また表かぁ(新生蝶(2015-No.12~13))

 
 午前3時前後に5℃と冷え込んだようですが、朝方は7℃まで回復し、霜注意報は出ていたものの霜は見られませんでした。
 日中は25℃を超える夏日となり、日向では暑くてたまりませんでした。あれだけ雨模様の日が続いたのに、そろそろ降ってもらってもいいのじゃと勝手なことを思っています。


 こういう日になるとパトロールにも熱が入るのですが、本日は庭でイベントが多く、とりあえず新生蝶分を先に載せますね。
 
 
ヤマトシジミ(♂ シジミチョウ科ヒメシジミ亜科)
ヤマトシジミ ♂
 裏の畑で、追いかけても追いかけても遠くでしか撮影させてもらえませんでした。
 食草のカタバミで吸蜜中です。
 
(♀?)
ヤマトシジミ ♀
 これも裏の畑のカラスノエンドウで吸蜜中です。
 翅裏の色合いや少しのぞいた翅表から♀と思われます。

 何度か見回ってもヤマトシジミはこの2頭しか見かけなかったので、羽化はまだ初期段階のようです。例年からすると、ヤマトシジミの出現時期は2週間余り遅れています。低温と雨の影響でしょうか。
 
 
コチャバネセセリ(♂ セセリチョウ科セセリチョウ亜科)
コチャバネセセリ ♂
コチャバネセセリ ♂
 薹立ちも散りかけている鉢植えのハボタンで吸蜜中です。風が強く、コチャバネセセリも動き回るので、撮影は難しかったですね。

 例年からは一番早い初セセリです。どういうことでしょうね。


[新生蝶初見(初撮)日一覧表]
 20152014201320122011
月日 順月日 順月日 順月日 順月日 順
モンシロチョウ 3/20 3/16 3/16 3/27 3/17
ルリシジミ 3/20 3/28 3/17 3/31 3/28
コツバメ 3/22 4/3 3/19 4/13
トラフシジミ 4/12 4/14 11 4/16 12 4/15 4/21 11
ベニシジミ 4/15 3/25 3/16 4/8 3/26
アゲハ 4/16 3/29 3/30 4/17 4/10
ツマキチョウ 4/17 4/10 4/2 4/27 11 5/2 12
ツバメシジミ 4/24 4/12 10 4/1 4/17 4/5
ヒメウラナミジャ
ノメ
 4/24 4/26 12 4/15 10 4/27 11 4/18 10
モンキチョウ 4/24 3/28 3/25 4/14 4/12
スジグロシロチョ
 4/25 11 4/27 13 4/15 10 4/12 4/5
ヤマトシジミ 4/26 12 4/9 4/10 4/15 4/7
コチャバネセセリ 4/26 12 4/27 13 6/27 16 5/5 14 5/8 14
ミヤマセセリ   3/31 5/8 13 5/5 14 5/7 13
クロアゲハ   5/6 14 5/13 14 5/7 16 4/16
ツマグロヒョウモ
   5/11 15 5/13 14 4/29 13 5/9 15
※ 我が家周辺で各季の4月末までに見かけた新生蝶を、今季の初見日順で整理
 しています。今季まだ見かけていない場合は昨季の初見日順です。
  ただし、初見が5月の場合、この16種内での相対的順位を表示している場合
 があります。
 
 
ツマキチョウ(♂ シロチョウ科シロチョウ亜科)
ツマキチョウ ♂
ツマキチョウ ♂
 東の畑の盛りを過ぎたアジュガで吸蜜中です。
 全開翅はしてくれませんでしたが、やっとツマキチョウ♂のまともな写真になりました。


 4月下旬に駆け込みで新生蝶の種類が増えてきましたが、そろそろ表にも飽きてきました。(^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: シジミチョウ科  セセリチョウ科  シロチョウ科 

Comment

No:6884|
新生蝶は一気に増えましたね。
ヤマトシジミこちらは17日初見でここ数日はよく見かけるようになりました。
しかし、セセリチョウの姿はまだ見かけませんよ。

ここ数回の週末は簡易盆栽棚や遮光ネット棚の設置等で終わってしまい野山に出かける数が少なく、ツマキチョウにはまだ出会えてません。
No:6885|hitori-shizuka さん
新生蝶は13種になったので、4月としては例年とそれ相応に追いついたようです。
ただ、ベニシジミやヒメウラナミジャノメを除いては、頭数が少ないように感じます。例年だと、裏の畑を歩くとヤマトシジミがうるさいくらいでしたよ。
ツマキチョウは例年になくよく見かけます。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する