キタテハの寝相(アサギマダラ(2015-02))

 
 朝方は13℃、晴れたり曇ったりで最高気温は24℃でした。



 昨日の午後1時過ぎのことです。キタテハがお隣の元茶畑で挙動不審な翔び方をしていました。
 
キタテハ(秋型? タテハチョウ科タテハチョウ亜科 2015/10/5)
キタテハ 秋型
キタテハ 秋型
 見守っているとチャノキの葉裏にとまり、翅を開閉していたかと思うと逆向きにぶら下がりました。
 翅表は秋型にしては黒味が強い気がしますが、翅裏からは秋型のように思えます。
 
キタテハ 秋型
 レンズを近づけてもピクリともしません。触角が見えませんが、前翅の間に格納しているようです。
 いくら曇り空といっても、おねむはまだ早いのじゃないのとツッコミを入れておきました。(^^ゞ
 夕方もそのままでした。
 
キタテハ 秋型
 これは今朝、目一杯近づいたらビックリ顔でお目覚めになり、翔んで行ってしまいました。そういえば、触角が見えますね。(^^ゞ

 キタテハの越冬シーンは2~3回見かけたことがありますが、やはり逆向きにぶら下がるパターンでした。おねむの延長で、気温が下がればそのまま越冬態勢になだれ込むのかも知れませんね。




 さてアサギマダラですが、裏の畑のフジバカマにはお昼前1頭がタッチしただけで閑散としていました。
 
アサギマダラ #1(♂ タテハチョウ科マダラチョウ亜科)
アサギマダラ ♂
アサギマダラ ♂
 お隣のヒヨドリバナ畑でお昼前に見かけました。本日はこの時だけでした。斑紋の状況から昨日の #1と同一個体のようです。
 18-270mmのレンズだったのですが、この程度にしか近づかせてくれませんでした。




 ほかにもいろいろ見かけました。
 
 
クロヒカゲ(タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)
クロヒカゲ
 朝クロヒカゲが庭を翔んでいて、こぼれ種のアサガオの支柱代わりになっているフラワースタンドにとまりました。
 例年1~2回訪問してくれて玄関付近のモルタルにジッととまっているのですが、この個体は敏感でした。
 
 
ヒメジャノメ #1(♀ タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)
ヒメジャノメ ♀
 朝、裏の畑を翔んでいました。
 後翅中央に性標が見えないので♀のようです。
 ♀を撮影したことがあったかなぁ程度で、これまで撮影したのはほとんどが♂だったように記憶しています。
 
ヒメジャノメ #2(♀)
ヒメジャノメ ♀
 お隣のヒヨドリバナ畑でアサギマダラを撮影中に見かけました。別個体ですがこれも♀でした。(^^ゞ
 
 
ヒメアカタテハ(♀? タテハチョウ科タテハチョウ亜科)
ヒメアカタテハ
 花壇のペンタスで吸蜜中です。
 毛も長くてフサフサで、色褪せや欠けもなく、羽化間もない個体と思われます。
 
 
アカタテハ(タテハチョウ科タテハチョウ亜科 2015/10/3)
アカタテハ
 外壁の明かりを掃除中です。我が家のほこりは余程美味しいのでしょうか。
 色鮮やかで新鮮そうでした。
 
 
ルリタテハ(秋型 タテハチョウ科タテハチョウ亜科 2015/10/4)
ルリタテハ 秋型
ルリタテハ 秋型
 ジャノメ・ポイント付近で見かけました。
 これも新鮮そうでした。


 タテハチョウ亜科をズラズラ並べましたが、キタテハも含めたこれら成虫越冬するチョウは、この時期一斉に羽化するようですね。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: タテハチョウ科  寝相  アサギマダラ  ジャノメチョウ亜科  網戸掃除 

Comment

No:7405|蝶のデパート
沢山の種がやってきますね。
ヒメが付くのと付かないのとか
日かげがどうとかルリタテハが新鮮とか
見つけるのも上手ですが名前が瞬時に出てくるなんて
まだまだ若いですね。
道理で突っ込みが上手だなと今頃感心ています。
No:7407|自然を尋ねる人さん
チョウ専一ですから、知ってるチョウの名前が出てこないようではもう危ないということになるでしょうね。詰まることはありますが・・・(^^ゞ

どの時期にどういう場所にいるか知ってると案外見つけられるものですが、待つ辛抱ができるかどうかが課題ですね。

ツッコミは性分、かなり勇気も必要です。^^;
No:7408|
こんにちは。
数日お留守になるようですが、ご旅行でしょうか?
今の時期は気候も良く、どちらへ出かけられても良い旅になりそうですね。
(お義理でのお出かけでも、道中が楽しめる季節です…)
ご旅行でしたら、旅行記を楽しみにしておりま〜す♪
この数日間、心はアサギマダラに…ってことのないよう、
アサギマダラのことはしばし忘れて、楽しんできてくださいね!

ヒメアカタテハもアカタテハも、すっごくきれいですねぇ〜
わたしも昨日テングチョウに出会ったのですが、きれいな翅色でした・・・
「キタテハも含めたこれら成虫越冬するチョウは、
 この時期一斉に羽化するようですね。」…のお話に、思わず頷いてしまいました。
No:7410|
アサギマダラの飛翔は今日も確認出来ませんでした。
下関のブロ友には「GESAN 10/3 TAF4246」とマーキングされたアサギマダラの映像がありました。
GESANはどうやら下関市の「崋山~ゲザン」だったらしいとのことでした。(撮影が10/5)
2日で遠距離移動かな?と思っていましたが・・・
私も夢のある出会いを待ちますよ。
今年はタテハの仲間もルリとヒメアカタテハでヒョウモン柄もツマグロとメスグロ位しか見てません。
uke-enさんの数61種とは月と鼈の違いですね。
さすがチョウの楽園に間違いありませんよ。
No:7411|更新
3日もこうしんがないと心配になるものです。
私以外でも心配されておられる人がおられる。
人気者とは言わないまでも素晴らしい感性をお持ちと
敬服した次第です。
No:7412|みさとさん
実家に親父の顔を見に行き、それ以外にも義理かな?の用事、高校の頃の友達との旧交を温めるためのもので、観光はゼロでした。
高松の町の変わりようも一応確かめました。

アサギマダラを気にしたからってどうにもならないですが、今日こそはと思ってたら、昨日の夜夢にチョウが出てきました。何のチョウか分からず、しかも大きな花に3組ほど交尾しているわけの分からない夢でした。(^^ゞ
で、本日はアサギマダラに会えませんでした。。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

本日見かけたテングチョウも新鮮そうで、やはり時期なのだろうと思わされました。その一方ヒョウモンで新鮮なものは見当たりませんね。
No:7414|hitori-shizuka さん
ちょっと地元を荒らしてきましたが、帰ってきてもアサギマダラを本日は見かけませんでした。
アサギマダラの移動はまだまだ解明できていませんが、すぐ遠距離に翔び立つばかりでなく、近隣の吸蜜源をこまめに移動することもあるようです。特に山からの場合、麓に立ち寄るのは珍しくなさそうです。

何やかやとおっしゃりながらも、チョウも結構ご覧になられていると思います。一度リストアップされると、なかなかのもんだとなるかも知れませんね。山野草も・・・^O^
No:7415|自然を尋ねる人さん
実家の讃岐に行きましたが、アサギマダラの来訪時期でしたから出にくかったですよ。
その関係もあって、あのお方も気にかけていただいているのだろうと思っています。

更新は8月で11回、9月で13回ですから、まぁ順当なところとは言えないでしょうか。(^^ゞ

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する