遅めのヒガンバナ

 
 最低気温は11℃、最高気温は23℃、晴れ時々曇りの過ごしやすい一日でした。



 2日ほど留守にしていたのでアサギマダラが気になっていましたが、残念ながら本日は会えませんでした。
 
 
ハエマンサス・アルビフロス(マユハケオモト ヒガンバナ科)
マユハケオモト
マユハケオモト
 上側が我が家の第一世代ですが、下側の第二世代が先に開花し始めました。
 
 
ハエマンサス・コッキネウス(ヒガンバナ科 2015/10/3)
ハエマンサス・コッキネウス
 葉の幅ならマユハケオモトの3倍以上になるのですが、初秋に咲いた花はもう一つですね。
 初夏まで葉が残っていますので、我が家では観葉植物扱いです。

 これら2種は夏休眠するタイプで、夏はほぼ断水しています。
 
 
キルタンサス?(ヒガンバナ科 2015/9/27)
キルタンサス
 葉が展開して9月中旬頃から順次開花し始め、大きいものでは花茎長1m以上、本日の段階でも蕾だけの花茎があります。
 タグにはキルタンサスと書かれていたと記憶していますが、キルタンサスの葉はもっと幅が狭いような気がします。花の印象はナツズイセンを大きくした感じですが、花と葉が同時ですからこれも違います。



 チョウはと言うと、
 
 
ウラギンヒョウモン(♀ タテハチョウ科ドクチョウ亜科)
ウラギンヒョウモン ♀
ウラギンヒョウモン ♀
 進入路沿いのヒャクニチソウで吸蜜中です。
 この秋、例年になくウラギンヒョウモンをよく見かけます。

 ヒョウモンでは、ほかにメスグロヒョウモンの♀2個体と翔び回って撮影できなかったピカピカそうなツマグロヒョウモンの♂を見かけました。
 
 
テングチョウ(♀ タテハチョウ科テングチョウ亜科)
テングチョウ ♀
テングチョウ ♀
 庭を翔び回っていた2個体のうち1個体です。この秋にテングチョウを見かけたのは初めてです。
 テングチョウは年1化と言われていますが、夏の地色が黒くオレンジ色が濃いものと異なり、この秋に羽化したもののように見えました。


 で、フジバカマを訪れたものは、
 
モンシロチョウ(♂ シロチョウ科シロチョウ亜科)
モンシロチョウ ♂
 ピカピカでした。(^^ゞ


 お隣のヒヨドリバナ畑で見かけたものは、
 
ウラギンシジミ(♂ シジミチョウ科ウラギンシジミ亜科)
ウラギンシジミ ♂
 アサギマダラを探している際、足元に翔んできました。これもピカピカでした。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: 草花  ヒョウモン  タテハチョウ科  シロチョウ科  ウラギンシジミ 

Comment

No:7416|
おかえりなさ〜い♪
…という、アサギマダラのお出迎えはなかったのですね。
明日の雨上がりに訪問してくれるといいですね・・・

ヒャクニチソウで吸蜜している蝶を拝見すると、
やっぱり畑花壇にヒャクニチソウを咲かせばよかったなぁ…って思います。
ここ数年、我が家の庭からヒャクニチソウが消えてしまいました。
(種を蒔くのが億劫になっただけなのですが…)
来年は咲かせよう〜!

この時期にピカピカの蝶に出会うと、嬉しいですよね♪
モンシロチョウがパッと目を引きます。
フジバカマが随分たくさん咲いてるのですね。
切り戻しされたようですから、枝がたくさん出て花が多いのでしょうか。

ウラギンシジミの開翅サービス振りが羨ましいです。
本当にきれいな翅〜♪
右と左の色の違い、これはお日様の光のマジックでしょうか。
No:7417|みさとさん
朝10℃日中20℃割れで曇り空、薄日もろくろく射さないようなお天気だったので、残念ながら本日もアサギマダラには会えませんでしたよ。
明日起きれば雨は上がっているとの予報ですが、日中は曇りのようです。秋晴れが早く戻ってくれないと、アサギ君も諦めて出立しないか心配です。(^^ゞ

ヒャクニチソウのチョウ誘引力は強いし、行儀の悪いのを気にしなければほっといても毎年咲くし、横着者には適した花です。

フジバカマに来たチョウは全て載せようと思っているのですが、モンシロチョウだったので受け狙いです。ただ、ピカピカだったことが救いです。もっといろいろ来てくれると思ったのですが、ヒョウモンも少ないですね。
このフジバカマは下の段のもので、盛りを過ぎた程度、ほとんど倒れずに咲いてくれています。上の段のものはほとんど黒っぽくなっていますが、こちらはかなり倒れていますね。
サワフジバカマは2~3花咲きかけた程度で、まだチョウは見ていません。

ウラギンシジミの左右のオレンジの色は、日当たりの加減です。私は左の色が好きですね。
No:7418|ウラギンシジミ輝く
ピカピカのウラギンシジミ雄綺麗ですね!
私は、昨日埼玉県中部の公園で羽化直後
と思われる雌個体に出逢いました。
No:7419|ヒメオオさん
羽化直後だろうと思われる♂はよく見かけますが、♀ではそんなことがありませんね。やはり羽化前から♂に狙われているのでしょうか。
記事を楽しみに待っていますね。

先は読めませんが、寝相シリーズ第2弾です。^O^

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する