ヒョウモン覚醒

 
 朝方は21℃、厚い雲が垂れ込め、どんよりした一日で最高気温は24℃どまりでした。時おり小雨がありましたが、雨の量も時間もわずかでした。



 一昨日のことです。
 
 
ミドリヒョウモン(♂ タテハチョウ科ドクチョウ亜科 2015/9/5)
ミドリヒョウモン ♂
 庭のブッドレアで吸蜜中です。
 ピン甘のこれとピン大甘のもう1枚とを総合し、ミドリヒョウモンに決定しました。見え難いですが、後翅裏の白帯3条をそうだと思いながら見ると見えるものですね。(^^ゞ
 
 
オオウラギンスジヒョウモン(♀ タテハチョウ科ドクチョウ亜科 2015/9/5)
オオウラギンスジヒョウモン ♀
オオウラギンスジヒョウモン ♀
 進入路沿いのキバナコスモスとヒャクニチソウで吸蜜中です。
 こちらの識別は楽チンです。


 ヒョウモンの仲間は夏の眠りを終わり、そろそろ増えてくるのでしょうか。団体で訪問いただけるかなど楽しみなことです。
 
 
ヒメアカタテハ(タテハチョウ科タテハチョウ亜科 2015/9/5)
ヒメアカタテハ
ヒメアカタテハ
 東の畑のヒャクニチソウで吸蜜中です。
 ヒメアカタテハを初夏にも見かけるようになりましたが、我が家周辺ではまだまだ秋のチョウです。



 で、本日の黒系アゲハですが、
 
 
モンキアゲハ(♂ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
モンキアゲハ ♂
 庭のロウバイで休憩中です。
 珍しくペタッと平開してくれました。欲を言えば、前翅をもう少し上げてもらったら白斑の全体が見えてよかったのですが。
 右前翅の小さい欠けの場所や尾状突起の様子から、↓の記事(9/4)のモンキアゲハと同一個体と思われます。
 
 
ミヤマカラスアゲハ(♂ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
ミヤマカラスアゲハ ♂
ミヤマカラスアゲハ ♂
 ブッドレアで吸蜜中です。
 鱗粉は割に残っているようですが、右の尾状突起付近が大きく欠けています。
 こちらもペタッの瞬間が何回かあったのですが、上向きなので下に回ろうとすると移動して、モンキアゲハのようにはいきませんでした。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: ヒョウモン  タテハチョウ科  アゲハチョウ科 

Comment

No:7309|蝶ふえています
我が家は今日も雨だった。
台風が静岡西あたりを通りそうです。
今度はそちらも雨でしょう。
雨模様の中蝶が増えてきました。
黄色、シジミ各種、アゲハ、セセリ
その他かなりの種が飛んでいます。
特にヒガンバナの黄色に黒のアゲハは見ごたえがあります。
No:7310|自然を尋ねる人さん
量は今のところ大したことはありませんが、朝から雨でやみ間がありません。

>台風が静岡西あたりを通りそうです。
そのご託宣で間違いありませんね。^O^
NHK大阪は三重に上陸して滋賀に抜けると言ってました。となれば当地は直撃ですから心配していますよ。

ヒオウギにアゲハでは花が隠れてしまうことが多いですね。その点ヒガンバナは迫力があり、色合いもマッチしていていい写真ですね。
No:7311|
こんばんわー
こうも、毎日の雨にはウンザリします。
ですから、我が方では、ここ二日、蝶との
出会いは全然ありません。
しかも、ごく、ありふれた蝶ですが・・・。
そーですかー・・・9/4~5に撮影された物ですね。
最初は、昨日の悪天候下に撮影されたのかと驚きました。
で、今回登場の蝶はヒメアカタテハを除き、私には
憧れの蝶です。
この憧れを実現するためにも、日差しタップリが待ち遠しい
この頃です。

