6月の虫たち(捕食・初見編)

 
 朝方は22℃、小雨が降っていました。昼前には上がり午後には陽が射したと思うと、気温はグングン上昇して、真夏日になりました。
 とにかく蒸し暑くて、暑さを忘れていた身にはグッタリです。



 庭では、ウラナミシジミやメスグロヒョウモンの♀、日参しているオオウラギンスジヒョウモンの♂などを見かけました。



 さて、6月の虫たちも今回で終了です。
 
 
シオヤアブ(♂ ムシヒキアブ科 2015/6/2)
シオヤアブ ♂
 裏の畑のシカよけのネットにとまっていました。
 獲物はハナバチかハナアブの仲間のようですが、こんな大物を抱えていながら飛んだので唖然とし、飛翔撮影に思いが至りませんでした。(^^ゞ
 
 
クモvsクモ(2015/6/12)
クモvsクモ
 右:「いつもお世話になりありがとうございます。心ばかりのものですがお納めください。」
 左:「丁寧なごあいさつをいただき恐縮です。遠慮なく頂戴いたします。」
 時期ですからお中元のやり取りかと・・・(^^ゞ

 鉢植えのバラの葉裏で見かけました。ブツはアブのようです。
 
 
カマキリ(幼虫 カマキリ科 2015/6/10)
カマキリ
 ヤマトシジミを狙っているように見えましたが、いくらなんでもその大きさでは・・・
 
 
カトリヤンマ(♂ ヤンマ科 2015/6/10)
カトリヤンマ ♂
 ジャノメ・ポイント付近でカシ類にぶら下がっていました。初見です。
 名前のとおりカを捕食するそうですが、日中は活動しないでこのようにジッとしているだけのようです。ジャノメ・ポイント付近では日中でもブトなどが耳のそばでブンブン、頼みますよ。
 
 
ヒメギス(♀ キリギリス科 2015/6/22)
ヒメギス ♀
 ジャノメ・ポイント付近で見かけました。これも初見です。
 黒い鎧兜で身を固め、大きな刀(産卵管)を振り上げて寄らば切るぞと言っているみたいです。翅が未発達なので、幼虫のようです。


 今季はジャノメ・ポイントの観察に執心していたので、これまで見かけたことのない虫たちも見ることができたようです。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: アブ  捕食  クモ  カマキリ  シジミチョウ科  トンボ  バッタ 

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する