クロコノマチョウ(越冬蝶(2015-No.10))

 
 朝方は23℃、お昼前には32℃に達したので猛暑日を覚悟しましたが、午後には薄い雲が空を覆い最高気温は33℃どまりでした。だからといって、暑いことに変わりはありません。



 午前中も暑かったのですが、久し振りにパトロールに出てみました。期待のオオヒカゲは見当たりませんでしたが、思いがけない収獲がありました。
 
 
ジャノメチョウ(♂ タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)
ジャノメチョウ ♂
 東の畑のハランの葉上で見かけました。薄暗い場所だったので、内蔵フラッシュを使用しました。
 
ジャノメチョウ ♂
 ジャスミンの仲間のキソケイ(モクセイ科)の幹にとまっています。
 こちらはパトロール帰りで↑とは30分余りの時間差がありますが、これまで我が家周辺ではジャノメチョウは比較希少種でもあり、多分同一個体だろうと思われます。
 
 
ヒメウラナミジャノメ(♀ タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)
ヒメウラナミジャノメ ♀
 ジャノメ・ポイントで見かけました。
 後翅表に眼状紋が8個ある♀の開翅姿は、余り撮影した記憶がありません。
 
 
クロコノマチョウ(夏型 ♂ タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)
クロコノマチョウ 夏型 ♂
クロコノマチョウ 夏型 ♂
 ジャノメ・ポイントから翔び立ち、刈り倒したササの丘に着地しました。超敏感と思っていましたが、こんなに近くまで寄らせてもらったのは初めてです。
 全体が黒くてよく分かりませんが、羽化間もない個体と思われます。
 薄暗い場所から明るい場所の撮影なので、下側は内蔵フラッシュを使用しています。

 クロコノマチョウはジャノメチョウ亜科の中では異質な感じで、翅型は丸みが少なくルリタテハなどタテハチョウ亜科に似ています。複眼も特徴的で、平板なところに半球をくっつけたように見えます。
 眼状紋があるのでジャノメチョウ亜科と言われればそんなものかと思いますが、眼状紋そのものもジャノメチョウ亜科とは趣きが少し違っていますね。

 クロコノマチョウは我が家周辺では希少種で、2011に見かけて以来です。村内の他の地域では見たことがあります。
 季節型は夏型と秋型で、キタキチョウやテングチョウ同様秋型で成虫越冬します。仕分け上越冬蝶に分類していますが、この個体は今季羽化したものです。


[越冬蝶出現(初撮)日一覧表]
 20152014201320122011
 月日 順 月日 順 月日 順 月日 順 月日 順
キタキチョウ 3/17 1 3/17 3 3/7 3 3/29 3 3/31 3
テングチョウ 3/17 1 3/12 1 2/28 1 4/24 7 5/14 7
ウラギンシジミ 3/21 3 3/28 6 8/26 6 6/14 9 6/17 8
キタテハ 3/22 4 3/17 3 3/6 2 3/3 1 2/27 1
アカタテハ 3/22 4 3/12 1 3/9 4 3/7 2 3/19 2
ムラサキシジミ 4/24 6 3/17 3 3/9 4 4/15 5 4/28 4
イシガケチョウ 4/27 7 5/5 8
ヒオドシチョウ 5/30 8 6/4 8 4/17 6
ルリタテハ 6/3 9 5/17 7 10/5 8 4/5 4 5/2 5
クロコノマチョウ 7/11 10 5/2 5
ヒメアカタテハ   6/13 9 8/27 7 9/6 10 9/5 9
ムラサキツバメ   10/7 10
※ 我が家周辺で見かけた成虫で越冬するチョウを、今季の初撮日順で整理して
 います。今季まだ見かけていない場合は原則として昨季の初撮日順です。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: ジャノメチョウ亜科 

