猿真似以下

 
 昨日の朝は15℃、今朝は16℃と秋も本格化し、朝夕はめっきり冷え込むようになりました。



 昨日、今日といろいろチョウを見かけました。
 
 
クロアゲハ(♂ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科 2015/9/14)
クロアゲハ ♂
 某所でクリーム色ヒガンバナに黒系アゲハのシーンを拝見したので、真似させていただきました。
 クロアゲハが庭を周回していてこのヒガンバナにタッチしたので、待ち構えていると案の定とまってくれました。花色をそのまま出した上、クロアゲハをクッキリと思ったのですが、私のウデではこの程度です。

 向こうさんはナガサキアゲハでチョウの珍しさでも負けてるなぁと思っていたのですが、本日の記事でクロアゲハとツマグロヒョウモンが追加されていました。それを知ったため、猿真似のタイトルだったのに以下が追加されました。(^^ゞ

 このヒガンバナは、一昨年世間での開花時期に格安だと家内が黄色と白各1球(タグはなかった)を購入し、すぐ花壇に植えつけたのですが昨季は葉ばかり、今季1球のみ咲いてくれました。白花は花茎も見えず、また葉ばかりのようです。
 昨日も家内が安かったからと更に1球(タグはリコリス・アルビフローラ=白花)調達してきました。税込み398円が150円になっていましたが、家内の気持ちを考えると価格の問題じゃないよとは言いかねました。(^^ゞ



 それでは猿真似でないヤツを・・・
 
 
アオスジアゲハ(アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科 2015/9/14)
アオスジアゲハ
アオスジアゲハ
 庭のシソで長い時間吸蜜していました。上側の写真ではヤマトシジミ(多分)も翔んでいます。

 吸蜜中のアゲハの仲間は忙しく翅を開閉しますが、アオスジアゲハも同様でしかも少ししか開きません。開翅姿を撮影するべく、先日のリベンジ兼で飛翔撮影を試みました。
 
アオスジアゲハ
アオスジアゲハ
アオスジアゲハ
アオスジアゲハ
アオスジアゲハ
 見られるものからもう一つまで石石混交です。(^^ゞ
 
本日
アオスジアゲハ
 この写真の主役はフジバカマです。裏の畑のフジバカマの開花が進んできたので、チョウが立ち寄らないかと毎日のように確認しています。
 本日アオスジアゲハが吸蜜していたので、シソのように長くいてくれると思ったのですが、口に合わなかったのかすぐ翔び立ちました。
 
 
チャバネセセリ(セセリチョウ科セセリチョウ亜科 2015/9/14)
チャバネセセリ
チャバネセセリ
 鉢植えの白花ブッドレアで吸蜜中です。これも主役は花です。(^^ゞ
 黒系セセリチョウに目を凝らすのですが、見るもの見るものイチモンジセセリばかりで、ほかのセセリチョウを見かけるのは久しぶりです。
 
 
コチャバネセセリ(セセリチョウ科セセリチョウ亜科)
コチャバネセセリ
 そう言ってたら、本日、東の畑のオミナエシでコチャバネセセリが吸蜜していました。
 全身が黄色の鱗粉まみれで、羽化間もない個体と思われます。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: 草花  アゲハチョウ科  セセリチョウ科 

Comment

No:7330|
おはようございます。
↓記事のアゲハの産卵シーンが綺麗クッキリ撮れてますね。
そーですかー…連写モードで撮影でしたか…勉強になりました。
ホシミスジ、ダイミョウセセリは、過去に撮影した事がありますが
今期は出会えても撮影ができておりません。
何とか、撮影したにのですが・・・。
そして、今回のクロアゲハとアオスジアゲハも綺麗・クッキリ撮影ですね。
こちらも連写モードで撮影でしょうか。
で、ヒガンバナ・・・
赤色ばかりと思ってましたが、クリーム色や白色が有るのですね。
出会ったら蝶寄せに調達、鉢植えで栽培してみたいです。
No:7331|kucchan さん
連写モードはkucchan さんのコンデジにもついてると思いますが、お使いにならなければ宝の持ち腐れですよ。小さいチョウなどは難しいかもしれませんが、アゲハの翅の開閉なんかは十分間に合いますよ。

このヒガンバナは黄色ですよ。白花はどんなのかまだ分かりません。鬼が笑いますが、来季咲いたらまた載せますね。
ただ、アゲハなどは来ますが、花期が短いですからダースで植えないとチョウ寄せにはならないような気がしますね。
No:7332|
こんばんは。
この季節、ヒガンバナにアゲハチョウが似合いますね♪
我が家の赤色ヒガンバナ、ここ数年咲いてはいるのですが、
アゲハチョウが止まっているのは見たことがありません。
今年こそは…と、このようなショットを狙っているので、
もし撮影できた時には、タイトルは『猿真似』で!
ところで『猿真似以下』って言葉、
何も考えずに見てると先に『似以』だけが目に飛び込んできて、
きちんと読んで理解するまでに多少時間がかかりました。わたしだけ?

