ハラキリ

 
 朝方は23℃、昨日からの雨で締め切ったままだったので寝苦しい夜でした。
 お昼前からまた小雨、一時的には薄日も射しましたが、夜には本降りになりました。最高気温は結局27℃どまりでした。



 懲りもせずアゲハチョウ科の話題です。
 
 
蛹(アゲハチョウ科)
蛹
 8/20に発見以来、ほとんど変化がありません。気づいたことといえば、左脇?の裂け目から黒いものが見えることで、黒系アゲハの蛹との意を強くしました。

 経験則上、アゲハチョウ科は蛹化しておおむね10日前後で羽化するもので、その前日には表面の色が変化すると思っていますが、見つけてから11日目になっても羽化の兆候らしきものが全く見えません。
 
蛹
 しかも、腹側が縦に大きく裂けています。
 まさか、某国副首相の発言で国民の身代わりに切腹した訳ではないでしょうけれど、発見時にこの裂け目があったかどうか気づきませんでした。

 これはもう★になったかとそっと持ち上げてみると、持ちおもりするし、ピクピクと動いたので安心しました。
 
 
ミヤマカラスアゲハ(♂ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科 2015/8/28)
ミヤマカラスアゲハ ♂
ミヤマカラスアゲハ ♂
 ペチュニア・カリブラコアで吸蜜中です。
 庭で撮影させてくれる黒系アゲハはほとんどが♀という印象ですが、♂は婚活に忙しいのでしょうか。
 
 
キアゲハ(♂ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科 2015/8/27)
キアゲハ ♂
キアゲハ ♂
 ペチュニア・カリブラコアで吸蜜中です。フィールドでは新鮮そうに見えましたが、後翅には傷みが見えます。
 
左:キアゲハ・右:アゲハ(♂ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科 2015/8/28)
キアゲハ ♂・アゲハ ♂
 そこに似たチョウが絡みに来たので、見たことのないキアゲハの交尾が見られるかと期待しました。
 よく考えると、キアゲハは♂ですから♀が逆ナンする訳がなく、すぐアゲハの♂と気がつきました。
 アゲハはキアゲハの進路を遮り、翅表を見せつけているので、アゲハの♀と誤認して求愛しているものと思われます。
 
左:キアゲハ・右:アゲハ(2015/8/28)
キアゲハ ♂・アゲハ ♂
 誤認求愛に気づいたアゲハがヒオウギで吸蜜していると、キアゲハが猛然と逆襲しました。余程腹に据えかねたのでしょうか。^O^
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: アゲハチョウ科    草花  誤認求愛 

Comment

No:7279|アゲハの羽化
アゲハの羽化、期待して次のレポートを待ってます。
それにしても、大きな裂け目は気になりますね。
黒系アゲハはほとんどが♀とは、羨ましいです。私の場合圧倒的に♂が多いです。uke-enさんの所は花が豊富だからでしょうね。
No:7280|grassmonblue さん
兆候が見えないのでまだとは思ったのですが、念のためと今朝も早めに起床しました。夕方には幾分黒っぽくなったので、明朝再チャレンジです。無事羽化し、ちゃんとリポートできることが今最大の願いです。

♂も庭の上空を通過するのですが、大抵はとまってくれません。それどころじゃないのでしょうね。
No:7281|
こんばんは。
蛹が裂けているなんてこともあるんですね。ビックリです!
これはかなり気になりますが、
でも、動いているようですから、まずはひと安心ですね。
無事に羽化してくれることを祈りましょう〜♪
明朝が勝負でしょうか・・・寝坊しないでくださいね(^_-)-☆

ミヤマカラスアゲハとキアゲハの飛翔、
それぞれが、ペチュニアの花とすごくマッチしていい感じですね♪
ミヤマカラスアゲハの翅色なんか、開翅で見せる時以上に、
飛翔時のちょこっと見せる翅色がきれいに出ていて、
ちょっと驚きました・・・とっても素敵です。
No:7282|みさとさん
腹部が裂けているのを見て、日数が経過していることもあってこりゃダミだと思いましたよ。背中にも傷があり満身創痍なので、手の中で動いたときはむしろ驚きました。ですが、ホントに大丈夫だろうかという懸念は、どうしても払拭できませんね。

上半分が幾分黒くなったように思えますが、願いと期待がそのように見せてくれているのかもしれません。とにかく明日です。

黒系アゲハは何度撮影しても、難易度が高くなるばかりです。毎回何枚も撮影して一番できのいいものを載せているつもりですが、満足できるものはほぼ皆無です。落ち着きのある秋の三化で何とかしたいですね。
No:7283|やっぱり
記録写真を撮られていますが努力と
忍耐が必要なことが良くわかりました。
ダメと思っても確認が必要ですね。
先日我が家の庭でバタバタしていた蛾
翌日には死ぬと思って見放したものが
3日目の朝の確認では卵?こんなことは
偶然近くで場所で起こった事例で運が良いだけです。
No:7284|
こんばんわー
ハラキリアゲハ蛹・・・
背面からの観察では異常なしですね。
が、三枚目の写真は、拡大表示ではっきり確認できる
腹キリ状態ですね。
これで、触るとピクリとは、蛹の内部はどうなってるのでしょう。
我が家では、アゲハもアカボシゴマダラも羽化まで至りませんでした。
uke-enさんちの腹キリアゲハの羽化の様子をぜひ拝見したいです。
No:7285|
子供の頃、チョウの羽化を確かに見てるんですが漠然と見ていたでしょうね。
背中だったか頭部からだったかな?と思ったりして
しかし、お腹から羽化?は見たことが有りませんね。
無事生まれるといいですね。結果が待遠しいですよ。
ミヤマカラスアゲハの翅色やはり綺麗ですね。
自宅で飛び交う姿が見れるとは羨ましい限りです。
飛んでいるキアゲハとアゲハチョウの違いは私の知識では分かりづらいですが、2頭飛んでいれば違いが一目瞭然ですね。
No:7286|自然を尋ねる人さん
私は人徳と忍耐の塊ですよ。(^^ゞ

人徳はともかく、忍耐力はさっぱりです。待つのが嫌いで、辛抱が効きません。待てばいいシーンに遭遇する可能性があっても、つい決着をつけようとします。
それなら何故羽化のシーンが撮影できるのかというと、執念や怨念の世界ですね。あの人ができたのに何故私がという意地もありそうです。
意地を張ってもどうにもならないのがウデです。^^;

謙遜しておっしゃっていますが、運も実力のうち、宝くじでも買われたらいかがでしょう。
No:7287|kucchan さん
またまた、ハラキリアゲハなんて名前をつけて・・・
今日も空振り、私の忍耐力はどこまで持つでしょうか。^O^

傷は結構深そうに見えますが、その割に暗くて中が窺えないのは、やはり黒系のアゲハなのでしょうか。蛹の殻だけが裂けているのであればそれほど影響がないとしても、乾燥してしまいそうだし、羽化不全が起こりやすくなるかも知れません。

あれ、アカボシも★になりましたか、残念ですね。
No:7288|hitori-shizuka さん
ハラキリアゲハの次は、腹から羽化するってですか。もう。
実は私も、腹から出てくるのじゃとウケ狙いで想像したことはありますよ。
さて、明日はどうだ!となるのでしょうか。気が小さいから、だんだん不安になってきました。

例年、この時期に黒系アゲハをよく見かけてはいたのですが、今季のように毎日しかも複数種が珍しくない状況というのは記憶にありませんね。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する