必殺掃除人(越冬蝶(2015-No.8))

 
 朝方は19℃、最高気温は31℃になり2日連続の真夏日、夜には雨のためか蒸し暑く感じました。
 
 
 
ヒオドシチョウ
 午前10時ちょうど、座敷の網戸に黒い大きなチョウがとまっていました。
 例年この時期に外壁のモルタルを舐めにクロヒカゲが玄関ポーチに来るのですが、今季はジャノメチョウかと思ったのが運のつきでした。
 念の入ったことに、ジャノメ・ポイントでまだ見かけていないのにもう出てきてくれたのとの感想を持ちました。(^^ゞ
 
ヒオドシチョウ(タテハチョウ科タテハチョウ亜科)
ヒオドシチョウ
ヒオドシチョウ
 翅裏を見る限りは、傷みの見当たらない新鮮そうな個体です。

 眼状紋もないのにジャノメチョウと思い込んだまま、一瞬ルリタテハ?と考えた程度で、ヒオドシチョウという選択肢は思い浮かびませんでした。
 かなり長い時間網戸掃除をしていましたが、ヒオドシチョウと思っていれば翅表を確認するため見守ったのにと後悔しきりです。私もジャマと掃除されたみたいです。^^;

 ヒオドシチョウは、下表のとおり2012/4/17が初見でこの時は越冬明け個体のようでしたが、2014/6/4と今回は今季羽化した個体と考えられます。

[越冬蝶出現(初撮)日一覧表]
 20152014201320122011
 月日 順 月日 順 月日 順 月日 順 月日 順
キタキチョウ 3/17 1 3/17 3 3/7 3 3/29 3 3/31 3
テングチョウ 3/17 1 3/12 1 2/28 1 4/24 7 5/14 7
ウラギンシジミ 3/21 3 3/28 6 8/26 6 6/14 9 6/17 8
キタテハ 3/22 4 3/17 3 3/6 2 3/3 1 2/27 1
アカタテハ 3/22 4 3/12 1 3/9 4 3/7 2 3/19 2
ムラサキシジミ 4/24 6 3/17 3 3/9 4 4/15 5 4/28 4
イシガケチョウ 4/27 7 5/5 8
ヒオドシチョウ 5/30 8 6/4 8 4/17 6
ルリタテハ   5/17 7 10/5 8 4/5 4 5/2 5
ヒメアカタテハ   6/13 9 8/27 7 9/6 10 9/5 9
ムラサキツバメ   10/7 10
クロコノマチョウ   5/2 5
※ 我が家周辺で見かけた成虫で越冬するチョウを、今季の初撮日順で整理して
 います。今季まだ見かけていない場合は原則として昨季の初撮日順です。



 ジャノメ・ポイント付近のパトロールです。
 狙いは、アカシジミ以外のゼフやまだ見かけていないジャノメチョウの仲間探しです。
 
ヒカゲチョウ(タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)
ヒカゲチョウ
 ワラビ畑で見かけました。
 傷みも見当たらず新鮮そうな個体です。
 
左:ヒカゲチョウ・右:サトキマダラヒカゲ
ヒカゲチョウ
 樹液酒場付近でヒカゲチョウがサトキマダラヒカゲに追い立てられていました。誤認求愛でなく縄張り争いと思われます。



 ムラシ・ポイントでは、
 
アカシジミ #1(産卵 シジミチョウ科ミドリシジミ亜科 17:42・17:48)
アカシジミ 産卵
アカシジミ 産卵
 低い場所で水平や垂直に回転したりふらついたりしているように見えましたが、高いところに移って産卵行動を繰り返し始めました。
 
アカシジミ #2
アカシジミ
 同時に見かけた別個体です。
 高いところで少し薄暗くなっていたので、翅裏に波模様があるかと期待してしまいました。(^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: タテハチョウ科  網戸掃除  ジャノメチョウ亜科  樹液酒場  ゼフ  産卵 

Comment

No:6980|ヒオドシチョウの新成虫
ヒオドシチョウが綺麗好きとは知りません
でした(笑)。
ヒカゲチョウ裏翅の眼状紋も素敵ですね!
No:6983|
ヒオドシチョウは初めて見る蝶です。
写真を見る限り、翅がグロテスクに見え
何だか、うす気味悪い感じです。
でも、一度は現物を見てみたいですね。
タイトルが「必殺掃除人」とありますが、
掃除した形跡が・・・ウーンンンですね。
No:6984|ヒメオオさん
ヒオドシチョウが綺麗好きということをご存じないとは、ヒメオオさんにしてはご認識不足だと思いますよ。
パートIIを載せますね。^O^
No:6987|
ヒオドシチョウの裏翅がルリタテハに似た色模様をしていること初めて知りましたよ。
私もルリタテハとばかり思っていましたよ。
ヒオドシチョウは2度ほど見ていますが表翅の印象が強く、それにとまれば開翅状態になるのが多いんじゃないんですか?
No:6988|kucchan さん
ヒオドシチョウの裏は(翅表ですけど)花色木綿です。ちょっと感じは違うかな?
本日載せますから、グロテスクかどうかご覧くださいね。

網戸は20年余り張替えもしていませんから、ちょっとやそっとの掃除では、汚れが見えるほどは落ちないですよ。へへ
No:6989|hitori-shizuka さん
秋型のルリタテハとヒオドシチョウの♂の翅裏は、確かに似ていますね。濃い場所と薄い場所のバランスもほとんど違わないので、見比べないと間違えそうですね。
私もルリタテハと思わないでもなかったのですが、クロヒカゲの連想による思い込みが強くて、すぐ消えました。(^^ゞ

開翅姿をよく見かけますが、昨日は開翅の気配もなく、ジャノメチョウの翅表はインパクトが・・・本日の場合も閉翅状態が多く、時おり開閉するケースばかりでした。
No:6995|お久しぶりです
長い間ご無沙汰しております。
やっぱりここで蝶を見ると心がなごみます。
総会資料段取り、環境大臣賞についてのPR
ホタルの飛翔と忙しいのがいいわけです。
No:6997|自然を尋ねる人さん
PCがダウンしていても、ご本尊はご活躍の様子で何よりですね。人のことは言えませんがそれ相応のお歳なのですから、東奔西走も程ほどがよろしいのではないかと心配していますよ。と申しあげたからといって、とどまるような方ではないでしょうけれど・・・^O^

梅雨入りし一時からすると朝夕(夜も)めっきり涼しくなってきましたので、体調管理にはお気をつけくださいね。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する