闇夜の中なのに、クロアゲハの黒い翅がくっきり〜♪
これって撮影角度でしょうか・・・素晴らしいですね!
ヒガンバナの黄色もすっごくきれいだし、雌しべの先端の色まできれいです。

アオスジアゲの一枚目、後ろのちびっこ蝶の飛翔もいいですね♪
飛翔の二枚目が可愛いです! ペットにしたいくらいだわぁ(^-^;

フジバカマ、そちらでもこんなに開花が進んでいるのですか?
一日も早くそちらへ向かうよう、伝えておきますね(^_-)-☆
白花ブッドレアもきれいに咲きましたね。
鉢植えとは思えない程です・・・
お花を主役に抜擢していただいて、ありがとうございます♪
我が家のフジバカマにもセセリがたくさん群がって、
わたしが横を通るとブンブン音を立てて飛び回りますが、
やはりイチモンジセセリばかりです。
No:7333|
最初の写真、赤、白は見たことが有りますが鮮やかな黄色は初めてなので、まず黄色のヒガンバナが目に付きチョウは二の次でしたよ。
近年ヒガンバナの花色も色んなのが出回るようになりましたね。
黒色系のアゲハが撮れない僻みかも。
シソにアオスジアゲハの訪問ですか、我家にもシソがあるので少し期待できるかもしれんせんね。
一昨年までツバキの木を覆うほどヤブガラシが育っていた時はアオスジアゲハがよく見られたのですが・・・
白花ブットレアも綺麗です。
フジバカマやオミナエシ等やはりチョウ寄せの花が必要ですね。
No:7334|花と蝶
猿真似とかおしゃっていますが次世代(何万年先か)猿の惑星が
頑張ってくれて花の世界が来るかもわかりません。
その時の人間は・・・可愛そうになー(猿の惑星より)
ヒガンバナの球根ですがホームセンターでは398円が多いです。
今時は道の駅などで買うと100円程度で並ぶことがあります。

植え時ですが花が終わり葉がでて葉が枯れる、6月以降が最適です。
覚えていたら我が家で肥倍している地元の道の駅で買った球根
を送りたいと思います。
教授料としては安すぎますがお許しを!
No:7335|みさとさん
ヒガンバナにアゲハチョウの仲間は定番ですから、折角咲いてくれた花のお披露目をしたいと考えていました。
この花はヒガンバナ科、亜科、属ではあっても、多分ショウキズイセン(鐘馗水仙)ではないかと思っています。いつの時代かに植えられたはずなのに墓場の花になってしまった彼岸花のイメージが悪かったのか、後々入ってきたため何もかもリコリスとして販売されているためか、バラやランのように整理されずカタカナ表記を含めた和名が混乱しているように思えます。

我が家の赤いヒガンバナはほんの一部咲いているのもありますが、やっと花茎が立ってきた段階です。イノシシなどにかなり掘りあげられあわれな姿です。

>闇夜の中なのに、クロアゲハの黒い翅がくっきり〜♪
そうおっしゃられるとつらいのですが、これは午後1時過ぎの写真です。測光方式が中央重点にしているため、主たる被写体が暗いと周囲が白トビするし、明るいと周囲を暗くカメラが勝手に調整します。今回は花色を基準にしたようですが、どうすればいいのかまだよく理解していない証拠です。^^;

アオスジアゲハの飛翔2枚目の写真は(ピントもバッチリで)私も好きですが、アゲハの仲間はこんな翔び方だったのかな?という印象を受けました。4枚目も似たような写真になっていて、滑空している訳ではないのに、翔び方がちょっと違うと思います。

このフジバカマも、私の知らないうちに、家内が生育途中でCutしたそうです。そうしていなければ、多分もう盛りを過ぎた状態になっているのかもしれません。ですから、アサギマダラ御用達は当地では無理なようです。
ほかのチョウはどうかなと見回り対象にしているのですが、この日見かけたオオウラギンスジヒョウモンはすぐ隣のニラの花で吸蜜していました。(^^ゞ

ブッドレアは4色一式咲いたので、黄色、赤紫以外も載せるチャンスをうかがっていました。青紫はやはり我が家にあるものと同じでした。
No:7336|hitori-shizuka さん
↑にも書きましたが、この花ショウキズイセン(鐘馗水仙)で、いわゆるヒガンバナは赤のみ、白はシロバナマンジュシャゲ、他は交配雑種だろうと思われますが、種の境がどこなのかよく分かりません。
群生もいいですが1球だけでも存在感があるので、アゲハチョウの仲間の訪問を待ちわびていました。

シソでは、アオスジアゲハ以外に今のところヤマトシジミ、ルリシジミ、イチモンジセセリくらいしか見かけていません。こぼれ種であちこちに群生するので、消費は到底追いつきません。

チョウを呼ぶ木や花を植えると、病膏肓で山野草からチョウのブログに変身されないようにお願いしますね。(v^ー゜)
No:7337|自然を尋ねる人さん
私が嘆いているのはヒガンバナの数の少なさではなく、撮影技術の問題です。花は美しいですが、畑に植えるとイノシシなどに掘り返される(食べてはいないようで、ヤマノイモかミミズ探し)し、お気持ちだけありがたく受け取っておきますね。

元園芸ブログですから、植え付けの時期などは承知していますが、お手数でも家内にそのように直接お伝えください。私には家内の気持ちを損ねるなんて(怖ろしくて)できませんよ。(^^ゞ

何かを教授申し上げた記憶はありませんが、もし束脩なら、お元気で一日でも長く活動され、たまにツッコムところも残しておいていただくことですよ。(^-^)v

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する