母は来ました

 
 どんよりした20℃の朝、すぐピリピリと雨が降り始めました。お昼前には上がり、最高気温は26℃、午後2時頃に陽も射してきましたが夕方までは持たず、雷はなかったですが夕立風の雨になりました。



 やみ間や雨が上がると、待ちかねていたようにチョウが姿を見せます。
 
 
ヤマトシジミ(シジミチョウ科ヒメシジミ亜科 7:02)
ヤマトシジミ
 庭のフェンネルで雨に打たれていました。前翅を後翅に格納していませんから、これは寝起きのようです。
 二化の時期になってヤマトシジミを庭でもぼつぼつ見かけるようになりました。
 
(2015/7/7 19:27)
ヤマトシジミ
 曇り空のためこの時刻でも真っ暗でした。前翅を格納して熟睡のようですが、脚の置き場は朝と同じです。
 
 
オオウラギンスジヒョウモン(♂ タテハチョウ科ドクチョウ亜科)
オオウラギンスジヒョウモン ♂
 毎日律儀なことです。
 
(♀)
オオウラギンスジヒョウモン ♀
オオウラギンスジヒョウモン ♀
 ブッドレアに吸蜜に来ました。かなり敏感で、回りこんで翅裏を撮影しようとしましたがうまくいきませんでした。
 オオウラギンスジヒョウモンの♀は今季お初です。これで今季、♂♀とも未見のクモガタヒョウモン以外のヒョウモンはセットで見かけたことになります。

 翅表の地色はもっと黄(緑)色味が強かったと思うのですが、♂と変わりません。前翅頂付近の白三角や前翅外縁と後翅後縁の斑紋が青味がかっているので安心しました。(^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: シジミチョウ科  寝相  ヒョウモン 

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する