No:7312|
こちらも台風の影響でしょうか日中から降ったり止んだりの繰り返しで、今も時折強い雨音になったりしています。

開翅のオオウラギンスジヒョウモンは欠けもなく綺麗ですね。
今年はヒョウモン柄の蝶はあまり見れてません。
我家近くでこの頃見られるのはキタキチョウ、モンシロチョウとアゲハチョウくらいですよ。
やはりブットレアが必要ですね。
挿したブットレアがほとんど根付き来季は楽しみですが、黒いチョウはモンキアゲハ位で鱗粉の綺麗なチョウは我家付近では無理でしょうね。
No:7313|kucchan さん
下3枚の黒系アゲハは、昨日の撮影ですよ。食欲の秋だからか、やみ間があれば必ずのように黒系アゲハが姿を見せてくれます。
こんな状態は、昨季までは記憶にありませんね。

夏眠明けのヒョウモンはこれから次々に見られるのでしょうけれど、ほとんどが初夏に羽化したものですからピカピカは滅多にいません。何ヒョウモンか識別できないほどヨレヨレのものも珍しくありません。
No:7314|hitori-shizuka さん
今回は雨台風と言われていますが、鉢が倒れると後が手間ですから、風対策も頭に置いて対応しています。
足が速まって明日朝からお昼が本番のようですが、被害のないことを願うばかりです。

一般的には、どのヒョウモンの♀も婚活をしませんから行動距離が短く、比較的にはキレイですが、♂ではヨレヨレも少なくありません。過剰な運動は健康上よくない証拠でしょうか。(^^ゞ

アゲハはミカン科を植えることが特効薬です。どうやって気づいたのと思うような鉢植えでも必ず産卵しているようです。黒系アゲハは大抵♀が美しい(カラスアゲハ系は♂の青も美しいですが)し、開翅してくれることも多いです。
ただし、幼虫を駆除しないと、実は期待できませんよ。^O^
No:7315|
こんにちは。
台風が東海地方へ上陸とのことですが、
uke-enさん地方通過時に大きな影響がないといいですね。
我が地域も、昨日から大雨警報が出ていて強い雨が降りっぱなしですが、
それでも風がないのは有り難いです・・・

この角度でこの映り(あらっ、失礼!)で、
ミドリヒョウモンと同定されるとは、さすがですねぇ~
言われてみれば、たしかに傾斜した後翅裏に白帯3本が見えますよ~!

オオウラギンスジヒョウモン♀とヒメアカタテハ・・・
こちらはそれぞれお手本のような写真ですね♪
種の同定を楽チンにするには、やはりこんな写真を撮りたいものです。

ミヤマカラスアゲハも、このように後裏翅の白い帯が出てくれると、
カラスアゲハとの区別が容易なのですが・・・
…というか、
今季はミヤマカラスアゲハもカラスアゲハもまだ訪問してくれない我が家ですから、
区別が付かなくても、どっちでも羨ましいです〜
No:7316|まだ被害は
台風予測の範囲に入ったようです。
ということは心配です。
お気を付けてください。
No:7317|みさとさん
当地の雨は12時間累計で50mm程度、風はそんなに強くなく、見える範囲では被害らしきものはありません。
ただ、それ以前から雨模様の日続きでしたから、畑や崖などどうなっているか分かりませんが、まだまだ空模様は怪しく、本日の被害調査は見送りです。
そちらは雨が強いようですから、お気をつけくださいね。

初めはオオウラギンスジヒョウモンの♂かと思いましたが、じぃっと見ていると白帯が見えてきました。ですから、ご賛同いただくとホッとしますね。

ヒャクニチソウの場合、蜜の量が多いのか案外長い間同じ花で吸蜜してくれますね。撮影者にやさしい花でしょうか。

よく似ているように見えても、ミヤマカラスアゲハとカラスアゲハは雰囲気が違うような気がします。思いなしかミヤマが繊細に見え、フィールドでも区別できるようになりました。
No:7318|自然を尋ねる人さん
事務局長さんの予報が正確でしたね。
東に振れたといって被害が出ているところもあるのですから、手放しで喜ぶ気にはなれません。
↑の返コメのとおり被害らしきものはないので、ホッとしていますよ。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する