雪景色かなと思っていましたが、流石に北海道ほどではないようですね。^O^

裏の崖は、何度も説明文を書いたような記憶があります。場所によっては樹の根が張り出してオーバーハングになっていたり、緩い場所でも登れません。
地表2m程まで擁壁があり、その天面から観察しています。崖そのものの高さは6~7m、チョウに手は届きません。

真冬でも陽射しのあふれた暖かい日には、ムラサキシジミは日向ぼっこしていることがよくありますが、ウラギンシジミはひたすらエネルギーの節約を心がけているようです。
シーズン中ムラサキシジミの開翅シーンをほとんど見かけなかったので、こんな時期でも嬉しいですよ。
No:7527|kucchan さん
この崖は地表2m程まで擁壁があり、その天面は奥行き60cmほどで、注意さえしておけば比較的安全に観察できます。梯子をかける足場がない場所もあり、そうでなければこんなに気楽に探せませんよ。たくまざる越冬蝶観察場所ですね。

ムラサキシジミは例年の観察場所(ムラシ・ポイント)で今季ほとんど見かけず、雨の多かった冬から春先が原因で越冬に失敗したからではないかと思っていました。
ウラギンシジミも多いこの場所を見つけて一安心です。
No:7528|自然を尋ねる人さん
えっ、この冬は暖冬ですか。秋の深まりが早いので、チョウ寒がりの私には覚悟の冬とおののいていましたよ。
地球温暖化を棚上げしても、暖冬熱烈歓迎です。(^^ゞ

冊子が完成しましたか。それはそれはおめでとうございます。
いろは歌に関したものでしたね。(^-^)v
過去のご労作を考えると、どんなものができたのか楽しみです。私が言わなくてもブログで披露されるとは思いますが、是非お願いしますね。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する