Comment

No:7147|クロコノマチョウ夏型は数が少なく感じます
クロコノマチョウは、埼玉県内部でも
ここ数年は大幅に減少しています。
暑いのが苦手で甲信の山地に出かけて
いる為か、夏型は6年近く出逢ってい
ません。
No:7148|
こんばんわー
今日も暑かったですね。
ジャノメチョウ、ヒメウラナミジャノメ、クロコノマチョウ・・・
我が地域では、殆ど見かけることが難しい蝶です。
我が屋から200mくらい離れた場所に、クヌギの木や、ササやぶのある場所があります。
一昨年頃までは探索で出掛けてましたが、昨年より木が伐採されたり、樹液が出なくなり蝶を見かける機会が殆どなく、今では探索に出かけてません。
以前ならば、ジャノメチョウなどが居たと記憶してますが・・・
ここ二年見かける事が無くなりました。
もしかしたら、環境変化で樹液が出てるかもしれないし、再度、出向いてみたくなりました。





No:7150|
こんばんは。
最高気温が33℃ですかぁ~ 今日はもっと暑かったでしょうね。
uke-enさ〜ん、茹だってませんか?
こちらも今日は30℃まで上がって、暑い一日でした。今も暑いですが・・・

uke-enさんのところでは希少種というジャノメチョウ、
我が家ではブッドレア周辺で毎日遊んでますよ〜!
飛んでるときは真っ黒い蝶なので、いつもドキッとさせられてます。

クロコノマチョウはまだ見ぬ蝶・・・
地味な色の中に、小さな目玉模様がオシャレですねぇ〜
ん? ヒメオオさんのコメント(↑)によれば、
「暑いのが苦手で甲信の山地に出かけて いる為か、」
…ということは、
もしかして、我が地域(信です)にも避暑にきてるかも???
たまには、熊除けの鈴をふたつくらい鳴らしながら、
林道方面への散歩も再開してみようかなぁ〜
No:7151|ヒメオオさん
当地は近畿におけるクロコノマチョウの生息範囲の北限に近いので個体数は少ないと思っていますが、それでも唯一見かけた2011年には越冬個体も夏型も新秋型も見ました。
増減などさっぱり分かりませんが、今季は暑くなってもジャノメ・ポイントをうろついていますから、再会はそれが主因ではないかと思っています。

ヒメオオさんは、まぁあれだけよくあちこちを回られるものだと思いますが、とても真似できませんよ。
No:7152|kucchan さん
クロコノマチョウはともかく、ジャノメチョウやヒメウラナミジャノメはご覧になられたハズとそちらで検索をかけてみましたが、ありませんねぇ。ヒメウラナミジャノメなんて、時季になるとベニシジミ並みの数ですから、ないはずがと思いますよ。

樹液の出具合は、年によっていろいろみたいですね。カナブンやコガネムシの集まる場所にはチョウも集まります。スズメバチというはた迷惑な方も・・・
No:7153|みさとさん
>茹だってませんか?
大丈夫で~す。干からびています。何せ体重は40kgちょいですから・・・血圧は上が90を割ることがありますよ。(^^ゞ
今日も最高気温は33℃、午後からは薄い雲が空を覆ったからでしょうか。夕方には雷鳴とともに夕立があり、少し凌ぎやすくなりました。

ジャノメチョウは村内他の場所や近隣市町村ではよく見かけますが、何の加減か我が家では少ないですね。毎日のようにジャノメ・ポイントをうろついていれば、普通種化するかも知れません。

ヒメオオさんの「暑いのが苦手で甲信の山地に出かけている為か」の主語はクロコノマチョウではありません。私はヒメオオさんの行動力もブログの内容も承知していますから、当然のように主語はヒメオオさんと理解しましたが・・・
クロコノマチョウはどちらかと言えば南方系のチョウですが、温暖化で北上しているとの話は聞きませんし、沖縄にはいないようです。初見の際みさとさんの先生筋にあたる方からクロコノマチョウと教えていただいたのですが、そのとき信州にはいないと併せて伺いました。
期待に沿えず申し訳ないですが、クロコノマチョウになり代わってお詫びしますね。^O^

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する