ゼフ・シーズン(新生蝶(2015-No.30~31))

 
 2日続きの真夏日、最高気温は昨日が31℃、今日は32℃、日中は出るのも億劫になります。


 平地性のゼフが出てるという情報があったので、我が家はどうだろうとムラシ・ポイントを探しました。
 ここは進入路から庭に続く下隣との敷地境界で、カシ類やツバキなどで背の高い生垣状になっています。ムラサキシジミをよく見かけるので、ムラシ・ポイントと呼んでいます。


[本日の看板]
 
アカシジミ
 我が家にもいました。


 朝、南側(下隣の敷地)に回ってみると、まず出会ったのは、
 
ヒメジャノメ(♂ タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)
ヒメジャノメ ♂
 後翅中央付近に性標のナイキマークがあるので♂です。
 こんな写真だけで、すぐ逃げられました。出ているならとジャノメ・ポイントを含めてずい分探したのですが、見つけられませんでした。

 ヒメジャノメは2014/8/31、2013/5/30、2012/6/6、2011/6/6がそれぞれお初で、遅れに遅れた昨季を除くと出現時期はほぼ例年並みです。


 続いて見かけたのは、
 
キンモンガ(アゲハモドキ科)
キンモンガ
 ピカピカです。外縁の緑毛(ガの場合もこう呼ぶのでしょうか?)の白がこんなにクッキリしている個体を見かけた記憶がありません。
 これも今季お初です。


 そうこうしているうちにオレンジ一色(に見えた)のチョウが翔んだので、しまったでした。


 ジャノメ・ポイントでも平地性ゼフを見かけたことがあるので回って見ましたが、そちらでも私が見つけないうちにオレンジ一色(に見えた)のチョウに翔ばれてしまいました。


 それに懲りず、夕方5時を過ぎてからムラシ・ポイントを探してみました。南側では見当たらず気落ちしながら戻ってくると、我が家側(北側)で
 
アカシジミ(シジミチョウ科ミドリシジミ亜科)
アカシジミ
 ササの葉上のこの1枚ですぐ翔ばれました。
 
アカシジミ
 別の樹の枝にぶら下がりました。ピカピカでどこにも傷みが見えません。
 また翔ばれ、これが撮れたからいいやでしたが、羽化間もないためかそう遠くには行きませんでした。
 
アカシジミ
アカシジミ
 また別の樹の葉上です。
 アカシジミは開翅しませんが。翅をすり合わせて向こう向きになったので、前翅表の翅頂付近が黒くなっていてオレンジ一色でないことが分かります。
 
アカシジミ
 今度はワラビの葉上です。隠れたつもりのようです。

 いずれも斜面の上足場が悪いのですが、分け入って接写しても逃げなくなったので、若しかしてと指を出してみました。流石に・・・(^^ゞ

 アカシジミは2014/6/6、2013/6/4、2012/6/18(初見)がそれぞれお初で、出現時期は少し早いもののほぼ例年並みです。


 これだけガサガサやっていても、ムラシ・ポイントと言いながらムラサキシジミを1頭も見かけませんでした。例年産卵シーンを含め何度も見かけているのに、気にかかります。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: ゼフ  ジャノメチョウ亜科   

Comment

No:6964|
本当にピカピカの新生アカシジミ綺麗ですね。
今年は我家付近で見れるのはヤマトシジミ、アゲハ、コミスジ位で例年に比べ見れる機会が少ないです。
やはり、チョウの好きな花木が必要なんでしょうね。

アゲハいろいろのナガサキアゲハも綺麗に撮れてますね。
こちらでは、まだナガサキアゲハやカラスアゲハまだ出会えていませんよ。
No:6965|
こんにちわー
一昨日より暑い日が続きますね。
今回掲載の蝶は、今季、未だ遭遇しておりません。
特に、アカシジミ、キンモンガは初見です。
この様な蝶や蛾が居るとは驚きました。
我が地域にも居るかもと、今後、注意しながら
観察をしますよ。
No:6966|
我が家の敷地でアカシジミが見られるとはすごいですね。幾ら平地性と言ったってゼフィルスですからね。当方は一番近くても車で一時間はかかります。う~む、羨ましい。。
No:6967|hitori-shizuka さん
我が家周辺では、今季ヤマトシジミが驚くほど少なく、どうなっているのかと思います。
新生蝶の種数は順調に増えていますが、量はデータを持っていませんから他のチョウはどうか確かなことは言えません。

庭でペンタスやバーベナを咲かせているのに、アゲハの仲間はさっぱり寄りつきません。ワラビ畑のアザミが残っているからだけではないような気がします。
No:6968|kucchan さん
時期外れにこれだけ暑いと花もビックリしているのでしょうね。水やり、花がら摘みなどに追われていると拝察していますよ。

アカシジミはともかく、キンモンガは昼間見慣れたガですからkucchan さんちにも立ち寄っていいような気がします。遠くまで翔ぶのかどうかは知りません。
No:6969|clossiana さん
生来の出不精で、一生涯ゼフには会えないと思っていましたが、我が家周辺(200m四方?程度)で3種も見られるとは予期していませんでした。
こうなると、目指せ!平地性ゼフ6種コンプでしょうか。(^^ゞ

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する