欲目(新生蝶(2015-No.23))

 
 朝方は12℃、お昼前には26℃になったので真夏日になるかと思いましたが、午後2時を過ぎてパラパラ雨になり、見る見る気温が低下しました。


 今日の花です。
 
ベルフラワー(オトメギキョウ キキョウ科)
ベルフラワー
 お店で売られているようには一斉に咲きませんが、毎年よく花をつけてくれます。
 載せた理由は鉢底にあります。根詰まりの証拠ですが、昨季このようになっても咲かなかったので植え替えしないで今季です。
 下にも咲いたら大いばりで載せようと思っていたのですが、残念ながら花芽はありません。(^^ゞ

 なお、今日の花はシリーズ物じゃありませんよ。^O^



 閑話?休題、黒系のアゲハ探しの本日の成果です。
 
モンキアゲハ(♂ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
モンキアゲハ ♂
モンキアゲハ ♂
 ワラビ畑を黒いアゲハが通り過ぎ、待っていると点在しているアザミに吸蜜に来ました。
 翔んでいても白斑が目につき、モンキアゲハだと分かりました。

 モンキアゲハは2014/6/3、2013/5/21、2012/5/27、2011/5/26がそれぞれお初で、撮影はできませんでしたが5/10にも見かけていますから、今季は例年より歴然と早くなっています。
 4月中旬まではチョウの出現が少なかったのですが、その後の気温急上昇で南方系のモンキチョウの出現も早まったのでしょうか。
 
 
ツマグロヒョウモン(♂ タテハチョウ科ドクチョウ亜科)
ツマグロヒョウモン ♂
ツマグロヒョウモン ♂
 裏の畑から東の畑を翔んでいて、翅表が暗めで翅裏に銀白色の斑紋が見えた(ような気がした)ので、これはウラギンヒョウモンに違いないと追いかけました。
 やっととまったら、翅裏の翅頂が赤かったのでガッカリしました。(^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: 草花  アゲハチョウ科  ヒョウモン 

Comment

No:6934|
おはようございます。
ベルフラワー・・・
いやー…花だけとは・・・
最初は、この鉢花の下側に何かあるのではと思いましたが、
ブーでしたね。
鉢底から発芽ですか・・・。
鉢底から出た芽に花が咲けば、確かに珍しいですね。
家も、ルリマツリモゴキが同様な状態なので、管理場所を
変えて観察しますよ。
そして、モンキアゲハ・・・
そーです…この方が、やたらと我が屋頭上を通過します(アオスジアゲハも)。
が、下車してくれず…と、情けない状態です。




No:6935|kucchan さん
根詰まりにも楽しみがありますね。今季は咲いてほしいと思ったのですが、水が潤沢過ぎる上、どうしても日照が悪くなりますから、カイワレ状態です。

アゲハの仲間も時期が来るととまるようになるのですが、この時期は♀探しに忙しいのかなかなかとまってくれません。それでもヒョイと降りることがあるので、逃さないことが重要です。
No:6936|ごぶさたしています
ほとんど休眠中の当方ブログ。
こりずに見ていただいており、ありがたいことでございます。
モンキアゲハ、良いですねえ。
マイフィールドでは、なぜかこのアゲハは極めて少なくぽっかり穴があいているようです。実はMFではみたことがありません。ナガサキなどは猛威をふるっているのにです。
大振りのブラックに白黄の紋はたまりませんねえ。
さて4月までの天候不順からこのところ発生が早くなっているとのこと。当地も4月上旬には雪までみられたのが、ここにきて台風やら夏の暑さです。
ひさしぶりにチョウ撮してみましたので今日明日にアップします。
No:6937|
ベルフラワーは多年草だったんですね。
このように薄水色の可憐な花が鉢一杯に咲けば見ごたえありますね。
根が一杯の状態なのに沢山の花を咲かせるとは肥料管理が良かったんでしょう。(奥様の力?それともuke-enさん)
鉢下から花ですか。思っても見なかったですが、もしかして咲かせるのを目ろんでますか。(^^)
久しぶりに身近な屋島周辺を散策しましたがチョウはサトキマダラヒカゲやジャノメチョウぐらいで黒いアゲハは顔を見せてくれませんでしたよ。
花にはやはりチョウがお似合いですね。特にアザミの花には大型のチョウは似合いますね。
No:6938|grassmonblue さん
モンシロチョウ初見日調査の頃は結構頻繁に除かせていただいていますが、それ以外の時期は波長が合うのか(合って欲しくないでしょうが・・・)たまたまというのが正直なところでしょうか。
一週間に十日とは言いませんが、早く元の状態に復されるよう勝手に願うばかりです。

我が家周辺で見かける黒系のアゲハの見られる順は、クロアゲハ>ミヤマカラスアゲハ=モンキアゲハ>カラスアゲハ>アオスジアゲハ=ナガサキアゲハ>先日初見のジャコウアゲハで、モンキアゲハは比較的見慣れた部類に入り、反対にナガサキアゲハは多くて年に2~3回しか見かけません。
いずれにしても、黒地に白や黄、青の斑紋は美しいものだと思います。
No:6939|hitori-shizuka さん
葉も花もひ弱そうなのに、ベルフラワーは案外強かです。
これまでは寒さが厳しくなると屋内に取り込んでいたのですが、今冬~春は軒下に出し放しでした。問題は晩霜で、芽出し以降霜が予想される場合は取り込みますが、今季は雨模様の日ばかりでほとんど晩霜らしきものがありませんでした。

あのぉ、誤解があるようですから改めて強調しておきますが、鉢花やチョウ関係の花木は私が入念?に管理していますよ。
No:6940|やっぱり先生
蝶に関していろいろご指導を戴いていますが
沢山の蝶を見つけ記録されて素晴らしいです。
今時期遅霜の心配があるようですがもしい霜が降ったら
身ぶるいしてしまいます。
No:6941|自然を尋ねる人さん
先生と言われるほどの・・・馬鹿なのでしょうね。^O^
チョウの育て方といっても、卵は眼が悪くてほとんど見つけられないし、幼虫は区別がつきません。庭に呼ぶ方法といっても、いわゆる雑草では嫌がられるし、大樹では困ります。
コンサル業を開業するのは難しそうです。そもそも需要が・・・(^^ゞ

記憶にある降霜による茶の大被害は4/29、みどりの日が茶色の日になりました。中被害では5/19というものがあります。
花の栽培でも特に新芽は弱いので注意が必要です。
No:6942|モンキアゲハ豪華
モンキアゲハは大柄で豪華なチョウ
ですね!昨日、愛知県ミカドアゲハ
訪問時にフレンドリーな個体と遊ん
でもらいました。
No:6943|ヒメオオさん
そのフレンドリーなモンキアゲハにミ、カドアゲハを連れて京都府南山城村を訪れるようお伝えいただけませんか。もし見かけたら、東を向いて最敬礼させていただきますが・・・
本日、また黒系アゲハを見かけたので、後ほど。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する